× Q 翻訳訳語辞典
I remember   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I remember: そうでしたね
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 52
if I remember correctly: ぼくの記憶に間違いなければ
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 133
if I remember correctly: 〜でしたね
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 264
I remember the date: 忘れもしない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 104
far as I remember: たしか
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 25
It was midmorning, I remember and the house was empty: 昼前で、家の中ががらんとしていたことを記憶している
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 76
Then I remembered that nonsense Midori's father had babbled at me: それから僕は緑の父親がわけのわからないことを言ったのを思い出した
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 87
now I remember ...: 〜をやっと思いだした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 269
I remember seeing her once; she was in the garden: いつか庭で彼女を見たときのことを思い出す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
I remember this one puzzled me: あの時には、まごついたのをおぼえている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 20
I remember observing ...: いまもありありとおぼえているが
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 17
I remember sb saying in a radio broadcast in the late seventies that ...: そういえば七〇年代の後半、ラジオ番組のなかで...sbが...などとしゃべっていたこともあった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 275
yes, I remember: 覚えているとも
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 556
I remember when ...: 忘れもしない、あれは〜のときだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 531
if I remember rightly, you did: きみはたしか〜したことがあったね
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 146
I remember the sound of the cicadas: 蝉のなく季節であった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 59
I remember that ...: たしか〜だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 265
I remember it was warm day and ...: 暖かい日でな、〜だった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 532
as I remember that I was ...: 〜たと思う
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
My self-confidence, I remember was rather shaken then: それでこの物足りない返事が少し私の自信を傷めた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 14
"As good a junior field officer a I can remember" Dexter admitted: 「わたしの記憶ではきみが最も優秀な工作担当官だ」と、デクスターは太鼓判をおした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 241
should remember it all right: おぼえてないわけない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 239
I don’t remember another that I can at all compare with ...: 〜にかりそめにも比べられるような経験はまだなかったと思う
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 32
you almost remember but not quite: 記憶にのこるようでのこらない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 40
be almost too tired to remember things oneself: 疲れ果てて、ものを思い出すのも億劫だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 67
always check the thought reproachfully, remembering ...: そう思うたびに〜を考えては自責の念に駆られる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 342
will always remember ...: 〜は忘れられない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
will always remember: 生涯忘れられない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 330
always remember with fear and trembling: 今思い出してみても、思わず恐怖で総身が震えだすほどの恐ろしさだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213
remember one’s simpering answer: あいまいに笑って答えた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
can’t remember anything noteworthy: なんの変哲もない〜みたいに思える
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
He couldn't really remember and it didn't matter much, anyway: どうしても思い出せなかったが、いまとなってはどうでもよい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 76
was as jagged and articulate in death as sb had remembered it in life: (人が)記憶する生前とおなじように、死んでも彫り深く、目鼻立ちがくっきりしていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 327
very patiently one ask sb to remember that ...: 噛んで含めるように、〜と説きはじめる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 83
remember automatically: 即座に想起する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 270
You remember I said before that Ackley was a slob in his personal habits?: さっき、僕は、アクリーのことを、だらしのない野郎だって言ったのを覚えてるだろ?
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 45
begin to remember things gradually: 段々と昔のことを憶いだす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 207
"I was so green," he remembered long after, "that I believed him, too.": 「まだうぶだったから、それを真に受けたよ」と、後年ヘンリックは当時を振り返って語った
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 108
remember little of ... beyond ...: 〜をほとんど覚えていなくて、わずかに〜しか記憶にない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 356
remember sb with the opportunity for lavish billing: (人を)忘れず、仕事をたっぷり与える
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
remember ... with bitterness: 〜がにがにがしく(人の)眼に映る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
I blanked and couldn't remember her name: 私は虚をつかれて、彼女の名前を思い出すことができなかった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 20
sb remember boasting that ...: 自慢げに言ったものだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 41
leave without remembering to bring sth: (物を)持ちこむことを思いつくいとまもなく出発する
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 16
But I do not remember wanting any more money than I received: それでいて私は少しの不足も感じませんでした
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 150
But the other one only went off once that I can remember: それにひきかえ、もう一つの方はあたしの覚えてるかぎり一回しか鳴ったことがなかったのよ
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 42
remember how that man could sing cadence: 軍曹が高らかに号令をかけるのを思い出す
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 12
when, exactly, did I ...? I honestly can’t remember: 〜したのは、いつのころだったかよく思い出せない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 121
can still remember: 今でも忘れられない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 70
can never attend ... without remembering that ...: 〜に出席するたびに〜を思い出させられる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 207
can’t remember when it was: いつのころからか
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
can’t remember ever feeling ...: こんな〜な気持ちは生まれて初めてだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 558
can’t quite remember if ...: ちゃんと〜したかどうかもよくおぼえていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
remember with a jolt the one in the student’s cap: 角帽のことを思ひ出してぎよつとする
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 163
remember the car lights: ヘッドライトの消し忘れを思い出す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
not caring at all when sb remember that ...: 〜を思い出すとやりきれない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 57
have done more times than one care to remember: 何度も何度も(人が)〜してみる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332
'Yes,' remembered Sampson, cautiously: 「ああ」とサンプソンは、おそるおそる記憶をたどって答えた
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 211
remember having been irritated by ... when one was a child: 昔子供心に〜をいぶかしく思った記憶がある
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 128
still remember quite clearly the beauty of ...: 〜の美しさは、今もありありと蘇ってくる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 51
remember sth as a complete disaster: さんざんな目にあったという記憶しか残っていない
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 8
a time to remember fallen comrades: 斃れた同志をしのぶ日
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 120
remember with confusion one’s insubordinate and stealthy conduct: 命令にそむいてそっと逃げたことを思い出すと、心が落ち着かない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 246
episode that sb scarcely dared remember: 思いだすのもためらわれる出来事
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 41
remembered that ... in the old days: 昔なら〜していた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
defer to sb with remembered reverence and respect: (人に)対する敬意を思い出し、もじもじする
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 53
remember sb dimly: (人を)うっすら覚えている
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 154
remember sb’s discomfiture when ...: 〜すると(人の)顔にうろたえの色が浮かぶのをおぼえている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110
be dismembered and remembered: 分解され、組み立てられる
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 32
when one did, one might remember ...: そんなとき(人は)〜をよく思い出した
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 294
remember about sth as one is walking out the door: 出がけに〜を思い出す
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 367
remember that ... during the period one knew sb: (人の)記憶によると〜だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 26
remember sth with some emotion: 一種の感慨をもって思い出す
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 59
is not old enough to remember ...: 〜なんて、おぼえてるような齡じゃない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
be dazed enough only to remember a few particulars: 頭が真っ白になって、いくつか事実を別にすれば話のほとんどを忘れる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 111
I don’t even remember: おぼえてないね
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
even now can remember vividly that ...: 〜を、いつまでもはっきりと覚えている
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 66
tell one’s stories as plainly and evenhandedly as one remember sb: 自分が記憶しているままに、装飾なく公平に物語を語る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 589
it is only time one remember sb ever being: (人の)覚えているかぎり、(人が)〜するのを見たのはあとにも先にもそのときだけだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 255
can remember every minute of sth: 〜のひとこまひとこまが思いだされる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 316
invite everyone to remember in prayer sb: (人の)ため、ともに祈ることを列席の一同に呼びかける
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 183
be almost exactly as sb remembers it: (人の)記憶と寸分違わないといってよい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 105
remember the exultation one have felt when ...: そのときの天にものぼる心地、それはいまでも覚えている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 436
remember when I told you about losing my eyesight?: 目が見えない時期があったって言ったでしょう?
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 40
The time had come for me to remember that these people were family too: 彼らも一族のメンバーなのだということに、僕もようやく思いあたったわけだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 571
be dazed enough only to remember a few particulars: 頭が真っ白になって、いくつか事実を別にすれば話のほとんどを忘れてしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 111
don’t remember where the fight starts: 何が諍いの原因だったのか、ちょっと思いだせない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 300
remember seeing sb fight like tiger the whole way to the trenches: (人が)塹壕にとびこむまでずっと虎のように暴れ通しだったのをおぼえている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 137
it seems as fine a morning as one could remember: 記憶にもないほど気持ちのいい夜明けだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
remember with a stinging fondness ...: 〜をなつかしく胸がしめつけられる気持ちで思いだす
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 137
can not remember a time one have felt more foolish: こんな間の悪い思いは初めてだ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 60
will not force him to remember her that way: そういうかたちで女のことを思いださせたくはない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 206
be forgetting, remembering: 意識を失ったり、ふっと正気に返ったりしている
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 118
I do not remember a foul: ファウルの打球も記憶にはない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
Stern could not remember her as frolicsome: ふざけまわる子だと思ったことは覚えているかぎり一度もない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 364
Above him a pall of tobacco smoke hung exactly where Smiley remembered it: 上方には、まさにスマイリーの記憶どおりの場所に、煙のかたまりが浮いていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 168
it is not hard for me to remember sth to be in sb’s shoes: (人の事は)経験上すごくよくわかる
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 102
would he remember what took place in the relapse?: 当人はですね、発作の間のことを覚えているんでしょうか?
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 35
remember honestly or vividly ...: 〜をはっきりと、あるがままに思い出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
piece together from what one remember of hushed whispers: 囁かれていた話を思い出して、それらをひとつにつなぎ合わせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 429
it is important to remember that ...: おぼえておいていただきたいのだけれど〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 314
it’s important to remember that ...: おぼえていたほうがよいことがある
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 91
suddenly one remember the incident: そこで何が起こったかをはっと思い出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 247
remember incorrectly: 記憶が誤っている
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 302
be inspired to remember that ...: 〜をはっと思い出す
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 142
ツイート