× Q 翻訳訳語辞典
manner   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うごき
   
sb’s attitude and manner tell their own story: この姿勢とうごきとを見れば十分だ ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 10
おももち
   
in a curiously formal but sincere manner: 妙にあらたまって真剣なおももちで グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 83
しぐさ
   
one’s manner has something coquettish about it: しぐさには媚がある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
たち
   
sb’s Scots is broad and sb’s manner excitable: スコットランド訛がきついうえに興奮し易いたちだ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 113
ところ
   
render in a manner desperate: 多少どうにでもなれというところか ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 69
ふう
   
in the manner of ...: 〜ふうに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
ふだんの礼儀正しさ
   
be more rambunctious than one’s manner suggests: ふだんの礼儀正しさからは想像もできない、手に負えなさ マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 201
ぶり
   
there is nothing to shock sb in the manner of his reference: 父親の話しぶりには、(人を)不安がらせるようなものは、何もない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 10
the manner in which the morning was developing: 朝から一日が思わぬ展開ぶりを見せる コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 70
まがい
   
baroque manner: バロックまがい 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 378
ものいい
   
have especially cultivated a calm, steady manner: わざとのようにゆるやかなものいいだ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 9
やりかた
   
an orderly manner: まともなやりかた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 305
やり方
   
be sacrificed in a cowardly, dastardly manner: 卑劣な、唾棄するべきやり方で生贄にされる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 48

スタイル
   
sb’s manner: (人の)スタイル ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 69

格好
   
in a ghostly manner in the dead of the night: まるで深夜の亡霊といった格好で ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 121
fold ... on one’s head in a manner hideous to behold: 見るも異様な格好に〜を頭に巻く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 156
起居振舞い
   
one’s manners are not refined: 起居振舞いの下卑た カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 58
挙止
   
authority in one’s manner: 挙止に滲みでる威厳 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 370
挙措
   
they saddled sb with a slow-mannered policeman: (人は)挙措の悠長な捜査官を相棒に押しつけられた ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 18
mildness of manner within a fighter’s frame: ボクサーのからだと挙措のやわらかさの組み合わせ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
be cautious in movement and manner: 挙措動作がおちついている フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 138
具合
   
a strange manner: なんとも妙な具合 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 45
口ぶり
   
overfamiliar manner: やけになれなれしい口ぶり ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 190
口調
   
in the professional manner that sb have taught one: (人の)仕こんだとおりの事務的な口調で ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 81
仕草
   
stamp one’s foot upon the ground in his boyish insolent manner: 子供っぽい不遜な仕草で足を床に踏みつける ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 222
in sb’s drunken manner: 酔っぱらいの仕草で ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 103
姿勢
   
sb’s attitude and manner tell their own story: その動きと姿勢を見れば、すべてがわかる ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 11
身ごなし
   
in the manner of ...: 〜そっくりの身ごなしである メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 233
身のこなし
   
sb’s gawky manner: (人の)ぎこちない身のこなし ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 83
人柄
   
sympathetic manner of sb: (人の)思いやりに充ちた人柄 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 364
態度
   
the restraint in sb’s manner disappears: (人の)態度からは抑制が拭ったように消える クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 355
smooth manners: 人あたりのいい態度 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
sb’s usual manner is of some hey-man hipster: (人の)いつもの態度は、「ヘイ、マン!」的ヒッピーのそれだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
sb’s brusqueness and bad manners: (人の)無礼な態度と物言い トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
one’s manner is low and unruffled: あまり気乗りのしない、どちらかといえば冷淡な態度 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
have the testy manners of a country solicitor: 田舎の事務弁護士を思わす気のみじかさが態度に見える ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
have an extremely arrogant manner: 極めて不遜な態度だ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 277
bedside manner: 患者に対する態度 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 242
be somewhat awed by sb’s manner: むしろ(人の)態度に畏縮する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81
a bland, insinuating manner: 世なれたものやわらかな態度 ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 116
調子
   
sb’s manner is casual: (人の)調子が軽い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 247
動き
   
sb’s attitude and manner tell their own story: そうした態度や動きですっかり想像がつく ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 9
範疇
   
fit that bill in an unmistakable manner: 間違いなくその範疇に収まる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
   
bedside manner: 見舞客風 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
風情
   
carry oneself in a dignified manner: 取り澄ました風情の(人) カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 280
物言い
   
have an abrupt manner which tends to make people nervous: つけつけした物言いで周りの者を神経質にする傾向がある セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 63
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 174
物腰
   
with one’s suave, matinee-idol manner: 洗練された二枚目風の物腰で女性に人気の高い プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
gentle in one’s manner: 温厚な物腰 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 67
雰囲気
   
austere manner: 禁欲的な雰囲気 ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 136
面持ち
   
depressed manner: 元気のない面持ち ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 230
様子
   
sb’s suspicious and withdrawn manner: 僻んだ(人の)眼や疑い深い(人の)様子 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 171
people of such age or manners: そのような年代の、そのような様子の人々 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 273
立居ふるまい
   
always have a sprightly manner: ふだんから立居ふるまいは活発だ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 97
流儀
   
sb’s classical manner: 昔からの流儀 トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 257
礼儀
   
there is such a thing as manners: 親しき仲にも礼儀ありって言葉があるんだぞ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
礼節
   
have the good manners not to do: 礼節をわきまえる〜は〜しなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 36
話しぶり
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 81

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb’s vacant manner: (人の)ぽかんとした顔
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
sb’s abnormal manner: ふだんの(人と)違う
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 61
one’s manner of wearing it: 着こなし
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 141
Mr. Grand Manner: あーら、お偉いお方
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 156
mind one’s manners: 行儀よくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
manner of dress: 着付け
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 16
lack manners: 不躾に
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 20
in cursory manner: 雑に
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 31
have easy-going manners: あくまで何気ない風をしている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 30
display cautious manners: 多少気がねをしている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 296
write all manner of things that sb doesn’t intend--: (人の)思いもよらんことばかり書く
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 27
with an easy smile that goes well with one’s relaxed manner: にこにこと気さくだ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 49
with a cringing manner: ぺこぺこしながら
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 111
what manner of man our guest is: 賓客の人となり
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 123
under the willed roughness of sb’s manner: いかにも豪放磊落をよそおっているが、その外皮の下には
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 25
try to deal with the present situation in rational manner: ここはひとつ冷静に対処しなくちゃなと思う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 124
there is nothing in either sb’s appearance or manner to indicate that sb did ...: (人の)様子には〜したことをうかがわせるそぶりはまったく見られない
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 67
the shop seems to be full of all manner of curious things: なんだか店じゅう妙てけれんなものずくめみたいだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 93
the shop seems to be full of all manner of curious things: 店はありとあらゆる奇妙な品々でいっぱいだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 102
the manner in which sb dress: 身だしなみ
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 23
talk in a very blunt and slipshod manner: けんもほろろのぞんざいな口をきく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 255
take a fancy of diverting oneself in a very singular Manner: これはまた、とほうもない遊びを思いつかれる
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 45
state sth in a grave, portentous manner: わざともったいぶって重々しく述べる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 15
speak to sb in a carefree manner: 気楽に話す
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 197
sketch the manner of ...: 〜をかいつまんで語る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 476
sit down in a flaunting manner on a stool: 得々として台に腰をおろす
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 116
settle in one’s stomach in a surprisingly benign manner: びっくりするほど穏やかに胃袋に収まる
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 186
sb’s manner was deliberately deadpan: (人は)つとめて無感動な態度を保つ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 255
sb’s manner seemed personable: 愛想がいい
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 196
sb’s manner is not effusive: (人は)そっけないほど感情を外にあらわさない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 10
sb’s manner is not effusive: (人は)まるでそっけない
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 11
sb’s manner is not effusive: (人は)感情を大げさに表にあらわす男でない
sb’s manner become formal: (人が)かたくなる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 161
say in a very sophisticated manner: ませた口調で言う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 331
say in a pleasantly informal manner: 思い切って遠慮のない事をいう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 86
reply to sb’s questions in one’s cut and dried manner: なんとなく事務的に答える、というかんじで言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 49
reply in a cheeky, grown-up manner: ませてこまっちゃくれて言う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 390
receive this invitation in one’s heartiest manner: この誘いを大乗り気で受ける
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 95
present in a systematic manner one’s own ideas: 練り上げた思想を系統的にまとめる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 66
one’s manner is alive and well: (人の)もてなしは心がこもっている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 334
lie in a very orderly manner: 行儀よく寝ている
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 23
it becomes in a manner of necessary: ある程度やむをえないことだ
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 58
in the most confidential manner: じつになれなれしそうに
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 132
in the manner of a thunderbolt: 稲妻と化して
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 341
in one’s normal manner one receive sb: 知らん顔で(人を)迎える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 197
in one’s jovial manner: 機嫌がいい
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 333
in exactly the manner sb have described: (人の)説明に忠実に従う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 265
in case of such cowardly manners: こんな往生際の悪い場面もあろうかと
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 130
in a trance-like manner: 憑かれたように
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 33
in a reasoned manner: いたって冷静に
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
in a most unchristian manner: 何とも罰当たりなことに
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 34
in a manner of speaking: いってみりゃ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 93
in a manner of an angler describing a prize fish: 釣った大物の自慢話をする太公望さながら
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 83
have the bad manners to ask sb sb’s business: (人に)さぐりを入れようとする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 216
have the bad manners to ...: 不料簡にも〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 51
have a wild, lost manner of ...: 時々気でも狂ったように〜する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 86
have a fragile manner: なよなよしている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 239
good manners of sb: (人への)仕つけが行きとどいている
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 260
go on as if one was to the manner born: どこのお家柄といったふりをしている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 156
demure manners and prim deportment: 地味な性質
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 260
demand in a manner unbecoming to a parent: 正しい親にはあるまじきことを言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 109
deliberately stretch oneself after the manner of a lazy dog: なまけイヌのようにゆうゆうと伸びをする
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 42
condemn sth in a blanket manner: (物を)頭から有害だと決めつける
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 122
bring the business to an end in such a dramatic manner: この恋愛に劇的な幕をおろす
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 121
best Celeste Holm manner: セレスト・ホームが演じる冗談好きの女性のように
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 31
beneath one’s quiet public manner: 人前ではおとなしいふりをしているが
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 49
behave in a very proper manner: 見たところ外見は、あくまでもお物堅い風体なり容貌なりだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 15
be treated in such an offhand manner by sb: (人から)そう不真面目に取り扱われる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 221
be haughty in manner: 昂然とかまえている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 195
all according to correct manners: 作法通りである
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 205
open and aboveboard manner: 正々堂々さ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 87
in a manner most unbecoming for one’s age: 年甲斐もなく
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
in an agreeable manner: よきように
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 348
And her manner when she appeared, seemed always willing and obedient: 返事をして出て来る奥さんの様子も甚だ素直であった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
appreciate the delicacy of manner: よいマナーに感じ入る
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 222
She always had a sprightly manner coy, girlish, arch: ふだんから立居ふるまいは活発で、小娘のように、はにかんでみせたり、ひょうきんにふるまったりする
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 97
gathering the heavy handkerchief under one’s arm in a serene manner: ずっしりと重いハンカチ包みを、静かに小わきにかいこむ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 325
arrange things in an agreeable manner: よきように取り計らう
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 348
the manner of sb, while it is secret, is authoritative too: こっそりと秘密を守っているようではあったが、同時に権威に満ちた様子でもある
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 306
beginning to be struck by sb’s manner: 初めて(人の)態度に気がついたものか
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 150
sb’s bullying, overbearing manner: 横暴で尊大な態度
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 32
sb’s collected and calm manner can not prevent one’s blood from running cold: 幾らそれが冷静な態度でやられていようと、聞く側の(人に)してみれば、思わず血まで凍りつくような思いを禁じえない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 13
carefree manner: 屈託のない様子
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 435
casually negligent manner: いい加減
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 40
a charm of manner: 魅力的な物腰
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 199
charming manner: 愛嬌にみちた態度
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 46
childish manner of sb’s speech: あどけない(人の)口ぶり
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 105
go on talking in a childish and garrulous manner: いとも無邪気そうにおしゃべりをつづける
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 72
sb’s rough manner and coarse speech: (人は)お行儀が悪く、言葉遣いもぞんざいだ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 107
arrogant and contemptuous manner: 傲慢不遜な態度
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 363
converse in that intently earnest manner: 真剣そのもののような態度で話しこむ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 61
cool, austere manner: 冷徹で禁欲的な雰囲気
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 136
copy one’s breezy manner: 真似をして快活にふるまう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 35
sb have a deceptive manner: (人の)見かけにはだまされないことだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 86
the very diffidence of sb’s manner: 一見控えめな言い方自体
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 20
be starting at sb in a most disagreeable manner: いやにじろじろ見る
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 41
shake one’s head in a dissatisfied manner: 納得がいかないというように首を振る
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 191
The drink settled in his stomach in a surprisingly benign manner: その薬はびっくりするほど穏やかに胃袋に収まった
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 186
an easy manner: 磊落な挙止
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 220
smile in a grim, embarrassed manner: 照れくさそうに硬い笑いを浮かべる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 400
be less tolerant than usual of sb’s facile manner: (人の)軽口にいつになく反感を覚える
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 87
with her quiet, firm manner: 彼女独特の静かな決然とした態度で
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 96extraordinary
ツイート