× Q 翻訳訳語辞典
purpose   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ため
   
the purpose is to do: 〜するためである 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 210
ためらいのない
   
full of one’s usual energy and purpose: いつもどおり元気のいい、ためらいのない足取り ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 7
なにか思うところ
   
his face full of purpose: なにか思うところのある顔 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 163
   
understand the purpose of the visit: 何をしに来たのかわかる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 274

意味
   
give us this trial to no purpose: この試練がただ無意味に与えられる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 68
機構
   
have the same purpose: 同一の機構をもつ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
   
with the purpose of doing: 〜する気で 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 21
決意
   
yield before sb’s persevering purposes: この不撓の決意の前には屈する ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
魂胆
   
wicked purposes: よからぬ魂胆 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 268
rather wonder if sb drag that in on purpose: (人は)何か魂胆があってわざとそのことを持ちだしたような気がする アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 151
人為的
   
be destroyed on purpose: 人為的に破壊される クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 565
狙い
   
Colonel Moore looked annoyed, which was my purpose in being sarcastic: ムーア大佐は、こちらの狙いどおり、ムッとしたようだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 248
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 362
必要
   
there is no purpose in doing: 〜する必要はない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 44
目的
   
not with any special purpose in mind: 別に特別な目的があったわけではない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 250
high purpose: 崇高な目的 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
do ... for good moral purposes: 〜は道義的に高邁な目的のために行われている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 489
be done for a purpose: 目的をもってなされる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 230
目的意識
   
no fixity of purpose: 確固たる目的意識というものがない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 171
目標
   
words of high purpose: 高邁な目標を語る言葉 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 348
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
   
serve one’s purpose: それなりの役をはたす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
要領
   
make the purpose of one’s remarks clearer to sb: (人の)談話が要領を得る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 76
理想
   
be indubitably the right king for the purposes of ...: まぎれもない、(国の)理想にかなう王だ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 169
理由
   
and all for the sole purpose of〜: それも〜という理由だけで 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 13

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with set purpose: 一心に
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 209
tax purposes: 税金対策
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 221
serve one’s purpose: お役ご免になる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 143
serve its purpose: ちゃんと役に立つ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 120
sb’s real purpose: (人の)真意
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 205
in common purpose: 心をひとつに合わせて
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 91
for protocol purposes: 形式上
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 139
for one’s purposes: これからやることには
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 222
for all purposes: どこから見ても
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 29
think it as dicking around with a purpose: やみくもにほじくり返すわけではない
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 15
there is no purpose to ...: 〜する意図は毛頭ない
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 49
there is no purpose in ...: (〜してみても)始まらない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 274
the purpose is to express ...: 〜という意味である
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
that’s one’s one purpose: そうでないと、用をなさない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 229
serve a purpose for sb: (人に)とってはもっけの幸いだ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 129
people whose company is shared for some purpose other than money: 金銭抜きで楽しむ人々
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 372
might as well talk to some purpose by telling sb what one know about oneself: いっそ自分の身の上話でもしたほうがいい
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 59
meet with sb for the purpose of a conversation, not an interview: インタビューではなくて、ただ個人的に(人に)会って話す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 505
lack any real purpose or direction: これといったものも身につかない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
it is a matter of seriousness of purpose: 問題は本気でやる気があるかどうかだ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 96
have wrapped themselves together for the purposes of plesure: ぴったりからみあってお楽しみの最中だ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 303
have no useful purpose: なんの実用性もない
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 79
have a sense of purpose: ひどくまじめ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 98
have a purpose after all: あながちむだではない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 255
guess the purpose of sb’s talk: (人の)話にほぼ見当がついている
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 233
doubtless serve little purpose: おそらくなんの役にもたたない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 12
don’t serve any purpose: 何にもなりはしない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 5
do for a purpose: 〜するのはわけがある
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 78
buy for the purpose: わざわざ買い求める
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 18
believe the only three valid purposes microwaves serve: レンジの有効な利用法を三つに限定している
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
be no doubt admirable for the purpose of catching the eye: 目につきやすいことは確かだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 26
And the purpose of this acknowledgment?: この確認合図の目的は何か
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 125
to no apparent purpose: べつに用らしい用もなく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 442
For a long time, zoologists pondered the purpose of this arrangement: 何のためにそのような仕組みになっているのか、生物学者の間でも長いこと謎とされていた
attain one’s purpose: 思いを遂げる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 259
never believe sth would serve any purpose: 何の役にも立たないとばかにする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 299
curse the purpose that bring one have to eat another man’s bread: 目的のためとは言いながら他人の飯を食べねばならない仕儀を呪う
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 107
dawn has found sb clear-minded in one’s purpose: 夜明けにはもう目的意識を持った頭は冴えざえとしていた
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 233
conspiratorial purpose: 密謀性
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 99
Surely, but that would defeat the original purpose--: たしかにそうだが、しかしそれではもとの目的が台無しになる−−
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 93
describe the purpose of the conference: その会議の目的をきかせてもらおうか
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 461
for the express purpose of taking ... off to sb: (人に)向かって上げてみせるためだけ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 156
when there’s a plot, it’s generally for the purpose of gain: 作為は、つねに本人が自身の利益のためにするのだ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 108
do this on purpose--a gesture: 合図のつもりでわざとそうする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 248
with grim purpose: 決然たる意図をもって
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 71
investigative purpose: 捜査目的
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
be leaving sb in suspense on purpose: わざと(人を)不安におとしいれようという魂胆だ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 212
a legitimate purpose: ちゃんとした目的
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 149
legitimate investigative purpose: 合法的な捜査目的
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
the whole purpose of ... is limited to one of two things: 〜の目的は、ほぼふたつに限られる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 426
the purpose of testing her own limits: じぶんの能力を試したいという理由
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 13
pitch it in redhot on purpose: わざと烈火のように怒鳴りつける
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 169
A bizarre postscript to this meeting confounds its conspiratorial purpose: この会合の異様なおまけが、その密謀性をいっそう濃厚にしている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 99
purpose-built:実用化した
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 253
the real purpose of sth is ...: ありていは
don’t appear to have recognizable purpose: それとわかる目的のありそうにもない
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 104
single-purpose:単一目的の
辞遊人辞書
succeed in one’s purpose: 目的を果たす
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 419
full of her usual energy and purpose along the pavement to the bus-stop: いつもどおり元気のいい、ためらいのない足取りで、歩道をバス停に向かって歩きだした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 7