× Q 翻訳訳語辞典
superior   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
まし
   
be infinitely superior to real life: 現実よりも測り知れないほどましだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 81
もったいぶった
   
strut toward ... in one’s superior way: もったいぶった様子で近づいてくる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 205

噂に違わない
   
superior intelligence: 噂に違わない賢さ 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 16
見くだすような
   
give a superior smile: 見くだすような薄笑いを浮かべる ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 17
秀でている
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 200
重役
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 42
上司
   
one’s immediate superior: 直属の上司 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 157
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 86
上層部
   
My superiors are a little worried about the press,: 上層部がいささか報道陣の心配をしています ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 56
尊大な
   
in a superior knowing way: 尊大な、賢しらな調子で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 19
超える
   
entrust one’s life to judgment superior to one’s own: 自分の判断力を超える判断力に命をあずける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 534
超然とする
   
be superior to human foibles: 人間の弱味にたいし超然とする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
長い
   
have superior reach and better strokes: (人)よりリーチも長く打ち方もいい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
非凡の
   
a superior woman: 非凡の女性 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 104
目上の
   
someone of superior station to oneself: 自分より目上の人物 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
優越感
   
feel superior to sb: (人に対して)優越感を持つ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 37

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

this superior attitude: 自分の方が一段上だって態度
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 40
superior fortitude: しかっりした手伝いぶり
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 209
be superior: 他国を圧倒する
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 220
think one be superior to sb: (人に)優越感をもってる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 115
smile with a superior air: もったいぶってほほえむ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 242
rare and superior type of client: そうそうはない上客
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 362
in a superior tone: 威張りくさった態度で
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 342
be superior to me: たいしたものだ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 60
be superior in learning to any of the priests: 学識の点では全修道士、全宣教師も彼の右に出るものはない
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 179
be quite superior to ...: 〜など問題にならない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 64
assume it is a superior version of ...: この方がよほど上等のように思われる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 78
Nicholls drained his glass and regarded his superior officer moodily: ニコルスはグラスをあけ、上官の顔をむっつりとみとめた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 39
a negligent superior: 誰か上司の職務怠慢
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 86
protect a negligent superior: 誰か上司の職務怠慢をかばう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 86
do not question these orders from one’s superior: 上司の命令に唯々諾々と従う
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 219
have been the rising star of one’s superior: 気に入り引き立ててくれた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 42
a slow-spoken superior: 口の重い上司
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 19
temperamental superior: 気むずかしいボス
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 419
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!