× Q  ?  翻訳訳語辞典
misery

主要訳語: 苦しみ(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
みじめ
   
a letter of appalling misery: みじめこの上ない手紙 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 229
みじめな
   
feel a deep, sick misery: 根深く、癒やしがたいみじめな気持だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 333
わびしさ
   
an unbearably intense foretaste of misery crowded in on sb at that moment: わびしさが猛然と身のまわりに押し寄せて来る気配に堪えかねる 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 137

悪徳
   
a hidden misery: 隠された悪徳 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
寒々しさ
   
There was misery in it,not excitement: そこには高揚感のかけらもない、あるのはただ寒々しさだけだった べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 25
窮境
   
misery of sb: (人の)窮境 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
苦しみ
   
writhe in misery: 苦しみに悶える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
in one’s great misery: これほどの苦しみのさなかで トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 23
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
惨めさ
   
merely give emphasis to one’s misery: 惨めさをつのらせるばかりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 137
惨めな思い
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 177
惨状
   
temporary misery: 急性の惨状 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 230
奈落の底
   
one’s soul plummets toward misery: 心は奈落の底に落ちこんでいく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 93
不幸と悲しみ
   
assuage one’s misery: (人の)不幸と悲しみを軽減する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
憂き目
   
go through all this misery: 憂き目を見る 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 86
侘びしさ
   
what extreme misery is involved in being alive: 生きている事の侘びしさの極限 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 146

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s misery: 惨めな思い レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 165
cause misery: 意地悪 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 279
all sb’s misery: 哀しみのたけ クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 276
cause sb endless misery: (人を)徒に途方に暮れさせる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 336
as though he alone bears all the pain and misery in the world: この世の虐待を一身に背負ったような 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 81
not to rake up that misery again: いまさらあの不幸な事件をあばきたてない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 109
the anxious misery on one’s face: 不安そうな(人の)惨めな顔 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 321
He found out of his misery a wonderful articulateness: 彼は惨めな思いのなかから見事に明晰な表現法を見出した レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 165
billions of people have escaped misery: 数十億人が貧困から抜け出し ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 2
In his great misery Peter broke forth with a brief childish smile: これほどの苦しみのさなかで、ピーターは子供っぽい微笑をさっとうかべると、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 23
hunched in one’s misery: しょんぼりとうなだれる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 607
misery-filled land: 苦難にみちた大地 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 264
prate to juries about the misery of the widows and orphans: 陪審員に向かって未亡人や遺児の窮境を述べたてて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
in a kind of stunned misery: 呆けたような惨めさを味わいながら レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 20
ツイート