× Q 翻訳類語辞典

もっと  

いやが上にも ぐっと より 一倍 一層 一段と 層一層

弥がうえにも

かてて加えて この上 この上とも さらに そのうえ 其れに 剰え 尚も 尚且つ 更に 糅てて加えて

さらに深く それ以上 なお なおいっそう 加えて 猶も

another の訳語→ 〜のひとつ あたらしい あたらしい顔ぶれ あと あらたな あらためて いまいちど いまひとつ いままた おかわり おつぎ お代わり かつての このさき この次 これでまた これ以上 これ以上の こんども それから それ以上の ただの つぎ つぎの どこか他の ひとつ ひらの ふたたび べつの ほかに ほかの また また〜のお出ましか またがらりと またしても またぞろ またひとり またまた またもや また今日という まだほかにも もある もう もういっぱい もうひとつ もう一つ もう一度 もう一発 もう一本 もはや やはり よその よその男 違う 一方で 今度の 似たような 次の 重ねて 新しい 新たな 新たに 新らしい 前の 相も変わらぬ 相手の 他の 代りの 代理の 同士 二の舞 二人めの 二度と 別な 別の 変える 予備の 隣りの

better の訳語→ 〜にしよう 度が高い 腕利きの いい いっそうよいもの うってつけの うまい おいしい おもしろそう きちんと したほうがいいわよ すごい すばらしい値打ちの ずいぶんマシ ずっといい ずっとうまくいく ぜひとも それなりの それ以上うまくは ちゃんとした なかなか ほかのまともな ほかの手だて まさる まし ましな まだしもマシ もってこいの もっとうまく もっとほかに もっとましな もっと高尚な よく よくできてる よくなる よくよく よっぽどいい よりかはましだな よろしい マシ マシな 安全 一枚上 右に出る 何よりの 佳き 改善 肝要 気が楽 気が利いている 逆立ちしても追っつかない 賢明な 向いている 助かる 心なごむ 身のため 先輩 前向きに 増し 速い 忠誠いちずの 痛みがひかない 得意な 肥えた 暮らしやすい

even の訳語→ 〜したところで しても しても、まだ だって だに でも といえども とまで と申しても言い過ぎではあるまい ながらも にいたるまで にしてすでに にしても にも の癖に をもってしても 自体 あげくに あまつさえ ありながら いえども いかなる いかに〜といえども いくら いくら〜でも いっそう いや いやそれどころか いよいよ うえに うわずらせぬ おあいこ おまけに かえって かりに くせに こうなると こともあろうに さえ さしもの さすがに さすがの さすがの〜も さほど さらには しまいに すでに すら せっかくの それでなくても それどころか それに そろった たとい たとえ たとえ〜にでも たりとも だいいち だけ ちゃんと ですら というより〜といってもいい といったものすら どうかすると にいたっては にもかかわらず のっぺりとした のみならず はたまた はては ほど ほんの まだ までが までは むしろ もちろん もって もっとも もまた よしんば バランスよく 一つに 引き分け 実は 第一 通り越して 釣り合いをとる 平静な 輪をかけた 冷静な

extra の訳語→ おまけのぶんの ことさら じっくり つねならぬ 改良 特別 特別手当 必要以上にくわわる 余白の 臨時の招待客

far の訳語→ いちばん奥の およそ ぐんと ここまで すぎる ずうっと ずっと とうてい言いがたい とおくに どう見ても にくい はるか むこうの よほど 違って 奥の 遠い 遠く 遠くでささやく 遠くまで 較べものにならないほど 距離 距離が遠い 向うの 向こう 向こうの 合わぬ 段違いに 到底 反対 反対側の 遙か

more の訳語→ 〜に近い あまり あんまり いくぶん いくらか いささか いちだんと いつもより いまひとたびの いまより いまよりもずっと いよいよ増す いわば おおいに かなり くだくだしく けっこう この先 それを上回る それ以上に それ以上余計な ぞくぞく たくさん どちらかというと ならず はっきりした ばかり ひときわ丁寧に ひとしお ほかにも まして ますます まだしも まだまだ もう少し もっともっと もっと重要な意味がある もっと多い よけい 以上 以上に 以上のこと 以上のもの 強い 向上させる 少し 少しは 尚更 精々 前よりは 前よりも 増す 増加 足す 多い 大きく 大なり 超す 特別に

properly の訳語→ いちおうは うまく きちんとした作法で すっきり そつなく ちっとも はっきり まっとうな まともに まんまと ろくに 一分の隙もなく 筋道立てて 手順どおりに 十分足りている 正常に 正面から 折目正しい 然るべき 全部 大丈夫 適切に 堂々と 必ずや 本来なら

quite の訳語→ いっこうに いとも いまにも うんと えらい えらく かなりの かなり手きびしく がらりと きれいさっぱり きわめて くらい この上なく ごく ごくごく さっぱり しかと しかとは じつに驚くべき すぐ すこぶる すごく すっかり すばらしい そのもの それこそ たいした ただ だいぶ だた ちょっと ちょっとした つい とっくの とんだ どうしても どうにも どうも なかなかの なるほど なんとも言えなく はっきりとは ひしひしと ひとしきり ぴったり へべれけに ほとほと ほとんど ほぼ ほんとうに ほんとに まったく まるで もっぱら ゆうに よくよく大した よほどの ナンバーワン 一向 何だか 完全な 完全に 顔負けの 結構 厳密に 実に 充分 充分ある 十分 重々 少しも 少なからず 心から 随分 相当難儀な 多少は 大した 大分 如何にも 別に 満ちる 妙に 明らかに 露ほども

really の訳語→ 〜でたまらない なもんですよ あながち いかにも いたって いったい え、ほんとですか こころから さぞかし しきりと じっさい じつに すなわち ずいぶん そうか そもそも そんなに たしかに たって ついに とくに とても とびきり とんと などの なんという ねえ はっきりと はらの底から ひどく べつに ほんというと ほんとうは まあまあ まぎれもなく まさに まちがいなく まるきり もともと やっぱり ようく よっぽど よもや 案外 隠さずに 俄然 掛け値なしに 完璧に 強いて 元来 現実に 今度こそ本当に 細部まで 実際には 実態は 心の底から 心底 真に 真の 正式の 正真正銘 正真正銘の 正直 正直なところ 正直な話 正当な 積極的に 絶対 全く 全面的に 徹底的に 内心では 非常に 腹の底から 文字通り 本気で 本質的な 本当 本当に 本当にそっくり 本当のところは 本当は 満足に 猛烈な ...

yet の訳語→ 〜のくせに いまのところは いまもって が、それはさておき このごろになって これまでの しかし しかしながら しかも そうかと思うと そこそこ そのうち そのくせ それでいて それでも それにしても だが だがしかし といって ところが ところがまたもや とて とはいえ 以前 当分 反面 目下

そのほかの「もっ」で始まる語句・表現

もっけの幸い もっそり もったい もったいない もったいないくらい もったいなく もったいぶった もったいぶったようすで もったいぶった声で もったいぶって もったいぶってる もったいぶって言う もったいぶり もったいぶる もったいをつけて もったりとした もって もっていく もっている もってくる もってこい もってこいの もってする もってまわった もって帰る もって来い もって生まれたもの もって生まれた性質 もって行き場のない もっとどんどん もっとひどい もっとも もっとも〜だが もっとも〜ない もっとも〜の話だが もっともそのときは もっともだと思う もっともな もっともなことに もっともな意見 もっともな点 もっともらしい もっともらしい話 もっともらしく もっともらしく説明する もっともらしさ もっとも内部の もっとも深い もっとも遠く離れた点 もっとも重要な もっと厄介だ もっと奥深く もっと本質的なもの もっと穏やかなものにする もっと簡単なこと もっと良い もっと遠くに もっと魅力的な形にする もっぱら もっぱら愛用している


ツイート