× Q 翻訳類語辞典

が  

although の訳語→ 〜くせに しつつ だというのに とはいえ ながら にしろ はありながら いくら〜 かといって くせに しかしまた じつは〜だけれど それなのに ただ ただし でも といって もっとも もっとも、〜だけれど もっとも〜 もっとも〜だが わりに

as の訳語→ 〜ところで うちに ころになって ざま し、〜する しかたに似ている したちょうどそのとき したところ した瞬間 して している前で するあいだ するうち するうちに するたびに するなかを するなり するにつれ するほど する間に する直前 だが という理由で ところだった とともに と同時に ながらの にさも似たりだ に似た に劣らず のころ のなか のように の頃 を勤めながら 然として 通り 流に 流に〜すれば せいで えてして おいて おなじだ おなじように かけ かぶって からね こう こと ころ さえ さながら ざまに しな そのあいだに そのあと その拍子に そばから そんなところへ たびに だと言う つれて でもあるかのように といった名で ときに として としての立場から言えば とたん とまあ、見てのとおり と言って どおり どおりだったから なんて にも のに はずみに ひけをとらぬ ひどく まさしく〜ごとく まさに また まま ように らしい 何分にも 具合に 従えば 瞬間 折しも 前で 態度で 代わりとして 直後に 途中 同じ 如く 拍子に 標榜する 負けず劣らず 並み 並みの 変わらない 例にもれず

despite の訳語→ 〜があったのに したのに しては しても だが、その実、 でさえ なのに なわりに に於てすら のくせに のわりには もかまわず をよそに を覚悟で を克服して あるのに いくら いくら〜でも うらはらに かかわりなく からみれば しながらも たしかに べつに 許さずに 聞きいれられない 無視する

however の訳語→ いかなる〜にせよ いや、しかし おまけに が、 これに反して しかし しかしですね そうかといって そのくせ その代り それでも それでもあえて それにしても それに反して そんな〜ではあるけれど ただそれが たとえ〜でも ですけど ところが ところがどうして とはいうものの ともあれ どうであれ まあ 一方

if の訳語→ 〜あったが さえすれば しさえすれば したら最後 していたら しときゃあ しようとすると しようものなら することがあっても だったりしてみろ だら とあれば となる時は決まって なら かと いいけど いいのだが いざ〜ときには いざ〜となれば いっそ かりにも〜しようものなら しだいでは その場合、〜したことになる その前に たとえば たら ては では ではあるが でもいいから というと というなら ときは なものの にしても にせよ には もし もっとも〜の話だが ものなら よしんば よしんば〜としても よしんば〜の場合でも 疑惑 逆に 場合にでも 風だ 万が一

instead の訳語→ 〜どころか はなくて よりも あきらめる かえって さしおいて しかたないから そこで そこで、そのかわりに そのかわり そのかわりに それは思いとどまって そんなことより ところがなんと ところがなんとしたことか のみならず ひとりでに むしろ 案に相違して 以外に 意に反して 思い直して 直す

then の訳語→ 〜が、 が、たちまち〜 してから あとから あとは あのころ ある日のこと が、それもつかのま けれども ここにおいて この際 これでも こんどは さらに しかるのち しばらくすると じゃ すぐ すぐまた すると そういっていただくと そうこうするうち そうしておいて そうすれば そこまでいって そして そしてほどなく そのあとは そのうち そのうちにまた そのたびに そのときになって その後 その頃 その場合 それ それから先は それが済むと それでいて それでは一つ それを聞くと そんなら だったら だとすれば ついで つぎの瞬間 つづけて と、そこで ところが、そのうちに ところがつづけて ところがどうだ とすると とすれば となると と言う傍から と思ううちに と思うと なるほど にもかかわらず ふたたび ほどなく もうあとは もしそうだったら やおら やがて やっと ややあって ようやく よしよし 一瞬、間をおいて 間もなく 急に 結局は 後は 今度は 最後に 思いなおしたように 思うと 次には 次の瞬間 次の瞬間には 少したってみると 続いて 遅まきながら、やっと 突然 二度目は 年月が流れ ...

though の訳語→ 〜しているくせに だとしても とはいいながら と前置きしたうえで ながらも ああ いいえ いや しかしながら しかも だけどね だだし ではあったものの というのに といっても とにかく どうも何だね ないにしろ むろん 元来〜であるが 他方 第一 反面

until の訳語→ 〜し、〜する したあとまで したとき するうち〜 する段になると ならないうちは ほど まで までは から が、やがて〜 こんどの したときには しないうちから しなければ しまいには そういえば そのうちに ついに ついには ついには〜 と、 と〜するうちに とうとう はじめて ほどに までの間 やがて〜 気がついてみると 最後は 遂には

when の訳語→ したあかつきには したころ したときだった したとこで したところで したとたん したのも した時代 した時点で してからも してみれば しながら するにいたって する際に すれば すれば必ず ということになると というところで ときた場合 なんかの場合 におよんで のには の時分 の状況において 時代 あいだ あい間に あかつき あかつきには あのときは あれば いちど〜すれば いっしょに いっぽう いつ いよいよ〜とき うちは かりに がてら さすがに するや そしたら そのとき それから そんなころ ちょうどそのころ と、そこへ とき とたんに なので ふと 一度でもあるか? 何時 頃あいに 際に 時期 時点 時分 場合 折り 矢先 刹那


ツイート