× Q  ?  翻訳訳語辞典
surface

主要訳語: 表面(5)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜の下から這い出す
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 77

意識の表面
   
come to the surface: 意識の表面に浮上してくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
   
as forbidding as it looks from the surface: 下からではとても立ち入れるところに見えないが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 394
海上
   
scan the surface: 海上を見渡す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 529
外見
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 53
外側
   
on the surface at least: 外側から見れば 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 263
月面
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 285
見かけ
   
know how to play the surfaces: 見かけをどのようにうまくあしらえばいいか、ちゃんと心得ている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
見かけは
   
the surface efficiency: 見かけはきれいなものだが ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 61
   
rest one’s bare feet on its icy surface: ひんやりした床に素足をあずける マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 65
cypress surface of the stage: 檜の床 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 220
   
on a wooden surface: 板の上 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 106
上側のお湯
   
scoop the surface off carefully: 上側のお湯をそっとくみ出す 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 55
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 170
皮相的なもの
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
皮膚
   
all shiny white surfaces: てらてらと光る白い皮膚 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 166
表面
   
simmer just beneath the surface: (感情が)表面下でくすぶる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 169
seen genteel on the surface: (人が)表面は親切そうだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 137
on the surface: 表面的には 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 28
lightly trace the surface with one’s finger: 表面をそっと指でなでる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 499
every surface: 表面という表面から トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
表面化させる
   
<例文なし> 辞遊人辞書
浮かびあがる
   
surface from the bottom of the sea: 水底から浮かびあがる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 170
浮上させる
   
<例文なし> 辞遊人辞書
甦る
   
surface in one’s mind several times a day: 1日、何回も甦る 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 122

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

upper surface: 上皮 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 107
unrevealing surface: ポーカーフェイス ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 87
surface of one’s memory: 記憶の上 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 122
stick with surfaces: 表面的な話 フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 248
wipe all the surfaces viciously: そこいらをぐいぐい拭きまわる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 167
the tears and confusion just under the carefully maintained surface: 注意ぶかく平静を保っているその裏側で、(人は)混乱した感情と悲しみの涙を懸命に押しとどめている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 340
the anguish is there just the same, under the surface: その底にはやはり悲鳴が流れている 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 66
spin on the gelatinous surface: 泥濘でスピンする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 179
slaty surface of the water: 灰色の水面 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 213
quake far beneath the surface: 意識の深層を揺り動かす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
paint and deodorize one’s surface: 顔を作り、体臭を消す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 236
mess up the surface of the courts: コートがデコボコになる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
just the way bubbles form at the surface of boiling water: 湯玉が上がってくるように 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
flatten down on the surface of the sea: 海面すれすれに〜する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
being of a surface black: うすく黒味がかった ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
be all on the surface: 口先だけだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 120
across the surface of the Chesapeake Bay: チェサピーク湾上に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 35
the surface of sb’s face and hands is dismally beclouded: 顔や手もいやにどす黒くなっている E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 74
beneath all one’s surface eccentricity: 表面的には変人に見えるが、その実 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 114
lie ever close beneath the surface: 外見の一枚下には〜がひそんでいる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 53
break the surface of the water: 海面上に頭を出す 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 265
bring to the surface: 表面に浮かびあがらせる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 138
bubble to the surface: 表面に浮かびあがる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 393
Like an axe or cleaver, maybe on a wooden surface: 斧か鉈で切ったような。板の上か何かで切ったらしいが、・・・ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 106
Mary sat up effortlessly and rested her bare feet on its icy surface: メアリは軽快に体を起こすと、ひんやりした床に素足をあずけた マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 65
catch another fascinating glimpse of the steel that lies under sb’s surface: (人の)内に秘められた素晴らしく強靭な何かを垣間見る スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 150
flat surface: 平べったい表面 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
a sea of yellow flood the whole surface: 一面に黄色い海になる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 164
come gushing to the surface: がぼっと水面にあらわれる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 48
be hoisted above the surface of the water: 海面上につきだした 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 255
at least on the surface: 表面だけは 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
manoeuver over sth’s surface: (物の)表面をなぞる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 324
moving swelling surface: うねりながら流れていく水面 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 5
porpoise high above the surface of the sea: 水面高く、縦にうねるようにとびだす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 335
he had not been able to reach a plateau high enough to break the surface of the water: 海面上に頭を出すほどの大地にまではたどりつけなかった 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 265
its surface is roiled by splashing children: 子供たちが水しぶきをあげて騒いでいる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 134
the oily, black smoke flattening down on the surface of the sea, rolling, thick, impenetrable: 真っ黒な油脂性の煙幕を海面すれすれに、厚く、一寸先も見えぬほどもうもうと張りつめた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
troubled surface of water: 水の面の波紋 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 115
ツイート