× Q 翻訳訳語辞典
boss   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いいなりにさせる
   
let sb boss one around: (人の)いいなりになる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 22
お偉方
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 276
ご主人様
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203

後見人
   
How could I have any common ground with Ollie North's boss: イラン・コントラ事件の立役者、オリヴァー・ノース中佐の後見人と、どうして私が考えを同じくしなくてはならないだろうか? ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
指図
   
boss people around: 他人に指図する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 109
社長
   
with the boss and five employees: 社長以下五人 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 162
上司
   
spite one’s boss: 上司への恨みを晴らす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 186
one’s immediate boss: (人の)上司 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 157
親分
   
tend to be the boss of ...: 親分株だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 43
先生
   
the Boss: 先生 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 107
大将
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 87
第一級の
   
a boss dare: 第一級の冒険への挑戦 キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 149
頭株
   
<例文なし> フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 82

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

boss everyone else: 先頭に立つ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 137
sb is a notorious underworld boss: (人の)名は暗黒街に鳴りひびいている
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 15
making oneself out of the boss of the whole place: まるっきりわがもの顔だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 23
be one of one’s bosses: (人の)上席にいる者だ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 351
be one’s own boss: 一本立ちする
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 41
admire one’s boss: 上司に敬意を払っている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 160
will do anything to please the boss: その上役のためには犬馬の労をつくそうと思う
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 179
My boss's approval insulated me from the rest of the world: 部長のお墨付きをもらったからには、もはや怖いものなしである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 95
Hi, boss how's it going?: あ、ボス。どうでした?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
be more or less the boss: 事実上ボスと言われる地位についている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 36
His immediate boss was delighted with Marvin's performance: 上司はアーヴィンの仕事ぶりを喜んだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 157
While the boss cooled off, I took the printout to study: 部長の気持ちが落ち着くのを待つあいだ、私はプリントアウトを子細にあらためた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 100
Only the Boss had a virtually instinctual understanding of it: 先生だけが、いわば本能的にそれを理解されていた
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 189
ツイート