× Q 翻訳訳語辞典
tree   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
クリスマス・ツリー
   
the office tree: オフィスに立てられたクリスマス・ツリー フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 142
コート掛け
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
ツリー
   
decorate the pretty tree: 見事なツリーを用意する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 333

   
cower among trees: 樹間に立ちすくむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 291
樹木
   
a vigorous tree: たくましい樹木 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
   
top s of the trees: 梢の頂 ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 7
the soun touches the tops of the still trees: 陽光がパッと梢の頂をかすめる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 228
look up at the tree: 高い梢を見上げる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
A leaf fell slowly from a tree although there was no wind: 風もないのに梢からひらひらと葉が落ちる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 460
庭木
   
trees by the garden wall which have surviving the fire: 塀のそばの焼け残りの庭木 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 163
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
   
trees: 木立ち ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 334
the tree is a mass of yellow: 木がすっかり黄葉する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
the leafless trees: 葉の落ちた木々 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
rest on foot in the crotch of a tree: 片脚を木の股にかける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 251
plant a lovely tree for sb’s baby: 生まれた赤ちゃんを記念して木を植える タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 63
grow on the tree: 〜が木になる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 86
flap heavily down from one of the trees: バタバタという重い音をたててどこかの木の枝からとびおりる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 26
a tree without leaves: 葉の落ちた木 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
a fish in a tree: 木にのぼった魚 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
木立
   
pine trees: 松の木立 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 272
in the shadow of the trees: 小暗い木立のなかの 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 14
float through the afternoon on the raft in the tree: 木立に浮かぶ筏に乗って、午後の中を漂う カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 21
among the trees: 木立のあいだに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 56
立木
   
nearby tree: そばの立木 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 128

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

trees: 並木
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 147
tree trunk: 丸太
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
towering tree: 大木
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 199
through the trees: 樹間を抜けて
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 123
through the trees: 木の間がくれに
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 136
the pine trees: 松林
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 430
small trees: 灌木
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 34
large stout tree: 大木
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 318
growth of trees and shrubbery: 雑木
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 313
avenue lined with trees: 並木道
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 53
among the trees: 森の中
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 103
veer toward the trees: 木立にむかって突進する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
the rustle of trees: 木の葉がさらさらと揺れる音
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 543
the new green in the trees and grass: 草木の緑が芽ぶく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
the light summer wind stirs amidst the trees of garden: かすかな夏の風が庭の木立を吹きぬける
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 9
sb is about as superstitious as a tree-stump: 迷信などこれっぽっちも信じない(人)
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
reach an opening in the trees: ふいに木立がひらける
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 120
make one’s usual effort to catch sb by hiding behind a tree: (人を)とらえようと秘密捜査をつづける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
huge pieces of wood, full trees: 枝のついたままの大きな樹が何本も
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 208
drop off trees into somebody’s lap: 棚ぼた式に転がり込んでくる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 67
don’t grow on trees: そんじょそこらにごろごろしているものじゃない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 116
do not grow on trees: そんじょそこらに転がってるわけじゃあない
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 47
come out of the bushes and trees and hills: 全国津々浦々から押しかける
can go climb trees for all sb care: (人が)どれだけ心配したって、やりたいことはやる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 122
be going out of one’s tree: 頭がおかしくなっちゃう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 292
be barking up the wrong tree: 大きな見当はずれだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 24
be a noble tree: 樹容が端麗だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 40
the tree have grown strong with age: 老いの力こぶのはいった太い幹
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 6
an odd sea-sound amid the tree trunks: 木の幹にこだまして奇妙にひびく潮騒の音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
an ancient tree: 1本の老樹
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 116
from behind a tree: 木のかげから
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 65
a tree in the full blast of the wind: いっぱいに風に吹かれている木
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 95
blow through luscious palm tree: 椰子の木を気だるく揺らす
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 133
the lower branches of one’s family tree: (人の)系統樹の根っこに近い枝
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 115
a bushy osmanthus tree: こんもりした木犀
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
changingly speckled by the rustle of the plane-tree: スズカケの梢が風に動く、ちょうどその葉影が落ちるようになっている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 167
charm sb off the tree: 口車にのせてひっぱりだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 144
an enormous camphor tree: すごく大きな楠
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 207
trace through family trees: 家系を通じて伝わる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
find oneself in the shade of tree: いつのまにか木陰に入っている
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 9
Chieko discovered the violets flowering on the trunk of the old maple tree: もみじの古木の幹に、すみれの花がひらいたのを、千重子は見つけた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 5
at the foot of the tall camphor tree: 大きな楠の根もと
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 189
tree-farm funds: 樹木育成場基金
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 224
the gingko tree loses its leaves: 銀杏が散る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20
glide down between the tree trunks: 木の幹の間をぬう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 126
hang like monstrous tree: あやしき樹木のようにつっ立っている
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 130
haul oneself into the tree: 樹によじ登る
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 38
hoist oneself into the tree: 樹によじ登る
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 53
a huge camphor tree: 楠の大木
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 187
moonlight ignites the tree: 月光がムクロジの木を皎々と照らしている
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 81
a well kept tree: 手入れの行き届いた木
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 81
beneath the leafy canopy of the tree: 天蓋のようなこんもりとした樹葉の下に
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 10
a tree line: 並木
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 25
blow through luscious palm tree: 椰子の木をけだるく揺らす
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 133
old maple tree: もみじの古木
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 5
middle-aged matronly maple tree: かなり樹齢を経た見事なカエデ
a shade-tree mechanic: 機械いじりが得意だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
narrowly miss a tree: 一本の木を辛くもかわす
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 30
a monstrous tree: 大木
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 120
rest by the Tumtum tree: 憩いたるはボロロン樹の蔭
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 30
rest by the Tumtum tree: たどりついたはタムタムの木陰
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 28
shrivelled tree of Liberty: もはや枯れしなびた自由の木
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 121
be sitting on a bough of a tree: 木の枝の上に、うずくまってる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 88
the slippery smooth bark of a tree: すべすべした樹の幹
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 20
a tree spreads its branches into the night: 木が夜陰のうちに枝を張る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
tall camphor tree: 大きな楠
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 189
Then I came to an enormous camphor tree: そのうちに、すごく大きな楠の下にきました
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 207
sit under the plane-tree together: スズカケの木蔭に並んで立っている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 7
tree-top:林の上
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
ツイート