× Q 翻訳訳語辞典
enthusiasm
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
いきおいこむ
   
all enthusiasm: いきおいこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 321
うれしいそぶり
   
without any particular enthusiasm: 格別うれしいそぶりも見せず クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
はしゃぎぶり
   
half embarrassed by one’s own enthusiasm: 自分のはしゃぎぶりにいささか戸惑った顔で バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 67
はりきっている
   
not with cold but enthusiasm: 寒いからではなくて、はりきっているからだ カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 218
よろこびよう
   
sb’s enthusiasm for ...: 〜にたいする(人の)よろこびよう ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 376

意気込み
   
despite the expectation and enthusiasm: 期待と意気込みとはべつに クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
喜び
   
happy to share one’s enthusiasm: その喜びを他人と分かち合う心の寛大さも備えている メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 25
childish enthusiasm: 無邪気な喜び 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 155
胸をときめかせる
   
Not everyone shared his enthusiasm: 誰もがフォーペルのように胸をときめかせていたわけではなかった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 351
興奮
   
all jittery enthusiasm: いまだ興奮さめやらぬ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 29
興味
   
<例文なし> べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 181
   
run out of enthusiasm: 根が尽きる メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 69
士気
   
invoking the Director’s authority might reduce sb’s enthusiasm: 部長の権威をもちだせば、士気は低下するだろう フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 155
上機嫌
   
with even more enthusiasm: ますます上機嫌で 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 59
乗り気
   
with no enthusiasm: あまり乗り気でもなさそうに アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 49
親しみのこもった
   
with no particular enthusiasm: あまり親しみのこもった〜でなく アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 169
騒ぐ
   
pretend with exaggerated enthusiasm just to have discovered the fact: たったいま気づいたみたいに大げさに騒いで見せる 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 59
張り切りよう
   
Her enthusiasm surprised all of them: 彼女の張り切りようは、だれにも意外だった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 115
熱の入れようがすさまじい
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 350
熱意
   
one’s voice a little shaky with a combination of stage fright and enthusiasm: 声は場おくれと熱意の相半ばした気持で慄える カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 31
evince huge enthusiasm for ...: 〜に多大の熱意をしめす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
熱気
   
the Superintendent urged, with the sudden enthusiasm of the sportsman: 主任警視はにわかにスポーツマンの熱気をこめていった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 127
熱狂
   
speak with bittersweet enthusiasm: 熱狂的な言葉の裏に何か吹っ切れないものがある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 189
熱心な
   
sb’s odd tone of enthusiasm: (人の)異様に熱心な口調 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
熱中ぶり
   
sb’s fresh enthusiasms: いきいきした熱中ぶり ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 339
評価
   
enthusiasm for sb: (人の)評価 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 214
   
with enthusiasm: 力をこめて サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 15

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with zero enthusiasm: まったく感情をあらわさずに
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 414
with enthusiasm: 思い入れたっぷり
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 5
with enthusiasm: 勢い込んで
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
say, all enthusiasm: いきおいこむ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 225
rise one’s enthusiasm: 興味がある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 116
overabundance of enthusiasm: 熱心に応援しようとするあまり
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
if not enthusiasm: 喜んでとまではいかないが
hysterical enthusiasm: 素っ頓狂な声
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 218
with a good deal of innocent enthusiasm: 単純に素朴にかつ熱烈に
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 192
there is great enthusiasm over the new theories of sth: (物事についての)新しい理論が花ざかりである
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 81
speak with unbridled enthusiasm-and at length: 実に熱っぽく、滔滔と語る
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 257
speak with ready enthusiasm: 即座にそう答えてのけた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 37
one’s voice brimming with enthusiasm: 浮き浮きしているのが、声の調子で判る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 207
never has a pickax been taken up with more enthusiasm: これほど張り切ってツルハシをふるったことはいまだかつてない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 60
in the enthusiasm of one’s youth: 若気の至りで
モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 14
have little enthusiasm for ...: あまり気が進まない
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 91
go to ... full of enthusiasm: よろこび勇んで(場所に)赴く
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 66
give in to sb’s enthusiasm: しつこくせがむ(人に)折れるほかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
for all one’s lack of enthusiasm for ...: 〜にはどちらかといえば反感をもっておりました
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 46
do not show any signs of enthusiasm: 気乗薄の体である
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 27
dampen any enthusiasm for sth: 〜に対する気勢を殺ぐ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 153
be hailed with enthusiasm: 大歓迎を受ける
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 319
be full of enthusiasm: 大乗り気だ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 322
ask a question with some enthusiasm: 勢い込んで質問する
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 36
Mr Entwhistle assented, though with no enthusiasm: エントウイッスル氏はあまり乗り気でもなさそうにうなずいた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 49
leave sb unable to entertain a single new enthusiasm: どんな新しい物にもいっさい好奇心を抱くことのできない
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 162
'Not his brother, was it?' he asked gaily, all enthusiasm: 「弟じゃないだろうね」彼はせいぜいにこやかに、いきおいこんできいた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 321
stay immune to the national enthusiasm for food: 国民の食べ物に対する熱意に無関心でいる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 311
sb’s enthusiasm is infectious: (人の)熱意が通じる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 90
"Lovely," she said with enthusiasm: 「すてき」と、彼女は力をこめて言った
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 15
The American enthusiasm for Enderby's appointment had been overwhelming: エンダビーの就任にたいするアメリカ側のよろこびようが、並大抵のものではなかったのだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 376
share sb’s enthusiasm: (人の)言葉に相槌を打つ
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 45
under the spell of sb’s enthusiasm and sb’s willingness: (人の)熱狂ぶりと(人の)やる気に魅せられてしまうと
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 114
well-meaning enthusiasm: 善意
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 21
ツイート