× Q 翻訳訳語辞典
A when B   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

A when B: AのときB
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 234
be taken aback when: 〜のときには、意表を衝かれる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 216
Victims abound when youth ends: 青春の終わりは犠牲者に満ち満ちている
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 18
when about one year old, ...: 生まれて一年たつかたたぬに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 8
about the only time ... is when ...: 〜するのは〜するときくらいだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 108
it just about killed sb when ...: 〜の時など、(人は)危うく憤死するところだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
when ... it’s entirely by accident: 〜するのは、うっかり手違いした時だけだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 29
be actually doing sth when ...: まさしく〜しようとしたその瞬間
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
Norris Ridgewick looked like an ad for When Bad Things Happen to Good People: ノリスは「善人に災難がふりかかるとき」という広告コピーを絵に描いたような表情をしてみせた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
be very much adrift when ...: 〜するとすっかりとほうにくれてしまう
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 19
a sexual tie makes sb dense when it comes to affairs of the heart: 肉体でつながっていると(人は)心の面では鈍感になる
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 19
be not afraid to say when one doesn’t know: わからないことはわからないと臆せず言う
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 252
was devastated when she rejected him and after that rejection sb began writing like sb for the first time: 彼女に袖にされた(人は)深く傷ついたが、それをきっかけに、初めて(人)らしく書きはじめた
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 449
feel of a child against one’s body when one hold one: 子供たちを抱いたときの体の感触
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 102
at an age when one should have better things to do: いい年をして
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 23
be a characteristic gesture when sb is especially alert: 何か気分が乗ってきたときにする、(人の)癖である
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 113
when sb’s parents are alive: 父や母のいた時
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 153
When one buys, they all buy: 誰かが田舎に家を買うと、我も我もとみんなが買う
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 192
be all set to do when ...: 〜のとき完全に〜している
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 197
be also right when ...: (人は)また〜するがこれもあたっている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
always laugh when sb said it: 〜を口にしては笑い飛ばしていた
But when it came to the big stuff he always played a straight bat: でも、いざ大きなことになると、いつだってまっとうにやってたのよ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
be always horrified when I look at sth: 〜をみるといつもぞっとするんだ
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 14
do not mind very much when sb is not quite--always: そのとおりにはいかなくてもかまわない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 63
be even more amazed when ...: 〜して二度びっくりだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
seem both surprised and amused when one sees sb doing: 〜している(人を)可笑しそうに見る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
And besides--it produces an odd sensation when it's held: それにもうひとつ、この木ぎれは手にとってみると、ふしぎな気分にしてくれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 41
one be no more annoyed when one ... than one be annoyed by ...: 〜しても、少しも腹は立たん、ちょうど〜しようと、そんなことは、蚊のなくほどにも感じないのと同じだね
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 252
when there’s anybody worth talking to: しゃべり甲斐のある相手があればな
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 36
when there’s anybody worth talking to: 相手によりけりだけどね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 33
that is the last anybody heard of sb until ..., when ...: それ以来(人の)消息は知れなかったが、やがて〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 123
And her manner, when she appeared, seemed always willing and obedient: 返事をして出て来る奥さんの様子も甚だ素直であった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
the great lover himself, when compared with sb, appears positively undersexed: 名だたる蕩児も〜の前では不能者も同然だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 185
I appreciate sb the most when I see sb the least: (人に)できるだけお会いしたくないんだよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
prefer to do it when nobody is around: まわりにだれもいないときだけだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
My father was reading the newspaper in bed when my elder brother arrived: 兄が帰って来た時、父は寐ながら新聞を読んでいた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 124
when dinner is over the atmosphere of the room become heavily lethargic: 食事のあとのけだるい疲労感が室内をおおっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 202
it will be a snowy day in August when ...: 〜のは、記憶にとどまっていないほど昔の話だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
spend one’s meeting with sb awaiting the instant when ...: (人との)会合では〜するチャンスをつい心待ちにしてしまう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
lay there awhile between sleeping and waking, when ...: 寝たか寝ないかのうちに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 163
a dog braves enough to bite only when its victim’s back is turned: 敵がうしろを見せたときにしか咬みつけない意気地なしの犬
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
when sb turn sb’s back: かげでは
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 136
when sb thinks back now: 後で考えてみると
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 20
when one come back from the dead: 来世
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
when I got started at BAD: わたしがBAD(弁護士資格審査委員会)で法律家としての最初の仕事をしていたとき
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
when the pitching gets really bad: 船も揺れだすと
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 111
The door had barely shut behind them when it opened again: ふたりの背後で閉じられたドアは、何秒とたたぬうちにふたたびひらかれた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
when they have barely shaken hands: 握手もそこそこに
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 214
have barely done when ...: 〜したか〜せぬかに、〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 389
had barely done when ...: 〜するとみるまに〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 179
throw a nice bash when sb leave: (人の)ためにすばらしい送別会をひらく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
When was the bastard born?: そのガキはいつ生まれたんだ?
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 184
never become mean or violent, even when upset: 何か気に入らないと手荒なことをする、というわけでもない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59
when the real trouble begins: 事態がぬきさしならなくなってくると
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 329
the story begins to unravel when ...: 〜のところから、話の糸はときほぐされる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 198
one’s love affair with ... began when ...: (人が)なぜ〜に凝りはじめたかというと、その発端は〜
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 177
it first began when ...: まず
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 5
it all began when ...: 事の始まりは〜したときだ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 91
had hardly begun to do when one did: 〜する余裕を与えないほど早く〜した
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 40
beheaded when she tried to be someone she was not: 自分ではない者になろうとして首を刎ねられた
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 62
when one does, one believes that one is for once doing: 〜する時には〜と信じる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 198
Besides people talk better when they've tasted jail: それだけじゃない、留置場を体験した人間は、ほんとのことをしゃべるようになる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 333
when one is a teenager, it is important to look one’s best: いちおうティーンエイジャーだから、あまりみっともない外見にはなりたくない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 292
the contrast is best seen when ...: 〜すると対照の妙がきわだつ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 137
The fourth guy must be the bigwig: everyone shut up when he talked: 第四の男は明らかに上級職で、彼が口を開くと、ほかの者たちは神妙に耳を傾けた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 142
when the water gets a bit warm: 水ぬるむ頃
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 89
Eguchi blanched when he was told that she resembled her grandmother: 「おばあちゃん似ですね」と言われて、江口はあわてた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 50
have written some fiction when he isn’t in a blue funk: 冴えない生活のあいまに小説を書きためる
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 3
it is sb’s way to be blunt when sb have to be: (人の)しゃべり方は場合によってはそんなふうにぶっきら棒な感じになってしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 470
Since when does a bookkeeper get that snotty with a real seaman?: いつから事務屋が、本物の船乗りに偉そうな口をきくようになった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 46
But when you took a closer look it was boring: ところが、じっくり見ると、これがつまらんのだ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 140
know about sth when sb be born: 生まれながらにして(物)の何たるかを知っている
don’t bother to cover one’s mouth demurely when one laugh: 笑うと歯ぐきが見える
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 33
whenever sb can break free: 暇さえあれば
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
when sb pause to take breath: (人が)息を継いでいるすきに
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 21
When do you want me to brief the White House?: ホワイトハウスにはいつ状況説明をしましょう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 85
when wine have brought no transitory gladness to one: いくら酒をあおっても、ほんの束の間の喜びをさえ得られないような時
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
Hallucinations retreat like bullies when you stand up to them: 立ち向かっていくと、幻覚はいじめっ子のようにあとずさりする
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 9
It made me mad, though, when I was getting my coat: でも、オーバーを受け取りながら、腹が立ってたまんなかった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 137
But when at last death was very close, he seemed unable to recognize it: それでいて、眼前にせまりつつある死そのものには気が付かなかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
But it beats hell out of a mood ring or a mantra when it comes to comfort: とはいえ、心の慰めを考えるなら、気分の変化が色に出る、あのムードリングと呼ばれる指輪も、ヒンドゥー教の呪文、マントラも、ガミー・ランプには遠くおよばない
And they try to butt you when you try to tie them down: ロープをかけようとする牧童に頭突きをくらわせる
when cash on the barrelhead buy sb’s favor: 現金で(人)への手心が買える時代
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
one is probably right when one call it ...: 人の言うように、あれは〜なんだろう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 11
can get a goodbye when sb need one: もういつ別れを告げたって、大丈夫
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 10
when exactly, did I ...? I honestly can’t remember: 〜したのは、いつのころだったかよく思い出せない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 121
can’t remember when it was: いつのころからか
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
not caring at all when sb remember that ...: 〜を思い出すとやりきれない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 57
Human beings are ceaselessly ingenious when it comes to self-gratification: 古今東西、自分の欲望の満足にかけちゃあ、人間はえらく頭がいいからな
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 100
remember having been irritated by ... when one was a child: 昔子供心に〜をいぶかしく思った記憶がある
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 128
send a chill through sb when ...: 〜するとき、ぞっとする
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 74
The Aldis had barely begun to clack when the Vectra cut through the signal: 発光信号灯がまたたくとみるまに、ヴェクトラの信号が割ってはいった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 179
can be real clever when one work at it: 腕のふるいどころでは大いにふるう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 294