× Q  ?  翻訳訳語辞典
seemingly

主要訳語: 一見(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜と見える
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 212
〜らしく
   
seemingly unconcerned about ...: 〜を気にかけないらしく 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 114

あたかも
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 194
いかにも
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 325
だろう
   
And underneath, seemingly added in a fury, 'No bloody monkeys.': その下に、よほどおこって書きくわえたのだろう、「猿は絶対にお断り」とあった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
という態度で
   
seemingly oblivious: われ関せずという態度で ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 72
どう見ても
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
なんだか
   
She had woken this morning to find herself seemingly bound hand and foot: 今朝目が覚めると、なんだか手足もろとも縛りあげられているみたいだった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
みたいだ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 297
ようで
   
seemingly ...: 〜なようで カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 268
らしい
   
seemingly unimpressed by sth: 〜がおもしろくないらしい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 49

一見
   
seemingly limitless tolerance: 一見底なしの寛容 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 203
seemingly casual: 一見なんでもないようだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 536
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
一見〜に見える
   
the seemingly ordinary men: 一見普通に見える人々 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 213
一見して
   
something as seemingly small as ...: 〜といった一見して些細なこと ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

seemingly endless journey: いつ終るとも知れない旅 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 166
seemingly abandoned: まるで、そこに棄てられているみたいだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 394
two Japanese girls seemingly by themselves: 日本娘の二人連れらしいの フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 66
the tears come at random and seemingly without reason: 涙は無際限にあふれだしたがる 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 158
some seemingly random point: いい加減なところ ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 600
seemingly loaded with cayenne pepper: 完全にトウガラシの赤い色だ 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 212
seemingly at a loss what to do: どうしていいかさっぱりわからない、といったふうに 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 53
sb’s seemingly endless supply of shoes: 数えきれないほどの靴 フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 100
repeat the same seemingly pointless procedure over and over again: そんな無意味なようなことを繰返す 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 117
muse seemingly to oneself: ひとりごちるようにいう ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 66
handbags seemingly capable of infinite expansion: いくらでも膨らむ手提げ袋 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 265
be seemingly a compassionate man: 感じよい心優しい人間になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 468
seemingly devoting full attention to sth: (物を)持てあましながら セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 157
seemingly endless chain of ...: 際限なく ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 92
seemingly unimpressed by A’s coarse humor or A’s jokes at B’s expense: BをさかなにしたAの下品なジョークがおもしろくないらしい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 49
a sailor seemingly impervious to ...: 〜にも超然たりと見えた海の男 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 212
stare at sb’s quiet, seemingly serious, clear-cut profile: (人の)一見深刻そうに見える彫りの深い横顔に、まじまじ目をあてている 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 41
seemingly quite embarrassed by this attitude: 恥じる色も無く 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 74
ツイート