× Q 翻訳訳語辞典
torn  
鉤裂きになる
   
torn trouser leg: ズボンが鉤裂きになる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 195

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s torn fingertips hurt: ちぎれるように指先が痛む
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 221
would have torn sb out of the breast of an army: 敵は幾万あろうとも、もちろん奪いとってきたに違いない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
be torn between ... and ...: 〜だし〜なので甚だ処置に苦しむ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 152
the bombs and the war-torn city: 爆弾の降りそそぐ、破壊された街
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 41
a clipping torn from the newspaper: 新聞から破りとった何か
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 147
be torn by conflicting feeling, impulses: 感情と衝動が争ってあばれまわる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 240
you’ll end up being torn to shreds: いまに喰い裂かれるぞ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 259
My torn fingertips hurt, but eventually I stopped feeling the pain: ちぎれるように指先が痛んだが、やがてそれも感じられなくなった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 221
everything is torn: どれもこれもぼろぼろだ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 473
have torn oneself free from sth: 〜は卒業した
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 195
gashed and torn sth: ずたずたに切り裂かれた(物)
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 397
be torn by lightning: 落雷に引き裂かれる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 258
be torn loose: ずたずたに引き裂かれる
the palms are raw and torn: その手のひらはすりむけて赤い
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 136
that’s torn it: これでもうおしまいだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 231
that’s torn it: やってしまった
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 17
feel so torn: 心が千々にひきさかれるのを覚える
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 380
be torn out: 絶たれる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 382
be torn from sb: (人から)〜を根こそぎ奪う
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 240
be torn down: 強制解体させられる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 70
be torn by unspeakable fear: 言い知れぬ恐怖感にもだえる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 15
be torn between laughter and awe: 怖しいやらおかしいやらで身のおきどころがない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 93
be torn between A and B: AとBとどっちにしようか悩む
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 251
be torn between ... and ...: 〜と〜とで、気が気でない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 241
be torn between ... and ...: 〜と〜との板ばさみになる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 154
be torn between ...: 〜のジレンマにゆがむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 104
be torn away from ...: 〜とはぐれる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 438
be torn: 板ばさみになる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 158
and when they did that, all the seaside lodges were soon torn down, too: 漁師が海を捨てたのと同時に海岸に並ぶ全部の海の家が強制解体させられることになった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 70
ツイート