× Q  ?  翻訳訳語辞典
rankle
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ますます心を苦しめる
   
it rankles sb’s mind that ...: 〜がますます心を苦しめる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 18

厭だ
   
what rankled is the underhand scheming involved in sb’s doing ...: (人が)〜しようという魂胆がなまなましくて厭だ 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 133
苦々しく思う
   
rankled because ...: 〜のを苦々しく思う デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 131
心が痛む
   
Strange how it still rankled after more than thirty years: 30年も昔のことなのにいまだに心が痛むとは不思議千万である レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 208
心にわだかまる
   
Mark Simm's estimate of his character still rankled rather: マーク・シムズが彼の性格について下した評価がまだ心にわだかまっている レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 143
癪だ
   
rankle sb: 癪だ ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 297

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

leave a Parthian shaft to rankle in sb’s stormy bosom: (人の)荒れ狂う胸にすてぜりふを打ちこむ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 101
blurt out everything that have been rankling in one’s heart over the years: 日頃の思いのたけを洗いざらい喋る 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 92
ツイート