× Q 翻訳訳語辞典
I know   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I know: そうだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
I know: だろうな
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 218
I know: よおし
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 117
Actually, I know the answer: そりゃ私から見れば分っています
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 47
that’s all I know: いまわかってるのはそのことだけ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 261
for all I know: あるいは〜かもしれない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
I know another place so cheap you won’t believe it: わたしの知っているところにいけばおどろくほど安い
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 64
I know you’re anxious to do: さぞかし〜したかったことでしょう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 252
as far as I know: どうやら
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 170
Why don't I know these things?" he asked: なぜ、わたしに知らせないんだ」父は突っかかった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 398
About her background I know almost nothing: 彼女の生いたちについて、僕はくわしくは知らない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 15
I know it’s bad: 辛さはわかるわ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 61
it deserves to be in a better place and I know it: ほんとは、もっとちゃんとした場所にしまってあげなきゃいけないんだけどねえ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
I know something even better: もっといいことがあったんだぜ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
I’m blessed if I know: なんだかわかりません
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 92
like what? I know that it’s none of my business: さしつかえなければ聞いてもいいかな?
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 34
I know how busy you are but ...: お忙しいところ恐縮でございますが
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 240
I know boy--but we're going to fool her: わかってるのよ。でもね、あいつの眼をくらましてやんなきゃならないんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
come naturally from I know not where: 何処からか自然に湧いて出る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
I know just about everything when it comes to sth: 僕、〜のことなら何でもしってるんだよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 65
of course I know ...: 〜ことぐらい心得ている
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 6
damned if I know ...: 〜だろうと知ったことではないが
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 214
damned if I know: 知るか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 31
what I know what I can do: 知っていることを全部ぶちまけてやる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 166
I know what you did: やってくれたね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
I know exactly what I’m doing.: 性根はたしかだよ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 28
no special meaning so far as I know: べつに意味なんか無いのじゃなくって
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 73
I know it sounds far-out: 途方もない話だと思われても仕方ない
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 169
I feel like I know sb: (人と)初対面って感じがしないくらいだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 29
Don't kid yourself, I know what a fire fight is like: だから、生意気なことは言わないほうがいい、実戦がどんなものか、こっちはちゃんと心得てるんだ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 251
you forget that I know nothing about it: ぼくはまだ、何もきいてないんだよ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 169
hell if I know: 知るもんか、おれにきいたって
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 135
I know it, but I know not how: 何となくそんな気がする
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 133
I know how: 心得たもんだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
how will I know you?: あなたのお顔を存じませんが
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 190
how should I know: 知るわけないだろ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 97
how do I know: わかりゃしない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 331
I know this is impertinent: 不躾なことを訊くようだけれど……
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 310
have been influenced by those I know: 知友に多くを学んでいる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 354
I know sb and sb are inseparable: (人と人とは)切っても切れぬ仲のはずだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 220
I know that her word is inviolate: あの女が約束をたがえるはずがないことは、この私がよく知っている
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 47
I know that her word is inviolate: 彼女が約束を守る女であるのを知っている
I know sb has a job to do: いかに仕事とはいえ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 77
I know because of the thrill: ぞくぞくとしたからまちがいない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 33
I know that: それはよくわかっている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 113
I know now that ...: いまとなればわかるが、・・・・だ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 241
editors I know from other publications: 顔を知っている他社の編集者
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
Lilly, don't kid me, I know: リリーごまかすなよ、俺は気が付いたんだ
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 145
I know that ...: 〜とは思うんだけど
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 353
I know them: だから知りつくしてるのさ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 220
why don’t I know these things: なぜ、わたしに知らせないんだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 398
where I know sth is: 〜があるあたり
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 563
sb I know will not do such a thing: (人が)そんなことをするわけがない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
I know what I’m talking about: いいかげんなことを言ってんじゃない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 65
I know well: 大丈夫、まかしといて
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 395
I know the intention was to do: 〜しようという考えにも一理ある
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 166
I know that ...: 〜からね
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 85
I know sb must have done: (人が)〜したでしょ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 396
I know sb is afraid to do ...: 〜したくないからだろう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
I know sb be surprised at my talking to sb like this: ぼくが(人に)たいしてこんな話しかたをするのに(人は)度肝を抜かれているだろう
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 165
I know nothing of it: なんにも存じません
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 262
I know it is: そうよね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 218
I know it: わたしは自信がある
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 61
I know ... would be no problem, but ...: 〜はともかくとして
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 134
I know ...: どうせ〜にちがいない
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 29
I know ...: 大丈夫
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 61
I know ...: 伝わってくるんですよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78A
don’t know the ABC’s of life: 人生の西も東もてんで解っていない
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 40
all one know about ... is ..., about enough to put into a thimble: 〜について(人が)知っているのは〜くらいだ。殆ど知らないのも同然だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 345
know a thing or three about campaigning: キャンペーンのやりかたぐらい心得ていてもおかしくない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
I absolutely know ...: 僕ちゃんと知ってるんだから
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 43
know absolutely nothing about ...: 何一つわかっていない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 93
know absolutely nothing about ...: 〜を知る筈もない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 178
Anyone who doesn't know you is not going to be as accommodating: きみを知らない人間だったらそんな簡単には金を貸してくれないよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 264
volunteer an account of the hardship one have known: 問わず語りに自分の生い立ちの貧しさを語る
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
be acknowledged as something of an international authority in this field: この分野におけるひとかどの国際的権威とみなされている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 17
determine not even to acknowledge sb: 頑として(人の)ほうを見もせず
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
learn to acknowledge the existence of a world other than one’s own: 自分以外に世界のある事を悟る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 201
acknowledge the boons at the several points in the course of ...: (人が)受けた恩恵について、文中で適時述べる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 591
acknowledge diplomatically: 認めて、攻撃をかわす
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 65
all suggestions gratefully acknowledged: どんな提案も謹んで拝聴する
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 120
'Acknowledge,' Tyndall ordered briefly: 「「了解」だ」ティンドルはひとこと命令した
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 179
would be acknowledged in ...: 〜のなかで触れられることになっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 280
without acknowledging ...: 〜を意に介さず
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 55
tacitly acknowledge sth: 〜を黙認する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 351
say, as if acknowledging that one have no control over ...: まるで自分で〜をいかんともしがたいと言っているようだ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 76
look up sb and embarrass sb by making sb acknowledge one: (人の)前にのこのこ現われて、姿をさらして(人に)恥ずかしい思いをさせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
don’t acknowledge sb in any way: もう二度とまともに(人を)見ようとはしない
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 260
acknowledge sb’s presence by doing: わかってるわよといわんばかりに〜する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
acknowledged authority on ...: 自他ともに許す〜の権威
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 168
the acknowledged intellectual of the crew: 誰もが認める船中一の知恵者
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 142
demonstrative acknowledgement: 大仰な挨拶
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 143
respond with acknowledgement: 確認の合図を送り返す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 168
with one’s fervent acknowledgements: ほんとに心から感謝していますって
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 137
wink acknowledgement of the signal: 命令了解の信号を明滅させる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 333
without acknowledgement: 知らぬ顔で
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 141
bow gravely in acknowledgement: それに対してうやうやしく一礼する
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 59
an acknowledgement-of-damage slip: 損害賠償伝票
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 433
give no such acknowledgment: そんなそぶりは見せない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 444
And the purpose of this acknowledgment?: この確認合図の目的は何か
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 125
with due acknowledgment to sb: (人に)敬意を表しながら
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 263
Florentyna said, passing on her newly acquired knowledge: フロレンティナは仕入れたばかりの新知識を受売りした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 119
acquire the knowledge of ...: 〜に関する知識を自分のものにする
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 10
specialize in knowing where the action: どこで面白いことがあるかということに関して実に耳が早い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 94
never know about the activity: そんなことが行われているとはつゆ知らない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 224
have sufficient actual knowledge: 充分な証拠を見つけている
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 87
do not know for sure that sth is actually ...: 〜かよくはわからない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 46
actually know very little about sb: かんじんの(人を)よく存じあげない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 48
a man I don’t know from Adam: どこの馬の骨かもわからん男
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 68
I don’t know what more I can add: わたしのほうからつけくわえることはない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
know the answer in advance: 答えは聞くまでもない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 289
know the advantages of psychological approach: 心理的なかけひきを充分に心得ている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 336
I have the advantage of knowing ...: ぼくは〜を知っているんだぜ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 193
people knowledgeable in Panamanian political affairs: 政情に通じた一部のパナマ人
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 125
well known as an aficionado of ...: 〜好きといふ評判の高い
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 19
be not afraid to say when one doesn’t know: わからないことはわからないと臆せず言う
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 252
aimlessly as if one don’t know what to do with sth: もて余したように
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 217
break out in the air and words sb know so well: 節も文句も(人に)おなじみの歌をうたいはじめる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 85
have that knowing expectant air: いわくありげな顔をしている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 105
have not known if sb is alive or dead: (人は)生死不明だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 248
know life in all its aspects: 世の中のいろんな面に通じる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 238
not all the things which happen in ... is known to sb: (人が)〜で起こったすべてのできごとを知りつくしているとはかぎらない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
know all the details of sth: 〜の細目を知りつくす
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 99
don’t know all the science of sth: みなまで理屈を知ってるわけじゃない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 68
one have lodged with enough shogi players to know all this: 将棋さしと何度も同宿したことのある(人は)、そのへんの事情はよく知つている
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 18
I want to know all about you, young man,: きみのことを洗いざらい知りたい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 296
that’s all I really know: 詳しいことは私も知らないけど
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
know what life is all about: なまなましく生きている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 98
know what it is all about: 事情がわかっている
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 65
know all this: それもこれも知っている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 182
I don’t know we should do ... at all: 〜するのがいいものかどうか、こいつは考えもんだ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 134
don’t really know sb, in fact, at all: (人を)まったく知らないといってよい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 201
don’t know what it is all about: 何事かは知る由もない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 119
be not known at all in the outside world: 一向外部へ通じていない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
be known in all the neighboring villages for one’s filial piety: 近隣に聞えた孝行者だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 244
all we need to know is ...: 〜がわかりさえすればいい
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 166
all sb know is ...: 〜だけはたしかなことだ
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 41
all one knows is that ...: ただ〜という意識しかない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 165
all know how well sb fights: (人の)見事な闘いっぷりが手にとるようにわかる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 332
know that all right in one’s head: さういふことも十分あり得ると頭では認めてゐる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 168
all-unknowing little bird: 無知のひよわい小鳥
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
know how to make allowance for that circumstances: ちゃんとその辺のことはわかって下さるはずだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 145
be not one of sb’s known allies or liaisons: 知られているかぎり、(人の)交際仲間ではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
almost as if sb knows: 何となく感づいている風だ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 48
know almost nothing of ...: 〜について皆目わからない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 34
know almost nothing about ...: 〜については、なにも知らないにひとしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 105
know almost nothing about ...: 〜には疎い
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 159
know almost nothing: くわしくは知らない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 15
almost didn’t know sb: 見違える
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 17
know the important parts already: もうおおよそのことは知ってる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 106
also know what one did: (人が)〜したことも事実だ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 64
have to do although one know one will hate to do it: いやでも〜しなければならない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 43
always know how to lie: もともと嘘をつくのはお手のものだ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 418
know a certain amount: いっぱしの通だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 24
be the type of man who, though not amusing, has a knack of knowing things: 面白味こそないが、いろんなことに通じるこつを心得た男だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 60
And he'll never know it was you: それに、バスターはきみのことを疑いっこない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
And that's something I feel I have to know: だからこそ、ぼくは真相を知らなければならないと思うんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
And damned angry, and a little upset knowing it happened on my beat: それから非常に腹が立ち、また自分の管轄内で起こったと知って少々動転したのも事実だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 120
I think you know the answer: それはきかずともわかるだろう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 385
answer knowingly: よく判っているようだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 102
know that to make any more noise would be death: それ以上余計なことを言っては命がないと悟る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 427
They weren't burying just anybody, you know: そこら辺のやつを送るのとはわけがちがう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
do not know what anybody is talking about: 男たちがなんの話をしているのか、さっぱりわからない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
ツイート