× Q  ?  翻訳訳語辞典
gloomy
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
うす暗い
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 91
うっとうしい
   
even sb’s gloomy side: (人の)うっとうしさも含めて 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 112
うんざりしている中にも
   
with gloomy triumph: うんざりしている中にもそれ見たことかと言いたげなものを漂わせている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 37
しけた
   
want to listen to gloomy piano: しけたピアノを聞きたがる 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 35
しょんぼりと
   
seem quiet and gloomy: 口数もすくなくしょんぼりとしている 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 129
ひどく陰惨な
   
a gloomy prison: ひどく陰惨な監獄 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 130

悪い
   
a gloomy premonition flashes through sb’s mind: 悪い予感のようなものが働く 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 152
暗鬱な
   
gloomy landscapes: 暗鬱な風景 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 34
灰色の
   
a gloomy shadowed corridor: 灰色の影にひたされた廊下 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 64
嫌な
   
gloomy idea: 嫌な考え キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 140
薄暗い
   
in the gloomy light: 薄暗いあかりにすかして トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
gloomy corridor: 薄暗い廊下 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 110
悲観的な
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 213
憂鬱な
   
feel gloomy at the prospects that now faces one: これはどうなるというのだろう、と憂鬱な気持で考える 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 356
落ち込む
   
get gloomier: 落ち込んでいく オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 89
仄暗い
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 134

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

gloomy predictions: 悲観論 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 228
under the shadow of something high and gloomy: なにか暗い影のようなものの下に ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 143
the sky is gloomy: 空は重くたれこめている ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 73
sb’s eyes in gloomy abstraction seek the ground: その視線は魂でも抜けたように、例の床上に落ちる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
look a bit dim and gloomy: 妙に薄暗く感じられる 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 329
gloomy or melancholy temperament: 陰鬱な性質 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 52
be definitely gloomy: 文句なしに憂鬱なものだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 208
be a fittingly gray and gloomy one: いかにもそれにふさわしい憂鬱な天候だ デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 121
be gloomy and forlorn: 陰気で寂しい 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 194
be red and brown, dank, still, fragrant, gloomy: 赤と茶色、しめっぽくて、ひっそりとしていて、木の香が強く陰気だ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 77
be in the gloomy library: 薄暗い書庫にはいる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 68
a particularly gloomy or melancholy temperament: 格別陰鬱な性質 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 52
gloomy and quiet: 陰気でしんとした プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 245
ツイート