× Q 翻訳訳語辞典
I like sb   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I like sb: (人が)実にいい
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 139
sb liked whiskey; sb accepted it eagerly: 酒好きの〜は安心してウィスキーを飲んだ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 220
accost sb like bogeymen: 悪鬼のごとく絶えずつきまとう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 204
make sb act like ...: (人に)かかると(人が)〜なようになる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
act like sb is a stranger: 赤の他人みたいに(人に)接する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 368
actually like sb: どれくらい(人を)好きか
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 502
in dress sb rather like to affect the bizarre: 服装はやや奇を衒うほうだ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 17
dislike showing affection for one’s mother in sb’s presence: 母親に甘えるところを(人に)見られたくない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 92
was devastated when she rejected him and after that rejection sb began writing like sb for the first time: 彼女に袖にされた(人は)深く傷ついたが、それをきっかけに、初めて(人)らしく書きはじめた
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 449
will be after sb like nobody’s business: しゃかりきになって(人を)追いつめるにきまってる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 128
be provided through the unlikely agency of sb: あろうことか(人の)世話で確保できる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 153
like the aimless humming of sb: (人が)わけもなくハミングを始めてしまうのと同じ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
sb’s air of distress is so unlike sb that ...: いかにも〜らしくないとりみだしようだったので、
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 41
if sb liked something, all would: 〜がいいと言えば、全員それに従う
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
lent sb an almost stateman-like stature: (人に)一種の政治的指導者めいた姿勢を与えている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
the move is so gracefully executed that it looks to sb almost like a dance-step: (人の)眼には、その優雅な身のこなしがダンスのステップを踏んでいるかのように映る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
be already treating sb like a criminal: すっかり(人は)犯罪者にされている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 51
is there another woman in the world like sb: この世に(人の)ような女性がふたりといるだろうか
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 51
seem like the answer to a prayer for sb: (人が)胸の内ではしめた、とおもう
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 44
indicate that any communication with sb is unlikely: (人と)の接触は、それがどのようなかたちであれ、遠慮してもらいたいと言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 505
feel like arguing that sb bear some of responsibility for doing: 〜してきた〜にも責任の一端はある筈だと、いいつのりたい
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 102
sb’s artistic talents bloom like mad: (人の)画家として才能が恐ろしいくらい見事に花開く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332
be hardly likely to cast sb aside: (人を)そのまま捨ててはおかない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 33
stow all those questions sb don’t like one to ask: そんなことを質問するといやがられるのでだまっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
make sb look like a horse’s ass: (人の)顔に泥を塗る
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 225
look to sb like your average fat slob: その辺にいる、ただの太っちょにしか見えない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 65
sb’s head feels like it is awash with fluid: (人の)頭の中が液状のものでいっぱいになったような感じだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 214
wear sb’s connection like a badge of honor: (人との)コネをあたかも勲章のようにひけらかす
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 115
sb’s head feel like a balloon from sth: (物事のせいで)頭が重い
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 50
gun sb down like a beast: (人を)虫けらのように射殺する
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 217
have sb running around like slave at one’s every beck and call: (人を)あごでこき使う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 81
become a part of the object of sb’s dislike: (人に)嫌われている
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 51
the little bell-like front-door chimes sb installed: (人が)正面玄関にとりつけた小さな呼び鈴の形をしたチャイム
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 91
don’t look like one belong with sb in this place: 自分はここにいるみんなとは違うんだという表情を浮かべる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 206
like sb best: (人の)方が好き
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 77
sb do not sound a bit like one do: (人と)おれとはぜんぜんちがう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 234
like a black-eyed shadow of sb’s former self: ありし日の(人の)おとろえはてた影というありさまで
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 141
strike sb like a blow: がんと(人を)うちのめす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 397
like the way sb’s body: (人の)身体つきっていい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 138
hit sb like a bolt: 稲妻のように(人を)直撃する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
know sb like a book: (人を)よく知ってる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 121
like sharing breakfast with sb: (人と)朝食をともにするのが楽しみだ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 163
shoot past sb like a breath: (人の)横を風のようにすり抜ける
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 396
sb say, like the dirty bullying jumped-up bastard sb is: 鼻持ちならない横柄な成り上がり者根性をむき出しに言いやがる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 42
can still like sb: (人を)好きであってもいい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 267
caress sb coldly like some monster’s hand: ひんやりした化け物の手のように(人を)撫でまわす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
caution sb to do, sounding like a veteran ...: いっぱしの〜のような顔をして言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 107
the chances are that sb will feel like a new woman: もしかしたら別人に生まれ変わっているかもしれないし
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
characters like sb: こういう連中
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 174
be charged up for sb like a magnet: (人)にとって磁石のような力をもつ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
really think one must look like a child to sb: (人の)眼から見ると、(人は)ガキ以外の何者でもないんだろうな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
treat sb like a child: (人を)子供扱いする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
even more mysterious to a child like sb: 子供ごころにも不思議だったのは
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 63
treat sb like a chronic invalid: 業病扱いする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 11
make sb look like a chump: 評価を下げる
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 181
circle the air above sb’s head like giant lassos: 巨大な投げ縄のように頭上でくるくる回り続ける
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 32
move towards sb like a cloud of locusts: イナゴの大群よろしくどっと押し寄せてくる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 257
Words like "coarse" or "unpolished" were still taboo around her husband: 夫の前で、無神経とがさつは、まだ禁句である
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
feel like sb is at a summit conference or something: 深刻な気持ちになってしまう
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 65
would like sb to continue the conversation: (人に)つぎの言葉を期待する
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 120
control sb one don’t like: 手強い(人)に言うことをきかせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
all communication between sb and sb is cut like a cord: (人と)(人の)連絡が糸の切れたように断たれる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 41
move like sb be crazed: その激しい動きは、〜のどこにこれだけの元気があるかと思うほどである
make sb act like a crazy man: (人に)かかると(人が)狂ったようになる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
feel like sb going to go crazy any minute: 痛くて痛くて気が狂うんじゃないかと思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
you dare to talk of sb like that: 〜にそのいいようは許さん
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 262
how dare sb stare at him like this?: (人の)あの目つきはなんだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 239
make sb feel like a den mother: (人が)母親になったような気がする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
describe sb as looking like ...: (人の)ことを〜のようだと書く
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 61
be designed to express one’s dislike of sb: (人を)遠けようとする不快の表現だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 14
see what sb look like in greater detail: (人の)身体をじっくり見る
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 189
end up with what looks to sb like a devastated life: (人の)目から見ればこんに落ちぶれたた生活を送ることになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
talk about you like you are going to devour sb or something: あなたのことをまるで(人を)取って食いそうに言う
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 78
weigh so heavily on one’s heart that one feel like dying or killing sb: 死にたいほどの、また(人を)殺したいほどの、かなしみが胸にせまる
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 74
a world sb dislike: 気にくわない世界
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 10
feel the strongest dislike for sb: (人を)蛇蝎のごとく嫌う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 543
one’s instant deep dislike of sb: (人に)対する直観的な深い嫌悪感
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
can’t dislike sb in the least: 少しも(人を)恨むことはない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 38
cannot fine it in oneself to dislike sb for that: (そんな人に)反感を持つことはできない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
take a special dislike to sb: (人を)目の敵にする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 381
take a special dislike to sb: とりわけ〜をきらう
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 36
sb has been raised with a dislike for ...: 生来〜嫌いの(人)であるが
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 13
ツイート