× Q 翻訳類語辞典

さほど  

especially の訳語→ いやに きわめて けっこう ことに ことのほか さしたる さして しかも その上に そんなに できれば とくに とくにとってはそうだ とくにそれが〜とくればなおさらだ とりたたて とりたてて とりわけ なおさら なおさらだ なおさらである なおのこと なおのことだ なかでも なかんずく なにしろ なによりも ひとしお べつに まして まして〜である もっとも もっぱら わけても わざとのように わざわざ 一番 何よりも 格別 殊に 殊更 得意中の得意 別に 別段

even の訳語→ 〜したところで しても しても、まだ だって だに でも といえども とまで と申しても言い過ぎではあるまい ながらも にいたるまで にしてすでに にしても にも の癖に もある をもってしても 自体 あげくに あまつさえ ありながら いえども いかなる いかに〜といえども いくら いくら〜でも いっそう いや いやそれどころか いよいよ うえに うわずらせぬ おあいこ おまけに かえって かりに きちんと くせに こうなると こともあろうに さえ さしもの さすがに さすがの さすがの〜も さらに さらには しまいに すでに すら せっかくの それでなくても それどころか それに そろった たとい たとえ たとえ〜にでも たりとも だいいち だけ ちゃんと ですら というより〜といってもいい といったものすら どうかすると なお にいたっては にもかかわらず のっぺりとした のみならず はたまた はては ほど ほんの まだ までが までは むしろ もちろん もって もっと もまた よしんば バランスよく 一つに 引き分け 実は 第一 通り越して 釣り合いをとる 平静な 輪をかけた 冷静な

half の訳語→ 〜かけ どおし のように ようにして いい加減 うっすらと かすかな しかけた なかなか なかば なまじな なんだか ばかに ほとんど めいたもの 案外に 飲みさしの 五十ドル 少しは 大分 半ば 半端な 半分 半分〜しかかった 半分に折った 半分ばかり 曖昧な

much の訳語→ あまり あれだけ おびただしい かなり さまざまな さんざん しきりだ しきりに しっかり じつに すっかり ずいぶん ずっと そう そこまで それほど たいして たっぷり だいぶ とやかく どう〜ても どうも はるかに へん ほとんど何も まんざら めきめき やたら よく よけいなこと よほど ろくすっぽ 何度も何度も 過度の 幾多の 苦心の末 細心の 山のように 充分 深く 深刻な 精出す 多くを 大したこと 段違いだ 値が張る 虫がいい 特別な 片鱗 躍起になって 余計

not の訳語→ いやだ かぎって さにあらず さほど〜からぬ しない じゃない だめだ ではない どころか ない まずい わけではない 違う 欠ける 反する 不能 無理

particularly の訳語→ きわまりない けっして ことさら これといって さまで たいそう だれよりも つまり とっておきの とびきり なんの ひときわ ひどく ほんとうに まったく むりに 異常に 一途 決して 限定すれば 取り立てて 殊更に 大いなる 特に 特別 非常に 輪をかけて

probably の訳語→ 〜かもしれない かもしれぬ したんだろうさ してやしないだろうか じゃないだろうか そうだ だろう だろうか であろうと思われる ではなかろうか でも〜するのだろう と思う なんじゃないの? なんだろう にきまっている にちがいない まい もあると思う ようだ ありうる おおかた おそらく おそらくは およそ かな かも かもしれない かれこれ きっと きっと〜だろう ことによると さだめし さもあろう したのか そう、おそらく たぶん たぶん〜だろう であろう でしょう でもしている といったほうがいいかもしれない と思われる どうせ どうやら どうやら〜そうだ どうやら〜と見える なるほど まず やはり らしい 感じ 傾向あり 十中八九 大方 大方〜だろう 定めし 定めて

そのほかの「さほ」で始まる語句・表現

さほどに さほどに思わない さほどの さほど関心がなさそうに さほど頭の切れない


ツイート