× Q 翻訳類語辞典

また  

あわせて かつ かてて加えて そのうえ 他に 併せて 其れに 剰え 加えて 合せて 合わせて 外に 尚且つ 糅てて加えて

さらに ふたたび またしても またぞろ またまた また候 二度 亦ぞろ 再び 又々 又しても 又ぞろ 又も 又もや 又候 又又 復々 復復 改めて 重ねて

again の訳語→ 〜にも をとりもどす あらためて いまいちど いまさら いまふたたび かなり ここでも こりずに さっきと同じように さっきも言ったとおり その後 それっきり つぐ なお なおる のみならず ぼちぼち また〜か また〜なおす またか またも またもや また元の もう もういっぺん もうひと口 もうひと声 もう一度 もとどおり もと通り もどる やっぱり やはり ようやくまた よく よみがえる 以前に変らぬ 一方に 何度も 久しぶりに 繰り返し 繰り返す 元の〜に返る 元通り 後は 今度は 今日はまた 次の 性懲りもなく 昔どおり 前と同じで 前のように 前回同様 蘇る 相変わらず 二度と 二度目 返る 戻って 例によって

also の訳語→ だって いずれにしても おまけに かたわら これに加えて これまた これも さらには しかも そのかわりに その上 それから それだけに それとも それと同時に それに それにね それに加えて それに付け足して ついでに ついに とも ならびに ほかに まで もうひとつ もう一つ もちろん 一緒 同じく 同じように 同時に 反面

always の訳語→ 〜が多い しては〜する するものだ ものだ いくらでも いっときも〜ない いつだって いつの時代も いつまでたっても いつも いつもどおり いつもの いつものことながら いままで おおかたの場合 かねがね かねてから かねてより きっと きまって このあいだから これまでの通例 しじゅう しようものならたちまち ずっと ずっと前から そのたびに たいていなんでも たびたび だれにとっても つい つねに とにかく どうしても どこへ行っても どんなときでも どんな場合にも なんぴとたりとも ふだんは 何かと言うと 何時もの 暇さえあれば 確かに 確実に 完全に 慣れた 間違いなく 閑さえあると 決って 決まって 見るたびに 口ぐせのように 口癖のように 最初から 残されて 四六時中 始終 時を追って 実に 実によく〜する 終始 常々 常である 常に 常日頃 寝る間も惜しんで 甚だ 世の常として 昔から 昔から〜と言われている 絶えず 絶えない 絶対に 前々から 前から 相変らず 多い 日ごろ 年じゅう 肌身離さず 必ず 必ずしも 不変の 普段から 平生から 変りなく 忘れずに〜する 毎度 毎度のこと 例外なく 連続だ ...

another の訳語→ 〜のひとつ あたらしい あたらしい顔ぶれ あと あらたな いまひとつ いままた おかわり おつぎ お代わり かつての このさき この次 この上 これでまた これ以上 これ以上の こんども それ以上の ただの つぎ つぎの どこか他の ひとつ ひらの べつの ほかの また〜のお出ましか またがらりと またひとり また今日という まだほかにも もある もういっぱい もう一発 もう一本 もっと もはや よその よその男 違う 一方で 今度の 似たような 新しい 新たな 新たに 新らしい 前の 相も変わらぬ 相手の 他の 代りの 代理の 同士 二の舞 二人めの 別な 別の 変える 予備の 隣りの

as の訳語→ 〜ところで うちに ころになって ざま し、〜する しかたに似ている したちょうどそのとき したところ した瞬間 して している前で するあいだ するうち するうちに するたびに するなかを するなり するにつれ するほど する間に する直前 だが という理由で ところだった とともに と同時に ながら ながらの にさも似たりだ に似た に劣らず のころ のなか のように の頃 を勤めながら 然として 通り 流に 流に〜すれば せいで えてして おいて おなじだ おなじように かけ かぶって からね こう こと ころ さえ さながら ざまに しな そのあいだに そのあと その拍子に そばから そんなところへ たびに だと言う つれて でもあるかのように といった名で ときに として としての立場から言えば とたん とまあ、見てのとおり と言って どおり どおりだったから なんて にも のに はずみに ひけをとらぬ ひどく まさしく〜ごとく まさに まま ように らしい 何分にも 具合に 従えば 瞬間 折しも 前で 態度で 代わりとして 直後に 途中 同じ 如く 拍子に 標榜する 負けず劣らず 並み 並みの 変わらない 例にもれず

back の訳語→ 〜しなおる あおむけ あがる あちら あとずさりする あとについて うしろ うしろに うしろの座席 うしろへ こっちを すむ そちらへ行く のけ反らせて ひるませる ふたたび〜する ぶりかえす むこう もとどおりに よす ハラ バックする 一票を投じる 引き 引きさがる 引き返す 奥まった 応える 応援する 押しとどめる 下げる 荷台 帰った 帰る 仰向 肩を持つ 肩入れする 後ずさり 後ろ 後ろで 後ろに 後ろ向きに歩く 後ろ盾 後退 後退する 後部の荷物用スペース 後部座席 後方 後方で 好む 甲羅 根底 止まる 上げる 振り返る 折れてくれる 相手にする 追いつめる 逃げ帰る 納まる 背もたれ 背筋 背後 背後から 背後姿 背中 背中側 反対側に 復活 舞いもどる 返す 戻す 戻る 来る 落ち込み 裏口 裏口の 裏手 裏手の庭 離れた 離れていく 力になる

further の訳語→ 〜より先 あおる あくまでも いずれ おもいきり さらなる そしてもうひとつ それ以上 ともに なおも ほかの点で ますます また新しい もうこれ以上 もうひとつの もうひとつの〜は もっとどんどん よけい 強く 駆られる 重ねる 助長させる 乗る 新たに持ち上がった 前途の 追って 念入りに 物足りるまで 補足 補足する 輪をかけた

indeed の訳語→ 〜と云えるほどである なもんか! ありていにいって いかにも いな いや いやはや いやむしろ かえって こそ ことに これこそ これはこれは じっさい じっさいに じつの話 すっかり そうか そうだ そうなったらそうなったで その言葉どおり そりゃそうだ それこそ それどころか たしかに ちゃんと できるとも というより とりあえず どうか どうせ どころか なにはあれ なるほど のだ ばかに ひいては ほとんど まぎれもない まさしく まさしくそのとおり まったくのところ まったくもって まるで むしろ もっとも れっきとした 案の定 果たせるかな 覚悟 却って 更にまた 思ったとおり 事実 実は 実をいうと 早い話が 打ち明けた話 第一 兎も角 如何にも 文字どおり

more の訳語→ 〜に近い あまり あんまり いくぶん いくらか いささか いちだんと いっそう いつもより いまひとたびの いまより いまよりもずっと いよいよ いよいよ増す いわば おおいに くだくだしく ぐっと けっこう この先 すぎる それを上回る それ以上に それ以上余計な ぞくぞく たくさん どちらかというと ならず はっきりした ばかり ひときわ丁寧に ひとしお ほかにも まして まだ まだしも まだまだ もう少し もっともっと もっと重要な意味がある もっと多い よくよく よっぽどいい よほど 以上 以上に 以上のこと 以上のもの 強い 向上させる 少し 少しは 尚更 精々 前よりは 前よりも 増す 増加 足す 大きく 大なり 超す 特別に

plus の訳語→ 〜を添えて いい兆候 そのほか プラスの

pretty の訳語→ いい いたって いやに うまく えらく かなりの きれいな ごく さぞかし しゃれた じっと すこぶる すごい すごく ずいぶん ずっぽり だいぶ ちょっと ちょっとした なかなか なかなかの のんびり はるかに ぴりっと ほんとうに まず まったく まんまと わりかし ハンサム 愛くるしい 愛敬がないでもない 確かに〜には違いない 楽しい 器量よし 極端に 結構 見事な 思し召し 食えん 身辺の 全く 相当 相当に 大いに 大体は 大分 余興

resume の訳語→ いう さっきのつづきだ ふたたびはじめる また〜する また〜やる またぞろ〜する またつづける 甘んじる 言葉をつぐ 先を続ける 話の先をつづける 話をつなぐ 話を続ける

same の訳語→ ああ あいかわらず あのおなじみの いつもどおりの いつも変らぬ おなじ おなじような かえない かわらない きまっている くずさず ここみたいに この すなわち そう そういったたぐいの そっくり その そのまま ちょうどその ひとつの ほかならぬこの わけへだてなく 異なるところがない 一つ 一つの 一貫性 一緒に 一緒の 一様に 共通している 共通な 決まった 決めて 似たり寄ったり 終日かわらぬ 昔どおりの 前と同じような 相変わらずの 揃って 代わりばえがしない 同じような 同一 判で捺したように変わりばえしない 変りはない 変わらぬ 変わりがない 例の

so の訳語→ 〜たっぷり あたり あまりに あまりにも〜 あれほど いとも ええと、つまり おかげで およそ かくなるうえは、というわけで かくも こうしていれば こうすれば ことほどさように これほど こんなにも さて さてと しかたがないから しごく じつに じゃあ すると そうすりゃ そこで そこまで そしたら そのもの そりゃ それくらい それで それなりの それを思えば そんなわけで たいそう だから だからね だけど だのに てなわけで でしょ ということは というわけで とっても となると とまあ、こういう次第で どうだ どうだろう なら なんとも はなはだ ひときわ ふん ほとほと むやみに もどき ものすごい ものすごく やけに やたら やたらに やっと やまない よし、これでよい 異様に 一心に 何て 恐ろしく 極度に 結局 見本 思いきり 心から 人一倍 甚しい 世にも 大幅に 当然ながら 年来 本当に 猛烈な ...

then の訳語→ 〜が、 が、たちまち〜 してから あとから あとは あのころ ある日のこと が、それもつかのま けれども ここにおいて この際 これでも こんどは しかし しかるのち しばらくすると じゃ すぐ すぐまた そういっていただくと そうこうするうち そうしておいて そうすれば そこまでいって そして そしてほどなく そのあとは そのうち そのうちにまた そのときになって その頃 その場合 それ それから先は それが済むと それでいて それでは一つ それなのに それを聞くと そんなら だったら だとすれば ついで つぎの瞬間 つづけて と、そこで ところが、そのうちに ところがつづけて ところがどうだ とすると とすれば と言う傍から と思ううちに と思うと にもかかわらず ほどなく もうあとは もしそうだったら やおら やがて ややあって ようやく よしよし 一瞬、間をおいて 間もなく 急に 結局は 最後に 思いなおしたように 思うと 次には 次の瞬間 次の瞬間には 少したってみると 続いて 遅まきながら、やっと 突然 二度目は 年月が流れ ...

too の訳語→ 〜ない程度に あまりといえば あまりにも あまりにも〜すぎる あまりにも〜すぎる順調な あんな〜 あんなに あんまり〜すぎる いちいち いやというほど おそろしく かえすがえすも すぎたる そういえば それも そんなに たいして たまらない たまらん ため だいぶ〜 とても ばか〜だ もったいないくらい よっぽど 越した 根っからの 大きい 値しない 必要以上に 余計

while の訳語→ 〜しながら しながらも するあまり する横で する間にも すれば て、実は とはいえ のあいだに 癖に あいだ これに反して しつつ しばらく すきに そのひまに その席で でも ところへ ともかく なかに にしても ひきかえ ひとしきり 一方 引きかえて 間に 最中に 手間 瞬間を 続けられる間に 他方 当座 当分

そのほかの「また」で始まる語句・表現

またあとを またいで またいとこ またがる またぎ またぎ越える またぐ またしても またぞろ またぞろむし返す またぞろもちだす またたかぬ またたきもせぬ またたく またたく間に またとない またとない貴重な またとなく またの名を またの日 または またまた また別の また攻撃を加える また火をつける また続ける また訪ねて来る


ツイート