× Q 翻訳類語辞典

さえ  

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば その実 そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに ちゃんと つい というより とにかく とりたてて どうして どうも どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうに ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まったく まで まるで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 現に 言っときますけどね 事実上 実に 実のところ 実をいうと 実際に 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まあ まず まずたいていは まもなく まるで〜よろしくといった めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら よく よっぽど 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 本当に 滅多に

as の訳語→ 〜ところで うちに ころになって ざま し、〜する しかたに似ている したちょうどそのとき したところ した瞬間 して している前で するあいだ するうち するうちに するたびに するなかを するなり するにつれ するほど する間に する直前 だが という理由で とともに と同時に ながら ながらの にさも似たりだ に似た に劣らず のころ のなか の頃 を勤めながら 然として 通り 流に 流に〜すれば せいで えてして おいて おなじだ おなじように かけ かぶって からね こう こと ころ ざまに しな そのあいだに そのあと その拍子に そばから そんなところへ たびに だと言う つれて でもあるかのように といった名で ときに として としての立場から言えば とたん とまあ、見てのとおり と言って どおり どおりだったから なんて にも のに はずみに ひけをとらぬ まさしく〜ごとく まさに また まま ように らしい 何分にも 具合に 従えば 瞬間 折しも 前で 態度で 代わりとして 直後に 途中 同じ 如く 拍子に 標榜する 負けず劣らず 並み 並みの 変わらない 例にもれず

even の訳語→ 〜したところで しても しても、まだ だって だに でも といえども とまで と申しても言い過ぎではあるまい ながらも にいたるまで にしてすでに にしても の癖に もある をもってしても 自体 あげくに あまつさえ ありながら いえども いかなる いかに〜といえども いくら いくら〜でも いっそう いや いやそれどころか いよいよ うえに うわずらせぬ おあいこ おまけに かりに きちんと くせに こうなると こともあろうに さしもの さすがに さすがの さすがの〜も さほど さらに さらには しまいに すでに せっかくの それでなくても それに そろった たとい たとえ たとえ〜にでも たりとも だいいち だけ ですら というより〜といってもいい といったものすら どうかすると なお にいたっては にもかかわらず のっぺりとした のみならず はたまた はては まだ までが までは もちろん もって もっと もまた よしんば バランスよく 一つに 引き分け 実は 第一 通り越して 釣り合いをとる 平静な 輪をかけた 冷静な

help の訳語→ 〜してやる に一役買う の推進力になる 世話をやく お力になる こづかれる ご助勢 している してやる すこしはマシな気分になる たし たすけぶね なにかと助け舟を出す のおかげだ ほうっておく みる 一緒に〜する 一役かう 援護する 援助 応援 応援する 加勢をする 介抱する 解決 楽にさせてあげる 気持を和らげる 気分も頭もよくなる 救い 救いになる 救いの手をさしのべる 救いの手を差し伸べる 救ってやる 救われる 救援 協力 協力する 恵む 後ろ楯 効き目がある 口きき 好都合だ 考え 持って行く 耳よりな話を聞く 手がかりになる 手をお貸しする 手をかしてやる 手をかす 手を貸す 手引きをする 手助け 手伝う 手伝わせる 手分けして 助け 助けになる 助ける 助手 助力 助力を受ける 進んで面倒を見る 人助け 尽力 世話 世話になる 相手をする 相談ごと 足しになる 大丈夫だ 都合する 馬鹿にならない 片棒をかつぐ 役に立つ 役目 役立つ 用をなさない 力になる 力を貸す 励ます

indeed の訳語→ 〜と云えるほどである なもんか! ありていにいって いかにも いな いやはや いやむしろ こそ ことに これこそ これはこれは じっさい じっさいに じつの話 すっかり そうか そうだ そうなったらそうなったで その言葉どおり そりゃそうだ それこそ できるとも とりあえず どうか どうせ どころか なにはあれ のだ ばかに ひいては まぎれもない まさしく まさしくそのとおり まったくのところ まったくもって もう ものだ やっぱり れっきとした 案の定 果たせるかな 覚悟 更にまた 思ったとおり 事実 甚だ 早い話が 打ち明けた話 兎も角 如何にも

only の訳語→ 〜ぐらいなもの しかない ですむことである にすぎない の域を脱していない をどうにもできない 以外立入禁止 あくまでも あとはただ〜 いつも決まって かえって〜する かぎる かりにも きり こそなれ さもなければ〜もせぬ しょせん じゃなきゃあ すくなくとも せめて そこそこしか たかが たたでさえ ただ〜である ただし ただの〜 ただもう たった だけだ だけは ちょっと〜しただけ でしかない でならない とどめる なにぶんの には のみ はじめて はじめての はやい ばかり ひとえに ひとつしか ほかない ほかに〜はない まぎれもなく まだほんの まだやっと まったくの までだ むろん もとより ものの やっと ようやく ろくに わずか 一心で 何でもない 何とか 何のことはない 限らず 弱冠 初めて 辛うじて 専用 他にはない 当然 畢竟 変りはない 無二の 目標を限り 唯一 唯一の ...

そのほかの「さえ」で始まる語句・表現

さえぎる さえすれば さえずり さえずりはじめる さえずり声 さえずる さえない さえないやつ さえない気持ちで さえわたる


ツイート