× Q 翻訳類語辞典

むしろ  

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば その実 そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに ちゃんと つい というより とにかく とりたてて どうして どうも どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうに ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まったく まで まるで もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 現に 言っときますけどね 事実上 実に 実のところ 実をいうと 実際に 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まあ まず まずたいていは まもなく まるで〜よろしくといった めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら よく よっぽど 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 本当に 滅多に

even の訳語→ 〜したところで しても しても、まだ だって だに でも といえども とまで と申しても言い過ぎではあるまい ながらも にいたるまで にしてすでに にしても にも の癖に もある をもってしても 自体 あげくに あまつさえ ありながら いえども いかなる いかに〜といえども いくら いくら〜でも いっそう いや いやそれどころか いよいよ うえに うわずらせぬ おあいこ おまけに かりに きちんと くせに こうなると こともあろうに さしもの さすがに さすがの さすがの〜も さほど さらに さらには しまいに すでに せっかくの それでなくても それに そろった たとい たとえ たとえ〜にでも たりとも だいいち だけ ですら というより〜といってもいい といったものすら どうかすると なお にいたっては にもかかわらず のっぺりとした のみならず はたまた はては まだ までが までは もちろん もって もっと もまた よしんば バランスよく 一つに 引き分け 実は 第一 通り越して 釣り合いをとる 平静な 輪をかけた 冷静な

fain の訳語→ 〜したがる せざるを得ない やむなく〜する 快く 喜んだ 喜んで 喜んで〜して 喜んで〜する 嬉しい 進んで 熱心な 望んで

indeed の訳語→ 〜と云えるほどである なもんか! ありていにいって いかにも いな いやはや いやむしろ こそ ことに これこそ これはこれは じっさい じっさいに じつの話 すっかり そうか そうだ そうなったらそうなったで その言葉どおり そりゃそうだ それこそ できるとも とりあえず どうか どうせ どころか なにはあれ のだ ばかに ひいては まぎれもない まさしく まさしくそのとおり まさに また まったくのところ まったくもって もう ものだ やっぱり れっきとした 案の定 果たせるかな 覚悟 更にまた 思ったとおり 事実 甚だ 早い話が 打ち明けた話 兎も角 如何にも

instead の訳語→ 〜どころか はなくて よりも あきらめる さしおいて しかたないから そこで そこで、そのかわりに そのかわり そのかわりに それは思いとどまって そんなことより ただ だが では ところが ところがなんと ところがなんとしたことか ひとりでに 案に相違して 以外に 意に反して 思い直して 直す

more の訳語→ 〜に近い あと あまり あらためて あんまり いくぶん いくらか いちだんと いつもより いまひとたびの いまより いまよりもずっと いよいよ増す いわば おおいに おかわり くだくだしく ぐっと けっこう この先 すぎる ずっと それを上回る それ以上に それ以上余計な ぞくぞく たくさん どちらかというと ならず はっきりした ばかり ひときわ丁寧に ひとしお ほかに ほかにも まして ますます またしても またまた まだしも まだまだ もう少し もっともっと もっと重要な意味がある もっと多い よけい よっぽどいい よほど 以上 以上に 以上のこと 以上のもの 強い 向上させる 少しは 尚更 精々 前よりは 前よりも 増す 増加 足す 多い 大きく 大なり 超す 特別に

mostly の訳語→ おおかたの おおむね おもで おもに くらいだ たいがい だいたいにおいて どうしても ほとんどの場合 ろくに 概して 全体的には 要するに

only の訳語→ 〜ぐらいなもの しかない ですむことである にすぎない の域を脱していない をどうにもできない 以外立入禁止 あくまでも あとはただ〜 いつも決まって かえって〜する かぎる かりにも きり こそなれ さもなければ〜もせぬ しょせん じゃなきゃあ すくなくとも せめて そこそこしか たかが たたでさえ ただ〜である ただし ただの〜 ただもう たった だけだ だけは ちょっと〜しただけ でしかない でならない とどめる なにぶんの には のみ はじめて はじめての はやい ひとえに ひとつしか ほかない ほかに〜はない まぎれもなく まだほんの まだやっと まったくの までだ むろん もとより ものの やっと ようやく わずか 一心で 何でもない 何とか 何のことはない 限らず 弱冠 初めて 辛うじて 専用 他にはない 当然 畢竟 変りはない 無二の 目標を限り 唯一 唯一の ...

possibly の訳語→ 〜ことにもなりかねない であろう の可能性もある ありえますね おそらくは ことによると できるだけ ときには ひょっとして まあね もしかしたら もしかすると 案外 案外〜かもしれない 可能性がある 気になる 考えられぬではないか 考えられるのは 百歩ゆずっても

quite の訳語→ いっこうに いとも うまく うんと えらい えらく かなりの かなり手きびしく がらりと きれいさっぱり きわめて この上なく ごく ごくごく さっぱり しかと しかとは じつに驚くべき すぐ すこぶる すごく すばらしい たいした だいぶ だた ちっとも ちょっとした とっくの とんだ どうにも なかなかの なんとも言えなく はっきりとは ひしひしと ひとしきり ぴったり へべれけに ほとほと ほんとに ゆうに よくよく大した よほどの ナンバーワン 一向 何だか 完全な 完全に 顔負けの 結構 厳密に 充分 充分ある 十分 重々 少しも 少なからず 随分 全部 相当難儀な 多少は 大した 大分 別に 満ちる 妙に 明らかに 露ほども

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ いいかげん いっそ いっそ〜したい いつになく かわりに このさい さぞ すこし ずいぶん それはもう それよりか だったら つとめて ではなく というよりは ともすれば どことなく なくって なんて なんとはなしに はなはだ まずまずの めっきり やや ややともすると より正確には わざと わずかに わりあい わりに 依然 何の 感じの 気味 極めて 思いのほか 小さな 少々 少しばかり〜 頗る 心持ち 多少 避け

relatively の訳語→ くらべればまだしも 割に 比較的

so の訳語→ 〜たっぷり あたり あまりに あまりにも〜 あれほど いたって ええと、つまり おかげで かくなるうえは、というわけで かくも こう こうしていれば こうすれば ことほどさように これほど こんなにも さて さてと しかたがないから しごく じつに じゃあ すると そう そうすりゃ そこまで そしたら そっくり それくらい それで それなりの それを思えば そんなわけで たいそう だからね だけど だのに てなわけで でしょ ということは というわけで とっても となると とまあ、こういう次第で どうだ どうだろう なら なんとも ひときわ ふん むやみに もどき ものすごい ものすごく やけに やたら やたらに やまない ように よし、これでよい 異様に 一心に 何て 何分にも 恐ろしく 極端に 極度に 結局 見本 思いきり 人一倍 甚しい 世にも 絶えず 大いに 大幅に 当然ながら 年来 猛烈な ...

somehow の訳語→ 〜だが でまた ある意味で いずれは〜だろう いつかは いつのまにか そしてなんとなく それでいて それとなく たまたま つくづく とかく とにもかくにも ともすると どういうものか どういう方法でか どうかこうか どうしてか どうしてかはわからんけど どうしてだか どうにかこうにか どこか どこかで どこからか どことはなしに どこをどう迷ったものか なぜか なにかの折に なんとかして なんらかのかたちで なんらかの形で なんらかの手段で なんらかの方法で ひょっとしたら 何か 何かしら 何かの拍子で 何がなし 何らかの 奇妙に 気がついたときには 懸命に 心なしか 多少なりとも 必死で 不思議に

somewhat の訳語→ 〜なところもある いくらかでも うっすらと こころもち たいして ちょっぴり なにやら まずまず 一部は 幾分の 高度に 若干 少々〜なところがある 勢いで

そのほかの「むし」で始まる語句・表現

むしあつい むしずの走る むしばむ むしゃくしゃ むしゃくしゃしてくる むしゃくしゃしながら むしゃぶりつく むしゃむしゃ食ってやる むしょうに むしょうになつかしい むしょうに飲みたい気持 むしりとる むしり取る むしる むしるようにはずす むし暑い むし返す


ツイート