× Q 翻訳類語辞典

じつに  

ありあり いかにも いっそ いと いとも おもいきり きわめて さね じつは すこぶる ずいぶん ずんと そう そのじつ その実 それはそれは たいへん たっぷり とっても とっと とても はたして はなはだ ひじょうに ひっしと ほんに まことに めっきり よっぽど 世に 世にも 世に世に 事実 余っ程 余り 余程 其の実 其は 其は其は 其れは其れは 其実 大いに 大して 大変 大層 如何にも 実に 実にも 実にや 実に実に 実は 実際に 寔に 思い切り 思切 思切り 悉皆 最も 本に 本当 本当に 根から 根っから 極く 極めて 正しく 然ばかり 然許 然許り 熟熟 現に 甚だ 甚も 真に 真実 神もって 神以って 神以て 結構 絶ばかり 至りて 至極 誠に 迚も 重々 随分 非常に 頗る

さぞかし さぞや まったく 全く 其れは 嘸かし 嘸や 実以て 実際

まさしく 然も 現実 純粋

実のところ 実の所 実を言うと 実を言えば

格段に

ちょうど まさに 恰度

斯くまで 斯くも 斯く迄 是れ程 是程 此れほど 此れ程 此程

absolutely の訳語→ 〜そのもの にちがいない いつも おそろしく おっしゃるとおりです きっぱり このうえない このうえなく したきり じっと すっかり ちゃんと とにかく とにかくまったく どうしたって どうしても どうしようもなく どうにも どこまでも どのみち ならない ひっそりと ひとえに ほとほと ほんとうに ほんとに ぽかんとした まぎれもなく まちがいなく まったくの まったくもう本当に まるっきり まるで もちろんです ゆえん わかった。かならず 圧倒的な 圧倒的に 一つ残らず 一切 何の〜 何一つ 完全に 極度に 決して 固く 充分 少しも 正真正銘の 生粋の 絶対に 絶対に金輪際 全幅の 大抵は 徹頭徹尾 到底 百パーセント 文句のつけようがないほど 文句のつけようのない

absolute の訳語→ あくまでも いっさい それはもう なんといっても まぎれもない まごうかたない 完璧な 頑として 極度の 最低の 深い 真骨頂 絶対 絶対の 単純な 徹している 頭から 不動の 文句なしに 文句なしの

admirably の訳語→ あっぱれなほど なかなか 見事に 自慢の 秀れた 無類の 模範的に

certainly の訳語→ 〜さえ しそうな とも に決まっている あたりまえ いうまでもない いっとくが〜だぞ いわんや えらく おさおさ かえって かしこまりました きっと きまって きまっている さぞ しっかり ぜったい ぜったいに ぜひとも そのもの たいした たしかだ だって ちがいない ともかく どういたしまして どうみても どう見ても どう考えても なお なにぶんにも なるほど なんという なんとも はず はずだ はっきり はっきりいえる はっきりして まさか まず まずまちがいない むろん もちろん もちろん怠らない もっとも もとより もはや ようですよ よほど モチさ 案の定 違いない 確かだ 確実に 間違いない 現に〜ではないか 充分に 少なくとも 正直に言うが 相当 断じて 筈である 避けられない 必ず 別に 無論 明らかに

completely の訳語→ 〜しきった もいいとこ あます所なく およそ からからに がらりと きれいさっぱり きれいさっぱりと きれいに くたくたに ぐるりと これ以上ないほど ころっと さっぱり すごく すつかり すべて そっくり たちまち ちっとも つきつめて つくづく とことんまで なにがあったって はっきりと ひどく ほとんど まんまと みごとに みじんも みんな めいっぱい もう ゆっくり ケロリと ツルツルの 一向に 一切の 一体全体 何ひとつ 何もないところから 皆目 完璧に 疑いの余地なく 根本から 心から 寸分の隙なく 跡形もなく 全然 全能の 全面 全面的に 大〜 大きく 突然 抜かりはない 凡そ 綺麗に

extremely の訳語→ 〜すぎる かなり ことのほか このうえもない ごく すぐれて ずばぬけて そりゃもう たいそう たまらなく とてつもなく どうしようもない どん底の ばかに ほれぼれするような まずなによりも やけどしそうに やけに やたらに 異常に 何となく 過ぎる 極まりない 極端 極端なまでに 至って 十分に 全くの 素晴らしい 測り知れない 並みはずれて 並み大抵ではない 優れて

highly の訳語→ 〜の極みである をきわめる いささか たっぷりの やかましい 旺盛 何かと 強い 高〜 高く 濃い 幅広い 密接に

most の訳語→ 〜盛り あらかた いたって いちばん おおかた おおかたの おおむね この上ない この世のものとも思えぬほど これほど これより〜はない ごくごく しごく せいいっぱい たいていの たまらない だいたい とくに とびきり とびきりの とびぬけて とりわけ どうも どこの どんな なにより なによりも なるたけ はなはだしい はるか ひとしお ほとんどすべての ほとんどの ほとんど例外なく もっぱら ものすごく ろくに 一介の 一等 一番 往々 何とも 何よりの 何よりも 最たる 最たるもの 最高 最高に 最大の 思いきり 捨てがたい 世の 世界でいちばん 総じて 多くの 大そう 大半 大半を占めている 大方の 頂点を極める 並の 余人

much の訳語→ あまり あれだけ おびただしい さして さほど さまざまな さんざん しきりだ しきりに ずっと そこまで それほど たいして だいぶ とやかく どう〜ても はるかに へん ほとんど何も ほど まして まんざら めきめき やたら よく よけいなこと ろくすっぽ 何度も何度も 過度の 幾多の 苦心の末 細心の 山のように 深く 深刻な 精出す 多くを 大したこと 段違いだ 値が張る 虫がいい 特別な 片鱗 躍起になって 余計

really の訳語→ 〜でたまらない なもんですよ あながち いったい いよいよ え、ほんとですか こころから しきりと じっさい すなわち そうか そもそも そんなに たしかに たって だいいち ついに とんと などの ねえ はらの底から べつに ほんというと ほんとうは ほんの まあまあ まるきり もっと もともと やっぱり ようく よくよく よもや 案外 隠さずに 俄然 掛け値なしに 強いて 元来 現実に 今度こそ本当に 細部まで 実際には 実態は 心の底から 心底 真の 正式の 正真正銘 正直 正直なところ 正直な話 正当な 積極的に 徹底的に 内心では 腹の底から 文字通り 本気で 本質的な 本当にそっくり 本当のところは 本当は 満足に 猛烈な 露ほども ...

so の訳語→ 〜たっぷり あたり あまりに あまりにも〜 あれほど あんまり ええと、つまり おかげで かくなるうえは、というわけで かくも こう こうしていれば こうすれば ことほどさように こんなにも さて さてと しかたがないから じゃあ すると そうすりゃ そこで そしたら そりゃ それくらい それで それなりの それを思えば そんなわけで だから だからね だけど だのに てなわけで でしょ ということは というわけで となると とまあ、こういう次第で どうだ どうだろう なら ひときわ ふん また むしろ むやみに もどき ものすごい やっと やまない ように よし、これでよい 異様に 一心に 何て 何分にも 恐ろしく 極端に 結局 見本 人一倍 甚しい 絶えず 大幅に 当然ながら 年来 ...

truly の訳語→ 〜同然 このことだ それは ちょっとばかり とことん 一人前の 間違いなく 実際は 心底から

very の訳語→ 〜こそ すらも あまりにも いくらなんでも うら かんかんに きわだつ きわまる きわめる けっこう ことさら この〜ぶり さも すぐ それゆえに たっての だけ つい とんでもない なかなかの なんでも ふかく めっぽう バリバリに メチャ 一途 掛け値なしの 掛け離れた 肝心の 九分通り 見るからに 仕方がない 自体 多少 耐えがたいほど 大分 著しい 底まで 特に 特上の 飛切り 並はずれて 並みの〜じゃない 豊かな 満点 妙に 目に見えて ...

where の訳語→ おりしも このあたり そこへ行けば〜 たぐいの ところ どうして どうなるか どこ どこで どこなの どこに どこへ どこまで どのあたりに 位置

そのほかの「じつ」で始まる語句・表現

じつに〜な じつにいやな じつに優雅に じつに奇妙な じつに巧みだ じつに心から じつに思いがけなく じつに悲しくなるほど じつに秀逸な じつに綿密に じつに驚くべき じつの話 じつは じつは〜だけれど じつをいうと じつをいえば


ツイート