× Q 翻訳訳語辞典
recall   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜した事情について語る
   
<例文なし> クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 285

おぼえている
   
if you recall: おぼえてますか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
ひきもどされる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
まねる
   
recall ...: 〜をまねる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 375
ゆつくりと迫つて来る
   
then recall ...: 次にゆつくりと迫つて来るのは〜である 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 78
よみがえる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91

憶えがある
   
<例文なし> マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 114
改めてよみがえる
   
had indeed been recalled to life some eighteen years ago: 十八年ばかり前に死から改めてよみがえった人間 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 165
覚えがある
   
recall doing: 〜した覚えがある デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 81
気がつく
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
記憶
   
absolute lack of recall: 完璧な記憶の欠如 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 51
記憶がある
   
don’t recall ever seeing ... in sb’s expression the entire time one know sb: (人の)顔に〜が浮かぶのを目にした記憶がない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
do not recall doing: 〜した記憶はない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 114
記憶する
   
if you’ll recall: そちらもご記憶でしょうが スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
記憶にある
   
than one recall: 記憶にあるどのときよりも トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290
記憶に残っている
   
do recall something of ...: 〜がいくつか記憶に残っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
記憶の残像
   
recall of ...: 〜の記憶の残像 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
記憶をよみがえらせる
   
the name brings immediate recall: その名前が(人の)心にすばやく作用して記憶をよみがへらせる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 125
記憶力
   
have amazing recall: 驚くべき記憶力を備えている レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 140
元に戻す
   
recall one’s eyes: 視線を元に戻す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
現役召集する
   
Relax, son, I'm not recalling you: まあまあ。現役召集しようというんじゃない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 293
言う
   
recall ...: 〜と言う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 169
呼びさます
   
task of recalling sb from the vacancy: (人を)また現実に呼びさます骨折り ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
recall some very weak person from a swoon: 衰え果てた人間を昏睡から呼びさます ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
考える
   
as one later recalls ...: 後になって考えてみると〜 アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 14
今でもやきついている
   
can still recall the tone: 声のトーンは、今でもやきついている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
再生させる
   
recall vivid details: 物事の細部を再生させる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
思い起こす
   
as one recall: 思い起こせば プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 49
思い出す
   
try to recall ...: 首をひねり、〜と、一生懸命思い出そうとする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
there is one incident it pains sb to recall: たったひとつ、思い出したくないことがある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
recall sb’s exact words: (人が)何と言ったか一言ひとこと正確に思い出す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 141
recall how he was fascinated to hear that ...: 〜ということを知って、いたく感嘆したのを思い出す 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 25
just recalling ... makes sb more convince than ever that ...: 〜を思い出すだびにきっぱりと確信する 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 158
cannot recall ... without horror: 〜を思い出すとぞっとする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 255
思い浮かべる
   
make oneself recall ... from one’s earliest memories: 幼い日の記憶に残っている〜を思い浮かべる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
can still recall ...: 〜を、今でも思い浮かべることができる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
思わす
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 220
召還する
   
be recalled to ...: 〜へ召還される ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
心によみがえってくる
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 212
心に呼び返す
   
be recalling the design of the perfect painting: あの完璧な絵の図柄を心に呼び返している 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 54
昔の話をする
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 32
脳裏に浮かぶ
   
with great clarity recall ...: (人の)脳裏に〜がありありと浮かぶ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 110
描写する
   
in the poem, one recall ...: 詩の中で(人が)〜を描写する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 378
浮かんで来る
   
Suddenly Takuji recalled a painting he had seen when still a student: 学生時代に見た一枚の絵が不意に浮かんで来た 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 20
話す
   
one recalled sth: 〜のことを話していたものだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 322

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

what one recalls of the past: 追憶
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 5
recall that ...: (人の)話によれば、〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
recall sb doing: (人)だって昔、〜していたじゃないか
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 112
cannot be recalled: 記憶から消える
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 106
as I recall: いまにして思うと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 347
as I recall: たしか
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 379
the most eccentric behavior sb can recall: 妙な行動なんて、それ以上は思い出せない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
sth is hard to recall: 〜もさだかではない
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 17
recall the name but can not quite place it: その名前に聞きおぼえがあったが、どこのだれだか思い出せない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 466
recall sb to oneself: はっと我に返る
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 86
recall in one’s faint memory: うろ覚えに覚えている
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 8
If sb recall correctly, ...: 確か〜だったと記憶して居る
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 44
do not recall even doing: 〜したということさえ、はっきりしていない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
do not recall any bumbles or errors: とちったりしくじったりは、一度もない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149
can not recall things accurately: 正確なことが思い浮かんでこない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 72
be becoming less easy to recall: 〜の記憶もだんだんとうすれる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 142
..., if I recall rightly, ...: 〜はたしか、〜だ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 346
recall all too clearly sth: 〜をまざまざと思いだす
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 363
recall sb a feeling of discomfort: 居心地のわるさをおぼえる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 25
make the effort to recall the things: 一生懸命思い出そうとする
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 129
recall a similarly embarrassing incident: よく似たような奇妙に面映ゆい記憶の断片を思いだす
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
can faintly recall photos of sb: 写真を見せられたおぼつかない記憶がある
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 49
in a flash sb recall ...: 〜を一度きに思い出す
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 125
recall with a sinking heart, ...: 〜を思って自信を失くす
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 19
I still occasionally recall things from the past that are quite new to me: ぼくはひょっと思いがけぬ昔の事柄を憶いだすことがある
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 181
it pains sb to recall ...: 〜をほろ苦く思い出す
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 8
Surprisingly, he could not recall precisely: 驚いたことに、はっきり思い出せなかったのだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 43
So I began regretfully to recall the silver glitter of that butterfly today: そのうちに、昼間みた銀白色の鱗粉のきらめきを、ぼくはもの恋しく思いだした
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 31
Why this desire to relate what we recall of the past?: 人はなぜ追憶を語るのだろうか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 5
be unable to recall a single thing about ...: どうしても、何としても思い出せない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 7
ツイート