× Q 翻訳類語辞典

絶対に  

すっかり ばっちり まったく まるきり まるっきり まる切し まる切り 丸きし 丸っきり 丸っ切り 丸で 丸切 丸切し 丸切り 全く 全然 完全 断じて 断然 皆目 神掛けて 誓って

もろ手を挙げて 無条件で 諸手をあげて 諸手を挙げて

本当に

absolutely の訳語→ 〜そのもの にちがいない いつも おそろしく おっしゃるとおりです きっぱり きわめて このうえない このうえなく さぞかし したきり じっと じつに たっぷり ちゃんと とにかく とにかくまったく どうしたって どうしても どうしようもなく どうにも どこまでも どのみち ならない ひっそりと ひとえに ほとほと ほんとうに ほんとに ぽかんとした まぎれもなく まさしく まちがいなく まったくの まったくもう本当に まるで もちろんです ゆえん わかった。かならず 圧倒的な 圧倒的に 一つ残らず 一切 何の〜 何一つ 完全に 極度に 決して 固く 充分 少しも 正真正銘の 生粋の 絶対に金輪際 全幅の 大抵は 徹頭徹尾 到底 百パーセント 文句のつけようがないほど 文句のつけようのない

absolute の訳語→ あくまでも いっさい それはもう なんといっても まぎれもない まごうかたない 完璧な 頑として 極度の 最低の 深い 真骨頂 絶対 絶対の 単純な 徹している 頭から 不動の 文句なしに 文句なしの

always の訳語→ 〜が多い しては〜する するものだ ものだ いくらでも いっときも〜ない いつだって いつの時代も いつまでたっても いつもどおり いつもの いつものことながら いままで おおかたの場合 かねがね かねてから かねてより きっと きまって このあいだから これまでの通例 しじゅう しようものならたちまち ずっと ずっと前から そのたびに たいていなんでも たびたび だれにとっても つい つねに どこへ行っても どんなときでも どんな場合にも なんぴとたりとも ふだんは また もちろん よく 何かと言うと 何時もの 暇さえあれば 確かに 確実に 慣れた 間違いなく 閑さえあると 決って 決まって 見るたびに 口ぐせのように 口癖のように 最初から 残されて 四六時中 始終 時を追って 実に 実によく〜する 終始 常々 常である 常に 常日頃 寝る間も惜しんで 甚だ 世の常として 昔から 昔から〜と言われている 絶えず 絶えない 前々から 前から 相変らず 多い 日ごろ 年じゅう 肌身離さず 必ず 必ずしも 不変の 普段から 平生から 変りなく 忘れずに〜する 毎度 毎度のこと 例外なく 連続だ ...

complete の訳語→ 〜し切る あまりの あらゆる おえる おく きわまる さらに完璧にする すむ そなえた できあがる ならびない なんの ぱったりと まみれる やりとげる 一から十まで 一通り〜をしてしまう 完投する 含めた 隙間のない 見事に 済ませる 手をつくす 終了する 書き上げる 真の 世にも 片付ける 明らかになった

ever の訳語→ 〜したおぼえは? したためしがあるか あとにも先にも いずれ いちどでも いつになく いよいよ かりそめにも ぜんぜん ついぞ ますます 暇なく 後にも先にも 根っからの 史上 生まれてこのかた 相変わらず 底抜けに

never の訳語→ 〜したこともない したためしがない したためしはない ない主義でして はたえてない いかなるときも いくら〜しても いささかも〜ない いちども いっかな いっこうに いっさい〜しない いつでも いつの場合も いつまでたっても〜ない いなかった いまだに いまのいままで かいもく かつて〜ない きざしもない しまい じまい ぜったい そよとも それきり〜しない それぎり ただのいちどもない ためしがない ちっとも ちっともない ついぞ〜ない ついに ついに〜しなかった ついに一度も〜しない つゆ〜ない とうてい とうてい〜しきれない とうてい〜ない とうとう とても とてもとても どうしても〜しない どうしても〜できない どうしても〜ない ない なかった なかなか〜ない なれない のぼらない ひとことも ひとつも〜しない まず〜しない ません まったく考えられない まるで〜ない めっそうな もともと〜でない ゆめゆめ〜ない よもや ろくすっぽ わかんなかったなあ わけじゃないの 一ミリも〜ない 一向に 一生 一滴だって 一度も 一度も〜しない 一度も〜なかった 一度もない 永遠に 縁のない 何度聞いても〜ない 皆無 頑として〜ない 禁物だ 金輪際 金輪際しない 今まで〜ない 最初から〜ない 試しがない 瞬時も〜ない 生まれてはじめて 生まれて初めて 絶えてない 絶対に〜しない 絶対に〜できない 絶対にやらかさない 絶対にやらない 賭ける 二度と 片時も〜しない

obviously の訳語→ 〜がはっきりした とみえる と見える なこと見た目にも瞭然である に違いない は疑いがない らしい らしき あらわにする ありありと いうまでもない いかにも いかにも〜と思われる おそらく おそらく、〜なのだろう お見受けしたところ すぐにわかる それはね〜でしょ たしかに たしかに〜かも知れない だれの目にも〜は明らか ちがいない どうせ どうやら どうやら〜のようである どうやら〜らしい どう見たところで どう見ても どう考えても どこか どこから見ても なかなか なにしろ むろん もとより やはり〜らしい ようすである よほど〜らしく らしく わかってる わかるだろう モチさ 違いない 一目でわかる 隠そうともしない 疑いの余地なく 見えすいている 見たところ〜らしい 見た目に 見てとれる 見られる 見るからに 言うまでもない 言うまでもないことだが 実際 著明 当然 当然ながら 当然のことながら 紛れもない 紛れもなく 明らかだ

real の訳語→ 〜のなかの〜 いちばん いっぱしのまともな いつわりではない いやに うんと えらい えらく かえすがえす きびしい ぎりぎり これといった これは本物だと思われるような さっぱり さも しっかり じっさいの すげえ それはそれは たいした たいへんな ただただ ちゃんとした とびきり とんでもない とんでもなく なまなましい ひどく べつだん ほんとうの意味での ほんとにほんとに ほんとの まさにあつらえむきの またとない まとまった まともな まともに めちゃ もう もういっぱしの ものすごい やはり、なんと言っても よほど よほどの 一人前の 一端の 一番 一番の 何の 外にあらわす 格別 格別である 確実な 掛け値なしの 気のきいた 偽りない 現実 現実に存在する 現実的 現実的な 現実味 最先端 実際に 実際に起こった 実際の 心からの 心底 申し分ない 真剣に 真髄 真相 芯から 身に迫る 正真の 正真正銘 生々しい 生きている 生みの 生身の 絶好の 存在する 大いに 大きな 大事な 地に足のついた 典型的な 天人ともに許さざる 非常に 非常に大きな 腹を割った 別に 本格的 本格的に 本質的な 本職の 本当みたいな 本物 本物の 本来の

secrecy の訳語→ 口外せぬこと 秘密 秘密主義

seriously の訳語→ かなりすさまじく じっくり せずにはいられない ちゃんと一人前に まじめな顔 まじめな話 まじめに まじめ一途の まともには よくよく シラを切るなよ 額面通りに 鹿爪らしく 重い 心のうちで 深刻に 真っ向から 真顔で 真剣味 誠実に 熱心な 熱心に 本気で 本気に 本来の目的で 由々しく 来る日も来る日も

strictly の訳語→ あくまで きちんと そのもの とどのつまりは〜と寸分ちがわない ぴったり まじりっけなしの やかましく 一点張りの 堅固な 高度に 純粋に 純然たる 正確に 文字どおりの 万事が

sure の訳語→ いいよ いいわ いただきます ええ きっと〜だろう さだか ずいぶん そう そうか そうだとも そうだよね そう思う そりゃ そりゃもう それだな でしょう ではある どうぞ なるほど はっきり ほんと まさか まず まちがいない もちろん思う よし よろしい わかって わかっている わかる わかるとも 安心して 安心する 何よりの 解しかねる 確か 確かだ 確たる 確実 確実に知る 確信 確信がある 確信する 確信のある 確信を持つ 確認する 気がおさまらない 決まっている 決めてる 見ただけで分かる 見とどける 思う 自信のある 信じている 心あたり 正確な 断言できる 当てにしている 道理で 把握する 不案内である 予感がする 予測 用心して

utterly の訳語→ 〜しきった あきらかに あまり かけらも だんぜん つくづく つぐづく とおす どうしても、もう、とても どんなに はたと はなから みじんも 隈なく 根こそぎ 情けないほど 心から 真向から

そのほかの「絶対」で始まる語句・表現

絶対 絶対だ 絶対ないとは言いきれまい 絶対に〜だ 絶対に失敗の恐れがない 絶対に必要だ 絶対に知っている 絶対の 絶対値 絶対君主 絶対失敗しない 絶対性 絶対権力 絶対正しい 絶対的 絶対的でない 絶対的な 絶対的に 絶対論 絶対賛成 絶対過半数


ツイート