× Q 翻訳訳語辞典
I like that   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I like that: 笑っちまうよな
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 188
I like that: 相手にとって不足はない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 205
it is unlikely that anyone can actually do: 〜しえたであろうか
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 156
be afraid something like that would happen: こんなことになるんじゃないかと心配する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 153
was devastated when she rejected him and after that rejection sb began writing like sb for the first time: 彼女に袖にされた(人は)深く傷ついたが、それをきっかけに、初めて(人)らしく書きはじめた
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 449
sb’s air of distress is so unlike sb that ...: いかにも〜らしくないとりみだしようだったので、
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 41
sth is not all that much unlike ...: 〜は...とそれほどちがわない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 164
do not really like hurting people all that much: 人を苦しめるのは得手ではない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 576
all the more likely that ...: どう考えても〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 107
the move is so gracefully executed that it looks to sb almost like a dance-step: (人の)眼には、その優雅な身のこなしがダンスのステップを踏んでいるかのように映る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
shall always feel like that: いつまでもこの気持ちは覚えていられる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 262
I suppose that in one form or another it always was like that: 大なり少なり、前からそうだったといっていい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
be always like that about ...: こと〜となると(人は)いつもこうだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 41
indicate that any communication with sb is unlikely: (人と)の接触は、それがどのようなかたちであれ、遠慮してもらいたいと言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 505
think that’s as likely as anything: そのあたりが真相じゃないかと思う
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 161
one’s heart isn’t hammering or racing or anything like that: (人の)心臓はどきどきと高鳴ったりせわしなく早鐘を打ったりはしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
have anything like that on one’s mind: そういうことはぜんぜん考えていない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
don’t mean ..., or anything like that: 〜だとかいってるんじゃないわよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
do not like anything that’s happening: 世の中に起こることが何もかもいやだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 263
inevitable conclusion appears to be that is very unlikely ...: おほよそのところ答えは否である
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 35
feel like arguing that sb bear some of responsibility for doing: 〜してきた〜にも責任の一端はある筈だと、いいつのりたい
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 102
at a woozy racket like that: そんないいかげんな話に乗せられて
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 259
should never beg like that: あんなふうに物乞いをするもんじゃない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 156
behave like that: そういうふうにする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
it looks like that’s the best I can do for you: これくらいの〜しか僕にはできないみたいです
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 404
sth, coming out of the blue like that: そういう突発事件
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 98
like to boast that ...: 〜というのが自慢の種だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 94
the bore of soft snow that surges like a wave before sth: 波のように押し寄せてくる柔らかい雪の津波
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 10
start bringing up things like that now: 今さらそれを云う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 24
man, it’s stuff like this that really bugs me: まったくコレだからいやになるんだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 229
like I‘m bummed out that I can’t watch: わたしみたいなカスは、横で見ててもいけないんだ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 67
like what? I know that it’s none of my business: さしつかえなければ聞いてもいいかな?
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 34
be careful about things like that: こういうことはまめだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
Don't you think they're a little careless leaving the key like that: こんなところにいつも鍵をおいておくなんて不用心じゃないの?
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 129
Death, that was the chance and the likelihood he'd thought about: 死なら、運として、可能性として、考えてもいた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
the chances are that sb will feel like a new woman: もしかしたら別人に生まれ変わっているかもしれないし
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
have some work that one like for a change: 新しい仕事に就いて心機一転する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
don’t stand chattering to oneself like that: そんなふうにつったって、ぶつくさひとりごとをいうもんじゃない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 104
talk like that just to keep people cheered up: 気やすめにそんなことを言うだけだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 64
like an old portable classroom that’s been tacked on to ...: 〜に一棟だけまぎれこんだ仮設校舎のようで
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 52
plenty of squirts come on ... like that: 〜にはこういう手合いが大勢いる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
"Places like that pound really get to me, too," confessed Isaka: 「保健所みたいなところは、私も気が滅入ります」と、井坂が小声で言った
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 226
'Don't like that fellow one bit,'Jerry confessed: 「どうもあの野郎は気に入らん」ジェリーは正直にいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 306
load up one’s live with crap like that: そういうくだらない仕掛けを使いたがる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 140
Usually I never say crude thing like that to girls: いつもの僕なら、女の子に向かって、そんな下品なことは絶対に言いやしないんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 207
with a head of shocked whitish hair that stands erect like a dandelion gone to seed: 髪がタンポポの綿毛のようにおっ立って
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 193
you dare to talk of sb like that: 〜にそのいいようは許さん
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 262
His touch had to be like that of the dawn upon a mountain ridge: 唇と百合とが、まるで黎明と尾根とが触れるように触れ合わねばならない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 247
weigh so heavily on one’s heart that one feel like dying or killing sb: 死にたいほどの、また(人を)殺したいほどの、かなしみが胸にせまる
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 74
be impressed by a discourse like that: あまりにもっともな意見で、感心する
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 66
cannot fine it in oneself to dislike sb for that: (そんな人に)反感を持つことはできない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
I thought it unlikely that anyone at work knew of my dissipation: 当時、私のこんなふしだらな有様は、会社の者は誰も知らない筈でした
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 153
it is the first time sb have ever done anything like that: (人が)そんなことをしたのは前代未聞のことだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 333
a little house that looks like dog-kennel: 家畜小屋のような家
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 19
you have to dominate a mobster like that: こういう乱暴者は一喝するに限る
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 428
don’t be like that: やめてよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
maybe that seems like where this story should end: ここでこの物語を終えてしまうのが妥当のようにも思える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 546
began to suspect that we might end up like this: こういうことになるのではないかとうすうすは思っていた
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 37
there aren’t enough men like that: こういう人間はそうざらにいるもんじゃない
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 18
you haven’t lived long enough to make a statement like that: それはもっと人生を長く生きた者のいう台詞だ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 359
like to see that everything is right: なにもかもがきちんとなっていなければ承知できない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 145
exactly like that of one’s namesake: その名のとおり
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 28
mugs that look like faces: 人間の顔をしたマグ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 340
have felt like that: そういう気分は前にも味わったことがある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 319
get to sick of the whole thing that sb feel like giving up: 疲れてどうでもよくなる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 76
be like that fellow: その人と同じ流儀だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 389
The listener from Portland said that first he would like to make a comment: その前に意見をいわせてほしい、とポートランドのリスナーはいった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 316
can’t fool about with sb like that: そんなに(人を)甘く見ちゃいけない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 94
People forge things like that these days, you know that: いまどきそんなものは偽造できるんだよ、知ってるだろう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 244
sound like an unmanageable child that frets: まるで駄々っ子の恐喝である
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 51
rumors like that get around: そういう噂は早い
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 299
What would you do if you got a scouting report like that: こんなスカウティング・レポートを見たらどうします
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 42
you shouldn’t give in like that: それはあまりに女々しいというものだ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 99
you are not going to be seen in public with me like that: そんな格好で、(人と)一緒に歩いてもらいたくない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 306
see a lot of what’s going on like that: こういうことに目がさとい
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 262
There were a long pause, followed by a grunt that sounded like 'Okay.': 長い間のあと、「オーケー」と聞こえるつぶやきがあった
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 52
hang like that: そんな風にめそめそする
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 25
when something like that happens: こんな場合
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 158
it is hardly likely that ...: まさか〜ということはないだろう
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 124
who even said it had to be like that: 〜について人から聞いたことさえなかったのだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
are you like ... that have to do?: 〜みたいに〜しなくちゃわからないの?
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 274