× Q 翻訳訳語辞典
concern   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜のことだ
   
the gingery man’s lies concerned a different creature altogether: 金褐色の髪の男のつくり話は、あれはまるでちがう生き物のこと ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362

かかわり
   
be no concern of sb’s: (人には)かかわりがない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 25

観察
   
as far as sb concerned: (人の)観察によると スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
関心
   
the government’s specific concerns: 当局の関心の的 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 117
begin to express more concern for ...: 〜により関心を示す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 444
be the extent of sb’s concern: (人に)関心が持てる相手はせいぜい〜くらいだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 272
be terrified by sb’s relentless concern: 鋭く突っ込んだ関心を(人が)ふりむけてくることに対し、おびえに似た感情をいだいている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
a subject of concern: 関心事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
関心が向いている
   
be far more concerned about A than B: (人の)関心がBよりもAに向いている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
企業
   
travel concern: 旅行関連企業 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
危惧
   
beneath the present euphoria there is an undercurrent of concern: 底深い部分ではやはり統合後の変化に危惧を抱いているらしい サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 114
気がかり
   
understand sb’s concern: 気がかりなのはわかる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 41
one’s voice is concerned: 気がかりでたまらないという声 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
it concern sb that ...: (人は)〜が気がかりだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 43
feel a growing concern for sb, for sth: 〜が気がかりでならなくなる 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 34
気づかい
   
sb’s concern with ...: (人の)〜への気づかい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 47
気づかう
   
be concerned about that sb not have to wait for a cab: (人が)タクシーを待たないですむようにと気づかう ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 2
気づかう言葉
   
express concerns for sb’s safety: (人の)安全を気づかう言葉を口にする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 94
気づかわしげな
   
the expression of concern in one’s eyes: (人の)眼に気づかわしげな色が浮かんでいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
気にかける
   
concern about sth: 〜を気にかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 22
気にする
   
it’s really nothing that need concern you: 気にしなくていい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
be not concerned: 気にしてないよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 274
気になる
   
I have to confess I’m very concerned: 実はたいへん気になっている ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 150
be concerned with ...: 〜が気になる マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 140
気になること
   
have a particular concern: 特に気になることがある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
気遣い
   
there is at least concern: 少なくとも気遣いが存在するものだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 18
懸念
   
as to sb’s concerns about ...: 〜という(人の)懸念だが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
with no sign of concern: 何の懸念も見せずに トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 46
計算
   
with one’s mind wrapped up in such concerns: そんな計算で頭がいっぱいだったから コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 38
見解
   
stop short of professing to share sb’s concerns: (人と)見解をともにするとまでは言わない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 495
言いだす
   
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 341
考え
   
speak frankly of one’s concerns about ...: 〜に対する自分の考えを説明する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 495
雑用
   
be exempt from these concerns: いっさいの雑用は人任せにしておけばいい フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 113
思いやり
   
sb’s gentle concern is a key influence in helping sb do: (人が)〜できたのは(人が)示した温かい思いやりのせいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 494
思いやる
   
can sense sb’s concern for one: (人が)自分のことを思いやってくれているのを感じる 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 166
思う
   
as far as I’m concerned: 私も、〜と思いますよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
重き
   
be concerned with sth: (物事に)重きを置く デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 25
重んじる
   
so concern about one’s patients: 患者への責任をひどく重んじる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 10
心づかい
   
appreciate sb’s concern: 心づかいに感謝している トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 249
心苦しさ
   
concern for sb: (人に)たいする心苦しさ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 241
心配
   
sth ended one’s concerns about being spotted for what one really is: 正体を見破られる心配はそれで消えた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
she followed me into my office out of concern: 心配してわたしの部屋までくっついてきた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
put to rest sb’s concerns about sth: (人の)心配に終止符を打つ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 254
in the case of sb, this would be cause for concern: (人が)こういうことをやれば、むろんまわりは心配する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
心配げな口ぶりでたずねる
   
She leaned forward, concerned: 身体を前に乗りだしたポリーが心配げな口ぶりでたずねた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
心配げに見ている
   
be concerned as sb do ...: 〜する(人の)様子を心配げに見ている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 38
心労
   
a sign of concern: 心労のあらわれ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 42
想い
   
dutiful concern: 義務的な想い 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 150
知る
   
as far as one is concerned: (人の)知るかぎり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
as far as I’m concerned: おれが知るかぎり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 11
悩み
   
one’s concerns make one reach for ...: いろいろ悩みがあるものだから、つい〜に手が伸びてしまう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 211
不安
   
smooth over concerns: 不安を静める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
one’s face showing urgent concern: ただならぬ不安の表情をうかべる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 202
cause concern: 不安をよぶ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 456
不愍さ
   
concern for sb: (人への)不愍さ 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 187
不憫の念
   
have a hard time disguising one’s concern for sb: (人に対して)なかなか不憫の念を隠しきれない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 103
慕情
   
The letters, however, give ample evidence of her concern and devotion: だが、ここに紹介する手紙は、彼女のただならぬ慕情と献身ぶりを雄弁に物語っている ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 156
問題
   
that’s sb’s concern: それは(人の)問題だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 393
environmental concern: 環境問題 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
利益
   
be a representative of one’s concerns and beliefs: (人の)利益と信条を代弁する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

where ... is concerned: 〜の場合
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 143
show of concern: 質問
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 180
show little concern: 気にもとめない
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 142
sb’s obvious concern: ここまで気をつかってくれる(人の)やさしさ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
personal concern: 利害
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 383
one’s sole concern: (人の)一念
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 406
look concerned: 顔を曇らせる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 69
great concern indeed: 心にじつに重くのしかかる出来事
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 216
great concern: たいへん気の重いこと
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 216
confess concern about ...: 〜を嘆く
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 172
be not concerned: へいちゃらだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 406
be deeply concerned: 不安を感じさせる
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 11
be a little concerned: 気になる
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 19
as far asis concerned: 〜だって
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 84
where women are concerned: 女の事柄については
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 89
where human beings are concerned: われわれ人間に限っては
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 67
under the guise of concern about professional ethics: 職業倫理という美名に隠れて、その実
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 206
too concerned with ...: 〜にかまけすぎる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 244
there is no need to be concerned with ...: 〜のことはあまりうるさく言う必要はない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 146
then as far as I’m concerned: そんなら俺は
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 42
suffer certain qualms of conscience concerning one’s behavior: さすが気がとがめてもいる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 30
solely out of concern for sb’s safety: (人の)安否を気づかって
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 187
sense sb’s kind concern: (人の)思いやりを感じる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 265
seek to show one’s concern for sb: なにかと気をつかう
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 172
regard ... as a matter of little concern: 〜を軽く見る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
question sb’s degree of concern: (人の)愛情に疑問をもつ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 316
out of concern for sb’s feelings: (人への)気兼ねのため
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 54
one’s own are concerned: 自分の身のまわり
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 340
one’s concern in legitimate: 親切ごかしということはない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 22
normally so concerned with the human form as a whole: 姿態を重視した希臘神話のなかで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 141
knowledgeably, almost obsessively concerned with eating and drinking: 食べることと飲むことに取りつかれていると言っていいくらい、その方面にくわしい
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 138
it is too far to be a matter of concern: 距離が遠く、案ずるに足りない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 11
have sb’s own concerns: 自分のことで頭がいっぱいだ
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 272
have not a thing to be concerned about: 心配しない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
have neglected a crucial concern: 一番かんじんのことをなおざりにしている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 181
get a little concerned: いさかさ気がかりになる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 23
follow its stylish antics with passionate concern: 愛犬の優雅な身のこなしを熱心に注目する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 309
finally one go to sb with one’s concerns: 最後に思い余って(人の)ところに行く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 208
feel no concern that ...: 〜を意に介さない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 6
feel any concern for sb’s spirit: (人の)精神を気遣う
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
express no concern whatsoever after doing ...: 〜してもてんで意に介しはしない
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 19
express concern for sb’s well-being: (人の)身を案じてはいる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 299
drop by the hospital to express one’s concern: 挨拶に来る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
declare open for business: 営業開始が高らかに告げられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 51
concerned only with doing: 〜するに汲々として
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 120
concern the patient’s private life: 患者の秘密にわたる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 130
concern oneself with sth: (物と)向き合う
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 77
concern oneself with ...: 〜にかかずらわる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 13
concern oneself violently on sb’s behalf: 〜のために一生懸命尽す
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 236
brush aside one’s doubts concerning ...: 〜の疑いを何処かへ葬むる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 30
be the least of sb’s concerns: 〜のことなんてどうでもよくなる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 112
be really concerned in the theft: やはり盗みに関与する
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 143
be only pennies as far as you’re concerned: あなたにとっては端た金でしょう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
be nothing to be concerned about: 怖れるに足りない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 308
be not overly concerned about ...: (人の)反応が冷ややかである
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 10
be not overly concerned: 意に介さない
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 23
be not of concern to sb: (人)にはどうでもよい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
be not much concerned with ...: 〜をあまり意に介しない
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 19
be not concerned about the real world: 現世のことは考えない
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 61
be not concerned about sb: 頓着せず、(人への)配慮もしない
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 14
be not at all concerned about ...: 〜も一向に気にならない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 193
be no concern of one’s: 別に考えている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 197
be concerned to do: 〜しようとする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 248
be concerned over ...: 〜を重く見る
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 147
be concerned by ...: 〜を気にする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 144
be concerned about sth: 神経質になっている
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 20
be concerned about sb: (人に)ご執心
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 134
be concerned about ...: 〜と慨嘆する
be concerned about ...: 〜と憤慨する
be concerned about ...: 〜を案じている
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 98
be concern with ...: 〜を気にする
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 95
be completely off the mark concerning ...: 〜についての見当はずれ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
be a concern of sb: (人の)念頭にかかる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 215
at least AA and BB were concerned: AAにせよBBにせよ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 136
as if sb have no concern in the matter: 他人事のように
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 28
as far as the patient is concerned: あの患者の
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 207
as far as sth is concerned: 〜から見るかぎり
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 275
as far as sb is concerned: 〜に言わせれば
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 268
as far as sb is concerned: (人に)してみれば
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 81
as far as sb is concerned: (人の)目から見れば
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 31
as far as sb be concerned: (人の)見るかぎり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
as far as sb be concerned: わたしに言わせれば
as far as one is concerned: 考えれば考えるほど
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 51
as far as I was concerned: 私に言わせてもらえば
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 9
a more pressing concern is that ...: それに加えて〜
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 9
a matter of no concern to sb: (人は)関知しない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 96
be not without cause for concern: 心配するのも無理はない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 55
cross-cutting concern:横断的関心事
辞遊人辞書
deflect sb from the important concern: 肝心な問題をないがしろにしてしまう
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 325
there isearnest concern in one’s voice: (人の)声は心底から心配した声だ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 211
there is that edge of concern in sb’s voice: 声音が曇っている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 231
a genuine concern: いつわりのない懸念
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
be concern with one’s public image: 世間体を気にする
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 95
But Smiley had more pressing insights to concern him: だが、それよりもスマイリーには、もっとさし迫った、気がかりなひらめきがあった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 81
I turned away, but she followed me into my office out of concern: そういってそこを離れたが、ブラッシーは心配してわたしの部屋までくっついてきた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
Surely he had more pressing personal matters to concern him: もっとさしせまった個人的な問題のほうを心配しなければならないというのに
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 302
Do I take it you have a particular concern: 何かとくに気になることでもあるのかね
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
consider sth unworthy of one’s concern: 〜を歯牙にもかけない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 397
wealthy owner of a box-manufacturing concern: 製箱会社を経営している資産家
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
ツイート