× Q 翻訳訳語辞典
piece   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かたまり
   
a large piece of bread-and butter: バタつきパンの大きなかたまり ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 132
つなぎ合わせる
   
piece together from what one remember of hushed whispers: 囁かれていた話を思い出して、それらをひとつにつなぎ合わせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 429
ひと切れ
   
a piece of rocklike bread: 石ころみたいなパンひと切れ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 173

ピース
   
push around these puzzle pieces: パズルのピースを頭のなかでひねくりまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70

音楽
   
pieces with only one note--long, very persistent wails: ひとつの音色がずうっとつづくすすり泣きのような音楽 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
各部分
   
the pieces fit well: 各部分のバランスがいい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
記事
   
write two pieces about ...: 〜について二つほど記事を書く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 168
according to the piece: 記事全体に眼を通してみると プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
   
have not heard the piece before: はじめて聴く曲 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 134
a haunting tender piece: 一度聴いたら忘れられない、ふわりとした感じの曲 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
原稿
   
be commissioned to do a piece on ...: 〜に関する原稿を依頼される プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
材料
   
some piece of mickey-mouse: なにか怪しげな材料 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 228
作品
   
pieces from ...: 〜に材をとった作品 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 51
思いがけない
   
be an unexpected piece of luck: 思いがけない幸運だ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 153
切れっぱし
   
a piece of ...: 〜の切れっぱし キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 65
品々
   
little pieces of ...: 〜の品々 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 433
品物
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
   
hear the tinkle of falling pieces: 物が落ちてちりりんと音を立てるのが耳に入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 195
文章
   
a piece of rot: 他ワイのない文章 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 154
   
pieces of sanity: 人間の健全な精神が生きていることが感じられる話 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 75
   
see pieces of sb all the time: (人の)俤をいつも見ている カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 17

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

shiver to pieces: 粉微塵になって散る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
say one’s piece: 自分の言い分を表明する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 134
say one’s piece: 話す
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 189
piece together: つなぎ合わせる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 10
piece of luck: いいあんばいに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 332
piece by piece: 一寸刻みに
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 105
pick up pieces: 逐一調べる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
go to pieces: しどろもどろになってしまう
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 186
go to pieces: やすやすと参ってしまう
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 451
get a piece: 拾いもんがある
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 335
fell to pieces: 駄目になる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 98
a piece of work: 人間
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 280
a piece of cloth: ボロきれ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 42
you cut life to pieces with your epigrams: あなたは自作の警句で人生をずたずたに切りさいてしまうひとだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 146
you‘re really a piece of work, aren’t you?: ほんと、あなたは大した人ね
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 139
write pieces about ...: 〜がテーマになる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
worthwhile piece of advice: この際は耳をかたむけておく必要がある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
will shoot off a piece at a time: 最初はここ、つぎはあそこという具合に弾をぶちこんで、なぶり殺しにしてやる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
who could not have laid a piece of money on the counter: びた一文払える連中ではなかった
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 298
whatever remains of the bits and pieces: がらくた同然
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 255
the whining hum that tears the mind to pieces: 心を千々に砕いてしまうあのぶーんという音
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 149
the only missing piece is ...: あとは〜の出現を待つばかりである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 225
tear to pieces by one’s own dogs: 自分の猟犬たちに八つ裂きにされる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 54
tear each other in pieces over their foolish ceremonies: 愚にもつかぬ儀式をどうのかうのと、たがいにいがみあう
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 23
tear ... all up into little pieces: びりびりと引裂いてしまう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 343
store sb’s file in pieces: 未編集のまま一時保存する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 198
splendid piece of sculpture: 美しい彫像
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 31
shoot off a piece at a time ...: 弾を一発ぶちこむたび〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
she was a real piece of work: まったく大した女だよ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 289
sb can never afford a piece of real Tiffany glass: 財布を逆さにふっても、本物のティファニー・グラスなんて(人には)買えっこない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
run around trying to pick up the pieces: 収拾にかけずりまわる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『たった一人の反乱』(Singular Rebellion ) p. 82
rip the papers to shreds and fling the pieces everywhere: 書類をびりびりに引き裂き、その紙くずをそこらじゅうにばらまく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
resort to a little piece of cunning: ちょっとした奸策を弄する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 183
resent giving oneself in small pieces: 自分を小刻みに人に与えることを喜ばない
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 43
rend sb to pieces and strew sb over the streets: (人を)八つ裂きにし、死体は街頭にまき散らす
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
pieces of tin fashioned into the crude likenesses of horses: ブリキを不器用にくりぬいて馬に似せたおもちゃ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
pieces of the story begin to fall into place: いろんな話がだんだんきちんとした場所に収まってくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 383
piece together the story of ...: 〜が辿った道をつきとめる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 168
piece the scene together: 状況を観察する
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 279
piece one’s way through ...: 仔細に検討する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 329
pick up the pieces: うまくおさめる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 48
own a piece of sb: (人を)金で買っている
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 261
one piece of bad luck follows another: 不運があとあとまでたたる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
narrow piece of shit: ヘナヘナのもやし野郎
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
move all of a piece crouch and bundled together: 丸くうずくまった格好のままくるりと動く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 38
level off a piece of rough ground: 凸凹の地面をならす
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
it is really quite an extraordinary piece of work: まさに、これはよくできているとしか言いようがない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 364
I’ve said my piece: そういうことです
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 216
he’s nasty piece of work: おっかねえ侍だ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 43
have pieced enough together to know that ...: 状況は推測していたから〜だとわかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
have every piece of ... available: 〜を一つ残らず収集する
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 32
give sb a piece of one’s mind: たしなめてやる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 261
give sb a piece of one’s mind: 思いっきり苦情を言う
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 10
give sb a piece of one’s mind: 少し言つてやる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 29
give sb a piece of mind: (人に)こごとをあびせる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 15
give a five-sen piece to sb: 五銭の白銅を(人の)手に握らせる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 75
get the pieces in on time: 締切を守る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
get one’s piece of it: 自分も一枚噛む
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 153
get a piece of the picture: だいたいの事情が分かってくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 341
get a piece of sb’s civic mind: (人の)公共心の矢おもてに立たされる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 163
get a better piece than sb: (人よりは)ましだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 376
foist some piece of geography: 地理のちょっとしたことを教える
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 106
feel free to buy a substantial piece: 遠慮なく高い買い物ができる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 320
fall to pieces at the larger joints: 肩、腰の関節などがはずれて、今にもバラバラになる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 14
each piece fits into the other without strain: 一つひとつの理屈がパズルのようにぴったりはまる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 144
cut sb to pieces: (人を)徹底的にやりこめる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 395
cut ... into several pieces with ...: 〜でずたずたに切る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 245
could rot to pieces: ボロボロに腐っちゃう
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 59
be sure none of the flying pieces will hurtyou: 闇討ちされない自信がある
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 132
be still all in one piece: 五体満足さ
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 156
be piecing ... out in one’s head: 〜を(人は)頭にたたきこんだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290
be finally able to relax and spend one’s days in peace: ようやくおだやかな日々を過ごす
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 168
be evidently esteemed a piece of impudence too shameful for remark: 口に出すのも恥ずべき厚顔と思ったに相違ない
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 42
be doing a piece on sb, a full-blown profile: (人の)ところへ取材にきた。(人の)人物紹介が何ページも載る予定だ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 22
be a smart piece of work: ちょっとしたものだ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 146
be a piece of cake: 簡単に〜できる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 26
a very expensive piece of machinery: メチャ高いマシーン
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 244
a useless piece of dung: 役たたずのクソ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
a splendid piece of late seventeenth century Venetian work: 十七世紀後期のヴェニス産の上物
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 178
a smoothly operating piece of journalistic machinery: 足並みの揃った二人三脚のジャーナリスト
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 66
a significant piece of business: 相当な額の仕事
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 204
a piece of wax falls out of one’s ear: 耳垢がぼろっとひとつ取れる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 222
a piece of sth: ささやかな〜
a piece of one own devising: (人は)ありもしない場面をつくりあげる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 103
a piece of long-term planning: 早手まわしの計画
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 453
a piece of home: ささやかな青春の故郷
a piece of Cinderella: シンデレラ願望のあらわれ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 313
a ludicrous piece of ...: 〜の愚行のきわみ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 384
a fine piece of engineering: 機械工学の傑作
this piece of eloquence is addressed to sb: (人に)この雄弁がふるわれる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 22
adjust one’s mental attitude to amazing piece of news: 驚くべきニュースのショックからたちなおる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 13
enforce the conclusion of this piece of advice: この励ましの結論に、いちだん力を入れる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 325
as a piece of rot this was: とまあ、見てのとおりのとおりの他ワイのない文章である
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 154
the piece of paper on the desk bears the message: その言葉は机に置かれた紙にちゃんと残っている
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 41
It was as if he had suddenly become a huge piece of sculpture: まるで前ぶれもなく巨大な彫刻に化してしまったようなものだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 400
one’s best piece ever: (人の)一世一代の傑作記事
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 149
This big spade had little red eyes and was wearing a three-piece pinstripe: 大柄な黒人は赤い小さな目をしていて、ピン・ストライプの三つ揃いを着込んでいた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 190
a blank piece of paper: なにも書かれていない紙
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
He pulled out his purse and, finding a five-sen piece gave it to the boy: 懐中から蟇口を出して、五銭の白銅を小供の手に握らせた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 75
that was a brilliant piece of work: あの腕前はあっぱれだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 298
a quaint and brittle piece of antiquity: 一風変わった壊れ易い骨董品
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 172
burst into applause after each piece: 一曲終わるごとにいっせいに拍手喝采を送る
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 74
busy oneself with a bobber and a piece of wire leader: 熱心に浮きと針金の先に糸を結びつけている
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 89
it’s a piece of cake: この任務はわけない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 56
take a piece of sb’s candy-ass: (人の)ケツを切りとってやる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
He picked up a piece of paper on the bed and casually hid his erection: 彼はベッドの上の書類を一枚とりあげて、さりげなく股間のふくらみを隠した
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 176
a chaw of tobacco or a piece of gum: 噛みたばこやガムをくちゃくちゃやる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 199
so merely confirm a piece of news some secret vein have already received: 虫の知らせでとっくにわかっていることを、ただ裏書きしただけのことだ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 229
a stanza of real poetry, a piece of sublime and desolate beauty by Blaise Cendrars: 今度はもっと本物の詩を、凄愴なまでに美しいブレーズ・サンドラルスの詩の一節を
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 18
Then he revealed a piece of information that disturbed Hannah: それからハンナを動揺させるようなある情報を明かした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 184
be a monstrous piece of effrontery: 鉄面皮にもほどがある
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 110
I exclaimed when I had finished the piece: 記事を読み終えて、わたしは嘆息を洩らした
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 210
flick a heavy, unevenly milled gold piece into the semidark: ひしゃげた大きな金貨を納屋の暗がりに投げた
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 33
For a piece of stone this size, it needs to be twice as thick: 石のテーブルでこの大きさだったら、厚さはこの倍はなきゃあ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 41
Cynthia came up to me and forced a piece of doughnut in my mouth: シンシアが近づいてきて、ドーナツをわたしの口に押しこんだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 205
relay a piece of gossip about a mutual friend: 共通の知り合いの消息を伝える
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 233
a piece of theatre that greatly improves the tempers of all going to and fro: 道行く人々は下手な芝居を見るよりよっぽど痛快な気分になる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 157
hand sb the piece of paper: (人に)紙片を見せる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 83
a piece of home: 故郷の安らぎ
hopeless piece of works: 出鱈目な絵
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 86
be indeed a tasteful, refined piece of workmanship: いかにも上品な奥床しい細工だ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 139
an interesting piece of information: これは、ちょっと参考になる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 112
learn what little piece one needs: 必要なだけの知識を仕入れる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 67
thanks for sharing that piece of logic with me: わたしもそう思いたいところですがね
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 246
a lost piece of a broken set: こわれた一組のとり残された一個
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 239
ツイート