× Q 翻訳訳語辞典
I had to do   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I had to do: 〜したくはなかった
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 193
All I had to do was to regard all the past few months as absurd;: それは今までの何ケ月かをみんな出鱈目だと考えればよいのである
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 175agree
be reduced to the ambiguity of a shadow: 自分自身が影みたいに曖昧になる感じが強く襲う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 50
have never had anything to do with ...: 〜と言うものに御縁がない
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 33
She assumed it had to do with work and didn't press the point: 仕事のことだろうと察して、問いただすことはしなかった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 260
a dim shadowy awareness of something altogether different: なにかまったくべつなもののおぼろな認識
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
it had to beat doing nothing: 何もしないよりはずっとましだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 31
have had to wait until now before sth was full enough to do: 今まで〜できなかったのは(物が)不十分だったからだ
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 8
had hardly begun to do when one did: 〜する余裕を与えないほど早く〜した
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 40
a strange, shadowy world of phantoms and bewildering imaginings: 幽霊や妖怪の徘徊する不思議な、影に包まれた世界
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 103
There was no doubt about it; we had turned into bumpkins: どうやら、自分で思っている以上に田舎者になりきっているに違いなかった
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 192
what business had he to do: あんな奴が〜するなんて、もってのほかだ
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 49
had some idea to do ..., but ...: そうは思ったものの、〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
certainly it had done the job to sth: 〜にろくなことをしてくれなかったことだけはたしかだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
as I realized how close I had come to doing: 考えてみれば、今一歩で〜するところだった
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 265
The cold had nipped his cheeks low down adding to his age: 寒気が頬をくぼませて、いっそう老けを感じさせた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
go out of one’s way in order to continue shadowing: わざわざここまで尾行する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 56
He had something (a deed) to do: ブライアンは(行動)約束を果たさなければならなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
go deep into one’s shadow: すっかり鳴りをひそめる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 74
there is no question what had to be done: なすべきことは自明だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
That wicked, double whip-lash, with the weight of the ice, had been too much: あの氷の重量をのせたまま、二度もふりまわされてはたまらなかったのだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 168
the doctor had been so evasive: 医者が口を濁していた
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 256
one’s eyes are sinking into shadow: 目は前より落ちくぼみつつある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
have so far not had any opportunity to do: 〜した事がなかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
The sunlight, filtering through the pines, gave way to shadow: ついさっきまで射し込んでいた木洩れ陽に代わって、影がゆっくりと翼を広げてくるのだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
Of his generalship, on the other hand, Toby had no doubt whatever: ただし、彼の指揮官たるの手腕には、トビーは一片の疑念も持たなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
had never been given an opportunity to do: 〜する機会が来なかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
... give way to shadow: 〜に代わって影がゆっくりと翼を広げてくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
he had replied as she happily conceded, in the doorway to their one embrace: ドア口で、彼女がただいちどの抱擁にいそいそと身をゆだねると、彼はこたえていった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 102
She had a tissue but it was too soggy to do any more business: 手にもっていたティッシュはぐしょぐしょに濡れて使い物にならなくなっていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 261
had all I could do to keep from bursting out laughing: 噴き出したいのを怺えるのに骨が折れた
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 27
wouldn’t hesitate to do if one had to: 〜だってやりかねない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 77
Why run, indeed, when to run was only to hasten to the world of shadows?: どうせ駈けだしても冥土へ急ぐばかりである
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 84
She went down the corridor the man had indicated and found the elevator: 彼女は男が教えてくれたとおりに廊下を進んで、エレベーターを見つけた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 144
still keep to the shadows: やはり暗がりから出ぬようにする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 424
just when one is on one’s way to making sb think one hadn’t done the job at all: (人に)あんなことはぜんぜんやった覚えはないと言い張っている最中に
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 25
They had a ding-dong once, never came to much: 一時期ふたりは仲がよかったんだが、結局大したこともなくおわった
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 83
what a father and husband had done to their daughter in the name of the greater good, in the name of career advancement and positive public images: 大義名分の名のもと、昇進と良き対外イメージ保持の名のもとに娘に対してやった行為
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 306
In one way or another, the problem probably had to do with sex: たぶん何かしら性に関連した問題であったに違いない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
All she had was Donna and Pam, a semi-new girl who was a Klepto: 彼女のところに残っている女の子はドナとパムだけで、パムというのは入ってまだ日も浅いちょろまかしの常習犯だった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
had done a couple of stories that had taken one there: 前に二、三度、取材のために訪れたことがある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 33
At the end of the ritual I would usually agree to do what had been suggested: それでもこうした儀式の終盤にさしかかると、わたしは彼らのもちかけてきた話を承諾するのが常だった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
Well, Professor Antonsson had done a super job of programming the problem: アントンスン教授のプログラムは実に卓抜で、問題をあまさず解決していた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 241
Then, with his head down he had passed out into darkness: そしてヒューは、首うなだれたまま、外の暗闇に溶けこんでいった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
You'll have to go fast to keep up with me today shadow-kid, he thought: 「おい影法師、ついてくる気なら、今日は相当スピードをあげなきゃ無理だぞ」口には出さず、ブライアンはそういった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
would not have had time to do: 〜するというような芸当は不可能になる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 194
Well, no one came to the base of the stairs, so Cynthia had to go down: とにかく、だれも階段の下にあらわれなかったので、シンシアはおりていかざるをえない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 58