× Q 翻訳類語辞典

まったくの  

完全な

純然たる 絶対的 すっかり 全身ことごとく 全か無か 全面的 総力をあげての 周到 徹底的 精到 綿密 肉付けされた フル 一杯 完全 本格的 充分 十分 すべてを備えた 自己充足の 自己完結した 自給自足の

abnormally の訳語→ 異様に 気持ち悪いくらい 人一倍 水準以上に 並はずれて

absolutely の訳語→ 〜そのもの にちがいない いつも おそろしく おっしゃるとおりです きっぱり きわめて このうえない このうえなく さぞかし したきり じっと じつに たっぷり ちゃんと とにかく とにかくまったく どうしたって どうしても どうしようもなく どうにも どこまでも どのみち ならない ひっそりと ひとえに ほとほと ほんとうに ほんとに ぽかんとした まぎれもなく まさしく まちがいなく まったく まったくもう本当に まるっきり まるで もちろんです ゆえん わかった。かならず 圧倒的な 圧倒的に 一つ残らず 一切 何の〜 何一つ 完全に 極度に 決して 固く 少しも 正真正銘の 生粋の 絶対に 絶対に金輪際 全幅の 大抵は 徹頭徹尾 到底 百パーセント 文句のつけようがないほど 文句のつけようのない 本当に

certainly の訳語→ 〜さえ しそうな とも に決まっている あたりまえ いうまでもない いかにも いっとくが〜だぞ いわんや えらく おさおさ かえって かしこまりました きっと きまって きまっている さぞ しっかり ぜったい ぜったいに ぜひとも そう そのもの たいした たしかだ だって ちがいない とても ともかく どういたしまして どうみても どう見ても どう考えても なお なにぶんにも なるほど なんという なんとも はず はずだ はっきり はっきりいえる はっきりして まぎれもない まさか まさに まず まずまちがいない むろん もちろん もちろん怠らない もっとも もとより もはや ようですよ よほど モチさ 案の定 違いない 確かだ 確実に 間違いない 現に〜ではないか 充分に 少なくとも 随分 正しく 正直に言うが 相当 断じて 筈である 避けられない 必ず 別に 無論 明らかに 余っ程

crass の訳語→ えげつない ざらざらと目の粗い ひどい ひどく愚かな ぼてぼてと厚い 下品な 愚鈍な 甚だしい 洗練されていない 粗野な 鈍い 鈍感な

exact の訳語→ おこなう おなじみの そっくり同じ そのまま 瓜ふたつの 具体的な 正確な 正確に 正式な

genuine の訳語→ いつわりのない これはまさに さも〜 まぎれもない正真正銘の 楽しそうに 偽りない 偽りなしだ 偽りのない 個人的な 純一無雑な 心から 心底 心底から 正真正銘ほんものの 惜しみない 百パーセントの 本気で 満足な

hopelessly の訳語→ あてどもなく いかんせん とほうにくれたように どうしようもないほど どうにもならないほど やりきれぬ思いで 救い難いほど 絶望の思いで 痛ましく

just の訳語→ 〜したて したばっかりだぜ したままぽかんと〜しているばかり でも なんだ に過ぎない までですよ あっさり あともう〜しかない いいから いたって いつでも いましがた おとなしく かろうじて ぎりぎり これこそ ごくごく さあ さっさと しげしげと すぐ すでに そっくりの そもそも たかだか ただ、無性に ただじっと ただの ただひたすら たった今 たんなる だけ だけに ちょっと ちょっぴり ついさっき つい先頃 つまり というものだ とことん とりあえず どうせ どうやら なに のこのこ のも ばかり ひょいと ふつうの ほんと、いかにも ほんの まあ まだ みすみす もっともな よりによって わずかに サシの 一介の 一足ちがいで 何をするともなく 簡単に 間をうめる 間一髪 近く 今ここで 今しがた 今しがた〜したばかり 今の 今度のは 最近 至極 失敗する 瞬間 辛うじて 甚だ 正義を尊ぶ 精一杯 惜しいところで 単なる〜の域を出ない 単純に 同じように 同様に 不用意に 本能に 無造作に 黙って 要するに 要するに〜というものである 脇目もふらず ...

naked の訳語→ あらわな ありのままの むきだし むきだしの 一糸まとわぬ姿で 手袋もなしで 生まれたままの姿で 素裸 素裸で 無防備にむきだされた 裸のまま 露わな 露骨

no の訳語→ 〜どころではない などみじんもない は抜き は聞きたくない ああ いいんだ いえ いえ、そんな いえ、ちがうわ いかなる〜も〜できない いかん いっこう〜ない いっさいなし いや いや、そんなことは いや、ちがう いや、ちがった いやいや いらない うーむ ううん ううん、そうじゃない うそ うん きれている これっぽちの さらさらない しまった そうじゃない そうじゃなくて そうだろ、え そうではない そうはいかない その必要はない そりゃそうだけど だめだ ちがう ちがうでしょ ちっとも〜しちゃいない でない とりたてて〜でない どうして〜ではない ない ないところ ないよ ひとつない ひとつもない ふん べつに まだだ まるで違う もうとうない やなこった センは消えた ゼロ ノー 一言も〜ない 一向に 一向に〜ない 皆無だ 皆目 気配も感じられない 拒否 見あたらない 寸時の〜もない 駄目 駄目だ 知らぬ存ぜぬ 抜きの 微塵も 不要 無用 迷惑 余地もない

only の訳語→ 〜ぐらいなもの しかない ですむことである にすぎない の域を脱していない をどうにもできない 以外立入禁止 あくまでも あとはただ〜 いつも決まって かえって〜する かぎる かりにも きり こそなれ さえ さもなければ〜もせぬ しょせん じゃなきゃあ すくなくとも せめて そこそこしか たかが たたでさえ ただ〜である ただし ただの〜 ただもう たった だけだ だけは ちょっと〜しただけ つい でしかない でならない といっても とどめる なにぶんの には のみ はじめて はじめての はやい ひとつしか ほかない ほかに〜はない まだほんの まだやっと までだ むしろ もっぱら ものの やっと やはり ようやく よく見ると ろくに わずか 一心で 何でもない 何とか 何のことはない 却って 限らず 弱冠 初めて 専用 他にはない 当然 畢竟 変りはない 無二の 目標を限り 唯一 唯一の ...

resounding の訳語→ こだまする とどろく はっきりとした めざましい 共鳴する 響き渡る 顕著な 際立った 声高な 大げさな 大音声の 大声で話された 断固とした 知れ渡る 徹底した 徹底的な 反響する 明確な 鳴り響く 目立つ 朗々と鳴る

singular の訳語→ 妙な

unmitigated の訳語→ 楽にならない 掛け値なしの 緩和されていない 軽減されない 真の 紛れもない 容赦のない 和らげられない

wild の訳語→ おおげさな かんかんに かんかんに怒る がさつな けわしい すごい だいそれた とどまるところを知らぬ まったく自然のまま むちゃな めちゃくちゃに やんちゃな 奥地 開発の手は入っていない 気も狂わんばかりだ 恐ろしい 狂おしい 狂おしいばかりの 狂気の 狂的 荒々しい 高い 支離滅裂な 出鱈目な 心をいそがせる 心踊る 大袈裟な 大騒ぎ 底抜けの 途方もない 頭が変になる 突拍子もない 馴れない 破天荒な 必死の 物騒な 奔放な 奔放 無軌道 無鉄砲な 盲目的 野の 野性じみた 乱れた 乱痴気 腕白

そのほかの「まっ」で始まる語句・表現

まっこうから まっこうからにらみすえる まっさかさまに まっさかさまに落ちていく まっさらの まっしぐらに天空へ馳せのぼる まっしぐらの まっすぐ まっすぐではない まっすぐな まっすぐな心の まっすぐに まっすぐにする まっすぐになる まっすぐのばす まっすぐ突き立てる まっすぐ舞い上がる まったき まったく まったくだめである まったくといってよいほど まったくない まったくなにひとつ まったくのところ まったくの仏頂面で まったくの玩弄物 まったくひどい まったくもう まったくもって まったく人気のない まったく反対の地点 まったく同じ まったく唐突に まったく困った まったく変わった まったく意想外の まったく無類の まったく独創的な まったく異様な まったく目も当てられない まったく考えられない まったく身動きがとれない まったく違う まったく醜いもの まったく関心をあつめていない まっただ中を まっとうする まっとうで まっとうな まっとうに まっ先に まっ只中 まっ四角 まっ暗 まっ暗闇 まっ正直 まっ盛り まっ裸 まっ青な まっ青になったまま まっ黒 まっ黒い


ツイート