× Q 翻訳訳語辞典
appearance   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
なりふり
   
be careless of one’s appearance: なりふりをかまわない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 190
ようす
   
give one a rakish and dishevelled appearance: 向こうみずなとりみだしたようすに見える ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 166

印象
   
the most cheerful and well-behaved appearance: なるたけ明るく柔和な印象を与える 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 384
外観
   
take some care over one’s appearance: なかなか外観を重んじる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 155
strongly resemble sb in appearance: 外観が(人に)よく似ている デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 411
some people’s appearance is at war with their self-image: 人によっては、自分自身のイメージと外観がまるでずれていることがある イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 107
imposing appearance: みごとな外観 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 161
格好
   
with such an unsavory appearance: そんなだらしない格好を人目にさらしたら ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 413
恰好
   
for appearance’s sake: 恰好をつけるために 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 126
   
attention to one’s own appearance: 顔の手入れ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 13
<例文なし> 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 60
顔かたち
   
a gentle accent which seems molded exactly to his appearance: といっても、顔かたちを見て初めてそれとわかるていどのなまりだ マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 11
顔貌
   
appearance and language: 顔貌といいしゃべり方といい ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 33
気配
   
a prevalent tendency towards an appearance of vegetating unwillingly: 何かいやいやながら伸びたとても言いたいような気配がありありと見てとれる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 202
建前
   
maintain diligently the appearance of ...: あくまでも〜という建前を崩さない カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 130
<例文なし> 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 17
見かけ
   
nimble than one’s appearance might suggest: 見かけよりも敏捷なのだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 250
appearances deceive: 見かけではわからないものだ オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 219
見せかけ
   
that is for appearances: それは見せかけだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 349
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 33
見てくれ
   
see an improvement in sb’s appearance: (人の)見てくれをすっかり変える ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 231
be more serviceable than one’s appearance suggested: 見てくれ以上にはける代物だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 395
姿を現す
   
make lots of public appearances: 精力的に公衆の前に姿を現す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 390
姿形
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 222
   
give rather the merry appearance of ...: むしろ嬉々とした趣が見える 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 86
出勤
   
sb’s first appearance: 初出勤 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 73
出向く
   
make the necessary phone calls or court appearances: 必要なら電話をかけ裁判所にも出向く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
状況
   
a very unlikely appearance: 見るからに怪しい状況 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 170
身だしなみ
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
身なり
   
unkempt appearance: かまわぬ身なり ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 179
   
giving the appearance that ...: まるで〜している図である コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 33
体裁をとる
   
one’s liking for an appearance of consensus: 全員一致の体裁をとりたがること 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 164
態度
   
keep a meek appearance and a steady pace: 神妙な態度と一定の歩調で進む ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 199
同席
   
want sb to put in an appearance at ...: 〜に(人を)同席させたい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 213
舞台を踏む
   
one’s first really professional appearance: 初めてプロの舞台を踏む ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 158
風体
   
At least nobody could complain about my appearance: それはともかく、誰ひとり私の風体に文句をつける者はいなかった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 10
風体風貌
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 228
風貌
   
be good-natured in appearance: 人の好さそうな風貌をそなえている アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 259
a patently British appearance: 見るからにイギリス人の風貌 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 259
容姿
   
sb of uninspirational appearance: ぱっとしない容姿の(人) アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 279
容貌
   
lose all interest in one’s appearance: 身だしなみを、容貌を整えようとする気力を失う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 277
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 55
容貌風姿
   
have quickened sb’s appreciation of the personal appearance of other people: 他人の容貌風姿にたいする(人の)鑑識眼はだいぶ肥えた ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 112
様のもの
   
the appearance of a manuscript: 原稿様のもの 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 138

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

some appearance of sb: 面影
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 49
put in appearance: 姿を現わす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 285
overall appearance: 感じ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 86
one’s seedy appearance: (人の)みすぼらしさ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 197
one’s joint appearance: そろって顔出しする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 146
one’s appearances: 出勤する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
one’s appearance: 器量
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 185
one’s appearance: 容貌
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 148
make one’s appearance: お出まし
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 452
keep up appearances: 平静を保つ
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 40
general appearance: 全体のたたずまい
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 287
contrary to appearances: 風采こそパッとしなかったが
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 164
appearances of things: 物象
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 166
age and appearance: 年格好
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 63
with an appearance of showering generosity, forbearance, and good-will: ある限りのおうような、寛大な、そして上機嫌な言葉を雨のように投げかけてくる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 268
totally indifferent to one’s personal appearance: 辺幅を飾らない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 169
to all outward appearance: どう見ても
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 46
to all appearances in the best of health: 外見丈夫そうな
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 22
there is nothing in either sb’s appearance or manner to indicate that sb did ...: (人の)様子には〜したことをうかがわせるそぶりはまったく見られない
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 67
there is constant emphasis on appearance: たえず外見を重んじる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 40
the appearance of a newborn king: 生まれたばかりの王さま
tend one’s outward appearance: 外見をつくろう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 118
take on a slovenly neglected appearance: だらしなく乱雑になる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 67
take great care over one’s appearance: 大層着飾っている
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 182
see through outward appearances to the heart of things: (人の)目が事象の背後を透視し、その本質を見ぬく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 168
sb’s appearance on the mound: (人が)マウンドに登る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 221
sb’s appearance is sleek and elusive: 総体がしなやかで、とらえどころのない印象だ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 40
put in appearances at ...: 〜に顔を見せる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 167
put an amazing amount of stock in one’s physical appearance: 案外と外見を気にするものだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
puff out one’s chest with an appearance of some little pride: いささか得意そうに胸をはる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 53
puff out one’s chest with an appearance of some little pride: すこしばかり得意そうに胸を張る
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 53
public appearances with sb: (人と)一緒にいるところを目撃される
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 230
one’s appearance at the door: (人が)ドアを開けると
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 376
of rather ordinary appearance: 見かけは平凡な
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 33
make one’s own appearance grander: 気をもたせておいて本人が登場する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
make one’s first appearance at ...: はじめて、(場所に)行く
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 9
make one’s appearance out of ...: 〜から姿を現わす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
make one’s appearance again: 戻ってくる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 159
in the dim light it gives off an appearance of antiquity: 暗い明かりの中で見ると、立派な骨董品だ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 477
if sb could forget appearances: 自分のきどった体裁を構わなかったら
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 46
have outward appearances of ...: 〜に変身する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 14
give the appearance of ...: 〜と思われる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 100
give sb the appearance of ...: 〜ように見える
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 126
excuse the appearance of the place: ちらかっててすまんがね
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 283
every appearance of ...: いかにも〜に
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 129
eager to avoid the appearance of ...: 〜と見られたくない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 284
be not prepared to endure the appearance of impertinence from sb: (人から)こんな無礼と思われることを言われてとうてい我慢ができない
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 82
affect the appearance of streets: 自然町並みが変わる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 121
one’s aggressive appearance is further enhanced by ...: 凄みのある外見をさらに強烈なものにする
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 11
the whole area has changed in appearance: あそこいらの様子がまるで違ってしまう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
have the appearance of skeletal giants with bushy heads of hair: さながら蓬髪の巨人の骸骨だ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 192
creating an impression of casual disregard for one’s appearance: 外見にこだわらない、気取らない感じだ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 81
sb’s character and appearance: (人の)人となり
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 21
sb’s appearance is deceiving: 見かけ倒しである
谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 41
be in no sense distinguished in appearance: 風采があがらない
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 81
an illusory appearance: 見る目をあざむく姿
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 208
insignificant appearance: パッとしない外見
モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 21
lend oneself sometimes to a scandalous appearance: 〜ででも時にはひどく悪辣な人間にされかねない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 102
be naive enough in a appearance: 憎気はない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 23
at odds with one’s jolly appearance: 快活そうな外見には似合わず
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 57
sb with the right kind of appearance: 見てくれのよい(人)
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 206
despite his appearance of stolidity: 鈍感な外見をしているが
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 36
ツイート