× Q  ?  翻訳訳語辞典
arch
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
そらせる
   
arch one’s back: 背中をそらせる フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 21
そりかえらせる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 360
つりあげる
   
eyebrows be arched high: 両のまゆがたかくつりあがる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 22
ひょうきんにふるまって
   
She always had a sprightly manner, coy, girlish, arch: ふだんから立居ふるまいは活発で、小娘のように、はにかんでみせたり、ひょうきんにふるまったりする レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 97

アーチ状に曲げる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231

横道
   
in the darkness of the station arches: 駅の横道の暗がり ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 510
上げる
   
arch one’s eyebrows in some uncertainty: 問い返すように、眉を上げてみせる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 69
身をよじる
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 255
吊り上げる
   
arch a scathingly eloquent eyebrow at sb: 嘲るように眉を吊り上げる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 19
狡猾な
   
out of an arch impulse: 一種の狡猾な思いつきから トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 257
arch approach: 狡猾な接近 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 151
『調子いい! がずっとつづく カラダの使い方』 仲野孝明著
パソコンの前にずっと座っているあなた! 体のケアも忘れずに! 体幹ストレッチもオススメ

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

arch one’s neck: 首をのけぞらせる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 245
thin arch of one’s eyebrows: 弓形の細い眉 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 187
be the arch fiend of all times: 文句なしのはみだしもの ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 229
arch one’s back off the sand of the beach: 砂の上で背伸びをする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 142
a foul ball arched back over the stands: バックネットに打ち上げられたファウルボールがスタンドを越え プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
arch-backed:背筋をのばす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 121
arch-enemy:仇敵 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 165
There was little courtship, no arch approach, no customary fan dance: 丁重な打診もなければ、狡猾な接近も、ふつうならある思わせぶりもなかった ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 151
fine, arch-shaped eyebrows: 弓型のやさしい眉 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
same color is plain around keystone of each arch of ...: 〜のアーチの要石もみんな同じ色のモルタルで塗りかためられている ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 13
ツイート