× Q 翻訳訳語辞典
thou  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

whatsoever thou shalt desire I will give it thee: なんなりとお前の望むものをつかはさう
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 76
a thousand others: ざっと一○○○人ほど
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 51
A-hah, I thought: 「あっ」と私は思った
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 38
abandon thoughts of ...: 〜の件は忘れる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 92
abandon bad thoughts: よこしまな想念をおく
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
meet the needs of the present without compromising the ability of future generations to meet their own needs: 将来の世代が自分のニーズを満たす能力を損なうことなく現在のニーズをみたす
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
find oneself able to think about sb without doing: (人の)ことを思い出しても〜特に〜しない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 316
be never able to do without doing: 〜するときに〜しないではいられない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 144
about a thousand magazines: 千ばかしの雑誌
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 6
have an abrupt thought of sb: ふいに(人の)ことが、頭にうかぶ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
go absent without leave: 無許可外出する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
... as though absent-minded: 放心したように
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 19
write everything down plainly and absolutely without concealment: 何も一つも包みかくさずはっきり書く
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 29
absorbed thousands of details about ...: 〜について細微にわたるまですべてを頭に入れている
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 242
be entirely absorbed in one’s own thought: 思索に心をうばわれている
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 22
absorb the thoughts of ...: 〜する自分の姿を想像する
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 269
Not so absorbed though as to ...: 〜するほど没頭しているわけじゃない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 415
accept the condition of sb without hesitation: (人の)交換条件を鵜呑みにする
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 6
accept sth without protest: 黙って(〜される)
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 30
accept sb’s troubles without ...: (人の)ぶざまな姿を眼にしても、〜を浴びせかけない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
accidental charm of sb’s graceful, though to sb only half-serious, fopperies: (人)自身にしてみればちょっとしたおしゃれにすぎないのだがその趣味のよさが偶然醸しだす魅力
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
walk off, accompanied by one’s own thoughts: (自分の)思いを抱いて歩き去ってゆく
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 84
be not achieved without a terrible price: 〜と引き換えに高価な代償を払う
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 76
without acknowledging ...: 〜を意に介さず
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 55
without acknowledgement: 知らぬ顔で
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 141
without the effusiveness of a seeker after acquaintance: 近づきを求めたがるような気配は露ほどもみせず
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 80
without the effusiveness of a seeker after acquaintance: 近づきを求めるようなそぶりは少しも見せないで
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 197
thousands of acres land: ひろびろとひろがる農地
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 319
act without warning: 不意打ちをくわせてくる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 243
act without hesitation: こころ残りのないように
池波正太郎著 フリュー訳 『後は知らない』(Master Assassin ) p. 182
act as though nothing ever happened: けろっとしている
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 303
act as though ...: 〜する真似をする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 209
sb’s actions are not motivated by thought of gain: あれは欲得ずくでやったことじゃない
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 191
although one actually experience neither ... nor ...: 〜でも〜でもないのに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 99
actually, though: でも
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 216
the thought that ... give sb acute discomfort: 〜だから(人が)ひやひやする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
Without so much as a smile, he added, "Bring me anything?": それから彼は「おみやげは?」と笑わない顔で言いました
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 254
offered an additional thought: さらに自分の考えを述べた
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 34
admit idealistic thoughts and dreams: 夢や理想主義に溺れる
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 29
though I must admit ...: もっとも〜だが
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 155
without more ado: あとくされなく
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 82
without further ado: 有無をいわせず
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 53
how could a child grow to proper adulthood without sth?: 〜がなくて、子どもがどうしてまともな大人に成長できよう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 475
not even sb can do without arousing adverse comment from other people: さすがの(人)も〜するのでは、何を言われるか分かったものではない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 448
although their affair had been brief: 〜との恋の季節があっけないほど短かったわりに
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 52
feel as though one have a chance to affect things: みずから作戦向上に参加できるとの意識を持てる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
aforethought:故意の
辞遊人辞書
after thirty minutes of being lost in thought: ぼんやりとしたそんな時間が三十分ほどすぎた頃だったろうか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 238
after careful thought: 熟慮したあげく
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 187
after much thought: 思うところあり
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 126
architectural afterthought carved out of ...: 〜の一部を建築家があとから思いついて改造した部屋
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
an afterthought recovery: しまったと思って頽勢挽回をはかる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 216
as a brilliant afterthought, sb add: 恰好の目印を思いだしてつけくわえる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 89
afterthought:前言をひるがえすようなよけいなこと
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 134
state as an afterthought that ...: ぷいと〜と言う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 489
as an afterthought: それから思いついて
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
as an afterthought: ふと思いついて
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
of a thousand ages past: 一千年前の
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 107
travel an aggregate of over four thousand miles: 延べ四千マイル以上を旅する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 42
Everyone else agreed, but Eguchi thought differently: 居合わせた一同もそんなとこだろうと言いあったが、江口はそうではないと思った
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 52
I thought we’d agreed on Polly: こないだ、ふたりで決めたはずですけど……ポリーと呼んでくださるって
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
as though at a signal previously agreed upon: 諜し合わされたように
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 203
cool wind purge one’s mind of aimless thoughts: 行き場のない考えごとを涼しい風がさらってゆく
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 59
tell sb without alarms: 気負いもなくつげる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 103
alarmed by the thought that ...: 〜という事実に愕然となって
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 304
albeit without the money: 中の金は抜き取られていたが
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 188
be alive though in a bad way: 息はあったが重傷を負っている
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 243
It wasn't all fabrication, though was it, Toby?: しかしトビー、全部が全部つくりごとでもなかっただろう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 235
without AA, all BB in the world is ...: AAがなければBBもしょせんは〜にすぎない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 209
though sb have been all ears: 幾ら体じゅうを聞き耳にしてみたところで
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 200
on the spot without giving any thought to the matter at all: 即座に考えるそぶりも見せず
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
haven’t thought it all the way through: そこまでの読みはなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 512
all very upright, I’d always thought: 堅物だとばかり思つていた
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 135
even though sb had allegedly done ...: (人が)みずから買って出たという話だが
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 114
allow oneself a few darting thoughts on ...: 二、三度ちらと考えてみるゆとりまでもできる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 214
do almost without thinking: ろくろく考えもせずに〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 560
be to sb almost totally without significance: (人に)とってまるで無意味だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 143
almost without cause: これといった理由なしに
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 209
almost thought one meant it: それは自分の本心ではないかと信じそうになった
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 26
almost as though ...: あたかも〜のように
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
as though he alone bears all the pain and misery in the world: この世の虐待を一身に背負ったような
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 81
be alone in one’s thoughts: 頭の中は自分の想いで一杯である
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 59
as though they are completely alone: 人もなげに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 209
although:〜くせに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 57
although ... but ...: 〜しつつ〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 172
although it is still not yet noon: まだ正午前だというのに
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 216
although ...: 〜とはいえ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 115
although:〜ながら
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 74
although ...: 〜にしろ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 208
although:〜はありながら
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 51
although it is ...: いくらそれが〜であるとはいえ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 43
although:かといって
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
although sb does not know sth: (人には)知る由もないが〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
although ..., one do: 〜だが、それでも〜する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 167
although sb is a writer: ものを書く男のくせに
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 52
although:しかしまた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86correct
ツイート