× Q  ?  翻訳訳語辞典
spell
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
まじない
   
cast spells: まじないをかける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 425

イカれた
   
you must have really be under her spell: あの女にはよくよくイカれたもんだな クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 556

影響する
   
spell for sb: (人の)運命に影響する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
季節
   
cold spells: 寒い季節 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 57
指している
   
spell sb: (人を)指している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
時期
   
went through a rough spell: ひどい時期があった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 127
呪い
   
undo the wicked spell: (人を)縛めている邪悪な呪いを解いてさしあげる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 71
綴り
   
how lousy one’s spelling is: 綴りをめちゃくちゃにまちがう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb’s hungry spell: (人が)腹ぺこになる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 7
it spells ...: それがつまり〜ってやつだ ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 130
under the spell of sb’s enthusiasm and sb’s willingness: (人の)熱狂ぶりと(人の)やる気に魅せられてしまうと ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 114
under sb’s spell despite oneself: 思わず釣られて 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 176
the dry spell is over: ツキに見放されていた時期は終わる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 111
spell unhappiness in love: 男にうとんじられる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 123
spell sth out to oneself: 〜を〜なりに理解する アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 37
one’s own time in ... be a chain of aimless spells: (場所)での時間をただとりとめなく過ごしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 43
laugh loudly for a brief spell: ひとしきり笑ってみせる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 229
haven’t seen sb for a spell: 久しぶりじゃねえか カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
had been having such a buoyant spell doing ...: 〜して、かなり浮き浮きしていた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
be having dry spell: ツキのない時期 ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 106
be entirely under sb’s spell: 完全に(人に)のまれてしまう ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 290
a spell with ...: 〜に短期間籍をおく ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 238
a spell of weather unusually hot for ...: (場所)にしては珍しく酷暑の日が続く 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 249
tears break the spell: 涙が堰を切る 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 211
spell Guilty with a capital G: でかい文字で“有罪”と決めつける ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 249
spell ... with perfect correctness: 綴りの方は、一字の間違いもなく伝える ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 320
"Friend, I haven't seen you for a spell": 「親友、久しぶりじゃねえか」 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
be pulled in by the spell of sb: (人の)魔力に魅入られて来る 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 62
sit a spell: すわってひと休みする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 11
翻訳訳語辞典で経済金融・証券会計訳語辞典も引ける広告なしの Pro版発売中!
ツイート