× Q 翻訳訳語辞典
unpleasant   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いとわしい
   
unpleasant competition arises: いとわしい競争がはじまる 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 16
どす黒く
   
the water, unpleasant and tainted, make sb cough: 水はどす黒く濁っていて、嘔吐を催させる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 6
やっかいな
   
unpleasant political commitment: やっかいな政治運動 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 125

ザラザラした
   
say sb’s unpleasant voice: (人の)ザラザラした声が聞こえる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 291

厭味なほど
   
with unpleasant haste: 厭味なほどすばやく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 82
横柄な
   
unpleasant policemen: 横柄な巡査たち アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 311
気持ち悪い
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 42
苦い
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 133
苦しい
   
find half unpleasant and half unreal: 半ば苦しく半ば夢見ごこちだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 202
険悪な
   
other unpleasant words are exchanged: 険悪なやりとりがつづく メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 298
become rather unpleasant: どちらかというと険悪なものになる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 234
荒れて
   
come back wearing an exceptionally unpleasant mood: これまでになく荒れて帰宅する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144
耳ざわりな
   
one’s mutt bellows hysterically in its high, unpleasant voice: 犬は、甲高い、耳ざわりな声で吠える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
邪慳な
   
with an unpleasant thud: 邪慳な音で 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
手厳しい
   
These investigations of brokerage houses are sometimes most unpleasant: 証券会社や商品取引会社に対する捜査は、時として最高に手厳しいものになる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 125
不快な
   
put this whole unpleasant business behind sb: この一連の不快な出来事を過去のものとする バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 231
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
不快な感覚
   
find sth vaguely unpleasant: なんとなく不快な感覚をおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
不機嫌に
   
lapse into an unpleasant silence: 不機嫌に黙りこむ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 60
不愉快きわまる
   
unpleasant surprise: 不愉快きわまるおどろき スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

some particularly unpleasant bacteria culture: おぞましいバクテリア培養基
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 47
nothing else too unpleasant can happen: どうしようもなく不愉快なできごとはもう打ち止めだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
never leave an unpleasant aftertaste: 後味の悪いことが無い
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 65
leave no unpleasant emotional aftermath: あとに感情的なしこりを残さない
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 62
leave a unpleasant taste in one’s mouth: 居心地がわるい
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 194
it is one of the more unpleasant aspect of ... that ...: 〜のわるい癖は〜だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 165
have a rather unpleasant ring in one’s ears: (人の)耳にあまり快くは響かない
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 4
don’t find ... unpleasant: 〜もそれほど嫌なことではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 58
become extremely unpleasant for sb: 〜が厭になる
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 25
an omen of something unpleasant: 悪いことの起る前兆
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 311
an awkward unpleasant silence: 気まずい沈黙
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 65
back down from unpleasant confrontations: つらい話し合いから逃げ出す
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 11
be unpleasant in a completely different way: 同じく不愉快なことだが、その意味するところは大きく違っている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 157
sb’s lips curve in an unpleasant simile: (人の)唇に不気味な薄笑いが浮かぶ
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 128
an unpleasant echo: 不快な余韻
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 15
sb’s lips curve in an unpleasant smile: (人の)唇に不気味な薄笑いが浮かぶ
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 128
be most unpleasant: なんともいやなものだ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 32
an unpleasant even nerve-racking task: 神経を使う厭な任務
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 319
a very unpleasant experience: さぞやいやな経験
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 158
ツイート