× Q 翻訳類語辞典

なんだか  

どういうわけか どうしたものか なにかしら なにがなし なんとなく 何か 何かしら 何か知ら 何か知らん 何がなし 何が無し 何だか 何となく 何となしに 何と無く 何と無しに 何故か 如何で

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さえ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どうも どこか〜さえ なかなか なかば なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まあ まざまざと まず まずたいていは まもなく まるで まるで〜よろしくといった むしろ めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら よく よっぽど 一種の 一種の〜にも似たもの 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 実際に 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 本当に 滅多に

bit の訳語→ いくらか かすか かなりの きれっぱし きれはし こころなしか しばらく すこし ぜんぜん だいぶ ちょいとのま ちょっとばかり ちょっぴり どこか〜臭い なにか はした ぼんやり もどき やや 一画 一向に 一瞬 一節 何やら 記述 所々 小さな 少々 寸々 風味 毛筋ほども

could の訳語→ 〜しかねない してよし すればいい できるだろうよ になりかねない になるかわからない まい も珍しくない れるかもしれない あわよくば いまに かもしれない する手もある できれば なりかねない イケる 間違いなしだ 申し分 万が一

half の訳語→ 〜かけ どおし ようにして いい加減 うっすらと かすかな さほど しかけた なまじな ばかに めいたもの 案外に 飲みさしの 五十ドル 少しは 大分 半端な 半分 半分〜しかかった 半分に折った 半分ばかり 曖昧な

hardly の訳語→ 〜するまでもない ではない ない なくらい になるわけがない いくらも〜しない お世辞にも〜とはいえない お世辞にも〜とは言えない お世辞にもいえない かねる さだかには〜ない するわけにいかない たいした〜ではない ちらりと てんで できない とてもそれほど〜ではいられない ないといっていい なるかならないか なんか ほとんど〜ない ほど遠く まさか まさか〜ない めったに もはや〜ない ろくすっぽ ろくに ろくに〜しない ろくろく〜もしない 格別〜ではない 危うく 別に〜ない 殆ど例がない 滅多にない

kind の訳語→ 〜なところ いう そんな たぐい たぐいの ちょっと〜な といったような もの やさしい ような男 タイプ 意味 一種 何らか 気のいい 懸念の 好み 親切 親切そうな 親切で 親切な 親切に 人のいい 性格 大切に 暖かい 仲間

maybe の訳語→ 〜かもしれない くらいだろうか しそうだ したような気がした じゃないか じゃないかって気がするんだ といえそうである の可能性もある もあって ようだ いっそ いや、〜かもしれないが うん おそらく かな かもしれないな かもしれん かもね きっと さあどうだ さらに そうだな たしかに たぶん だったか だったら でしょうね とにかく ともかく どうやら どうやら〜らしい ばかり ひょっとして ひょっとすると ひょっとすると〜かもしれない もしかしたら、の話だけど もしかしたら〜かもしれない 案外 可能性 可能性はある 疑問符つき 思うんですけど 場合によっては 多分

probably の訳語→ かもしれぬ したんだろうさ してやしないだろうか じゃないだろうか そうだ だろう だろうか であろうと思われる ではなかろうか でも〜するのだろう と思う なんじゃないの? なんだろう にきまっている にちがいない もあると思う ありうる おそらくは かも きっと〜だろう ことによると さだめし さもあろう したのか そう、おそらく たぶん〜だろう であろう でしょう でもしている といったほうがいいかもしれない と思われる どうせ どうやら〜そうだ どうやら〜と見える なるほど やはり らしい 感じ 傾向あり 大方 大方〜だろう 定めし 定めて

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ あまり あんまり いいかげん いかにも いっそ〜したい いつになく かえって かわりに けっこう このさい ごく さすがに さぞ しかし ずいぶん それはもう それよりか ただ ちょっとした つとめて ではなく というより というよりは ともすれば とんだ どことなく どちらかというと どちらかといえば なかなかの なくって なんて なんとはなしに はなはだ ほとほと ほんとうに まずまずの まだまだ めっきり ややともすると より正確には わざと わずかに わりあい わりに 依然 何の 感じの 気味 極めて 結構 思いのほか 実に 少しばかり〜 頗る 心持ち 随分 多少 避け 妙に

seemingly の訳語→ 〜と見える らしく あたかも という態度で どう見ても みたいだ ようで 一見 一見〜に見える 一見して

seem の訳語→ 〜かんじだ げである しているふうである するような気さえする そうである という印象を与える という感じを受ける と見える なのか な顔をしている な眺めである な様子だ にうつって見える のよう のような印象がある のような気がする のように感じられる の観を呈する の観を免れない の気配である の態だ の様子だ ような色を見せている 感じだ いちおう いわんばかり おぼしい おぼしき かも知れない きこえる している そう そうに ちょっと見ると〜 つもりか といったあんばいだ どうも〜らしい どうやら〜のようだ どこかしら〜している風だ なんていうんでしょうね ばかりに ふう ふしがある ふりをする まるで〜みたいだ みえる みたい みたいでね やうな気がする ようす ようすがある ようである ような よそ目には 印象がある 陰謀めいた 映る 外観を呈している 外見 額面 感じがする 感じられる 感じる 顔をする 気がする 気味もある 響き 見えた 見える 見たところ 見たところ〜だ 見まがう 見る 見受けられる 口ぶり 思う 思えてならない 思える 思われる 耳障り 衝動に駆られる 風である 風に見える 風の 風をする 風情である 風情をただよわせる 物腰は〜だ 聞こえる 傍目 様子 様子が見える 様子だ 様子である 様相を呈す

slightly の訳語→ 〜げ になりかけた 気味の あいまいな いくぶん いささかの いささか恥じ入る うすく うっすら かすかに かすかに弱々しく かるく がち こきざみに こころもち こまかく ざっと つい ほの ほんのすこし ほんのり ほんのりと ほんの少し まだいくぶん やれやれと やんわり わずかな ピクリと 気味に 軽く 小きざみに 小さく 小刻みに 少しばかり 浅く

somehow の訳語→ 〜だが でまた ある意味で いずれは〜だろう いつかは いつのまにか そしてなんとなく それでいて それとなく たまたま つくづく とかく とにもかくにも ともすると どういうものか どういう方法でか どうかこうか どうかすると どうしてか どうしてかはわからんけど どうしてだか どうしても どうにかこうにか どこか どこかで どこからか どことはなしに どこをどう迷ったものか なぜか なにかの折に なんとかして なんらかのかたちで なんらかの形で なんらかの手段で なんらかの方法で ひょっとしたら もしかすると ようやく 何かの拍子で 何らかの 奇妙に 気がついたときには 懸命に 心なしか 多少なりとも 必死で 不思議に

something の訳語→ 〜じみたもの というような意味のこと のような存在 ある感覚 ある程度は いくつかの いくばくか いくらかは足しに こと これ すごい たいしたやつ ちょっとしたこと ちょっとしたもの つねに とか ところ とてつもないこと なにか〜こと なにか〜なこと なにごとか なにやら なにやらの なんであったか なんらかの措置 はしくれ ひとかどの ひとかどの〜 ひとこと ひとつ めぼしいもの もしものこと やつ コツ モノノケ 悪くない 意地悪 一端なりとも 英才 何々 何かひとつ 何とか 何とはなく 何ほどかのもの 何やら〜するもの 何事か 価値あり 過ぎ 概略 材料 算段 事柄 出たもの 情報 真似 凄い 相当なもの 大した 大物 特別 物質 物体 雰囲気 問題 有望な線 余韻 要素 話題 憑きもの

somewhat の訳語→ 〜なところもある いくらかでも たいして まさに まずまず 一部は 幾分の 高度に 若干 少々〜なところがある 勢いで

sort の訳語→ 〜ともいえる ように いろいろ いわば かたち ぐらい こんな その手 たち ほどの人 まあね まあまあ みたいな ようなもの よくあるタイプ よりわける らしきもの 区別する 仕分けする 仕分けをする 種類 整理する 選りわける 調子 程度 内容

そのほかの「なん」で始まる語句・表現

なんかの場合 なんざ なんじゃないか なんぞ なんたらかんたら なんたる なんだ なんだかえたいのしれない なんだかざわざわとおそろしい気持になる なんだかふるめかしい なんだかんだと なんだか変な なんだか奇妙に なんて なんてこった なんてったって なんてもの なんで なんで〜かしら なんですって なんでも なんでもかんでも なんでもない なんでもないこと なんでもないことに怒る なんでもないよう なんでもないようだ なんでもない男 なんでもなくなる なんでもぺらぺらしゃべる なんと なんといいましょうか なんという なんというか なんといっても なんとか なんとか〜しようとする なんとか〜する なんとかいうもの なんとかかちとる なんとかかんとか なんとかさん なんとかして なんとかして取り立てる なんとかしのいでいく なんとかする なんとか暮らしを立てる なんとか無事に切り抜ける なんとしたことか なんとしても なんとなく なんとなく〜か何かのように見せている なんとなく〜のように思える なんとなく予感する なんとはなしに なんとも なんともいえない なんともいえぬ なんともおかしい なんともすわりがわるい なんともなさけない なんともひどい なんともやるせないような なんとも言えず なんとも言えずうまい なんとも言えない なんとも言えなく なんと言っていいかわからない なんども なんなりと なんにかぎらず なんにも なんにも知らずに なんの なんのこと なんのことはない なんのさしさわりもない なんのまえぶれもなく なんの不思議もなく なんの前ぶれもなく なんの前触れもなく なんの収穫もなく無駄に終わる なんの変哲もない なんの実りももたらさない なんの感情もない なんの感興も示さないような顔をして なんの抵抗もなく なんの支障もなく なんの斟酌も加えず なんの気なしに なんの気もなく なんの気恥しさもなく なんの罪もない なんの苦もなく なんの苦労もない なんの関係もなさそうな なんぴと なんぴとたりとも なんら なんらか なんらかの施設


ツイート