× Q 翻訳訳語辞典
D and C   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

have a D and C: 掻爬の手術をする
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 89
they conceal/express and express/conceal the mind (kokoro): 心を表現するとともに隠し、隠すとともに表現する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 20
be understandably taken aback by crudeness of sb: (人の)口からこんな下品な言葉を聞かされて、腰を抜かさんばかりに驚く
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 148
restless contingent that abandons home: わが家をかえりみぬ落ちつかぬ人々の群
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 133
a sense of slovenly, affectionless abandon: どこか投げやりな心のこもらないすさんだ感じ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 91
abandon the dream one have cherished too long: 永すぎた夢想を捨てる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
that project is abandoned: この計画が放擲される
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 115
be seized with a certain abandon: 放心状態になる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 47
abandon one’s fear of discovery and do: 相手に気づかれるのも忘れて〜する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203
a craven who abandoned his post: 侯爵の地位を棒に振っちまった臆病者さ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 101
abandon oneself to the fancy: 放心状態に落ちる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 71
turn with the reckless air of a man who abandons himself to his destiny: すてばちな態度で、どうでもなれとひらきなおる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 194
give up oneself up to sth with a perfect abandon: (物事に)てもなく易々とかぶれてしまう
be lying down in an abandon of comfort: とてもいい気持ちで寝ている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 194
an abandoned ceramic brazier: 使いみちのなくなった古い陶製の火鉢
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 10
abandoned edge in sb’s voice: (人の)声にひそむ自暴自棄めいたトーン
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
I passed an abandoned tennis court: 人気のないテニスコオトがさびしげに見えた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 161
abandoned logging camps: 伐採地の飯場跡
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 180
"It's like an aircraft carrier in here--abandoned," he said mournfully: そして、「そう、味方に見放された航空母艦に乗っているような気分なのだよ」と悲しげな声でつけくわえるのだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 198
an inhuman abandonment consideration not easy to be understood in these days: 今の人にはほとんどわからないような冷酷な非情さ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 197
be condemned to spend sb’s whole life in humiliation, apologies, and abasement: 恐縮し謝罪しはにかんで生きていなければならない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 162
one’s incredible ability to imitate and throw sounds: (人が)信じられないような擬音を出してみせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
not be able to find one’s way around the kitchen with a map and a guide-dog: 台所まわりのことに眼がとどかないものだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 302
and see sb about to wrench sth open: しかも、(人が)今やこじあけにかかったのを見ると
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 293
one’s hands locked about sb’s neck: 首のうしろで組み合わされている手
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
can be up and about like this: こうしていられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 106
one’s ideas suffer an abrupt about-face, and ...: 手の平を返したように〜
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 301
stand above consciousness: 意識を超越する
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 46
say-hey and abracadabra: ちちんぷいぷい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
come to an abrupt and drastic end: 全く途絶える
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 14
be icy and abrupt: 冷然峻酷
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 196
'Have you tried a block and tackle?' he asked abruptly: 「滑車を使ってみたか」いきなり彼はたずねた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 423
Race and Poirot exchanged glances and then abruptly left the room: レイスとポアロは互いに目を見合わせて、だしぬけに部屋をでていった
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 369
Isao abruptly picked it up and got to his feet,: 勲はつとこの本に手をのばして立上がった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 187
Abruptly, a clerk appeared and asked what she wanted to see: ふいに、学生部の事務員が顔を出して、何の用かと尋ねた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 223
one of those mysterious and prolonged absence: 謎めいた長期間の雲隠れ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 190
there is a half-smile on sb’s face and an absent expression: うっすら笑みをたたえた、どこか茫洋とした表情
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 285
Sandy absently tells Kemp to list another motion for production: それを聞くとスターンは、心ここにあらずという様子で、ケンプにその提出を求める申請を指示する
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 270
one’s absolute and precluding ambition within ...: (人が)(場所での)野心にあくまでも執着している
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 258
Dandyism which is an attempt to assert the absolute modernity of beauty: 美のまぎれもない現代性を主張しようと試みるダンディズム
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
must have absolute peace and quiet: 絶対安静が必要だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 470
stand in absolute silence: 押し黙ったまま立っている
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 199
give sb such an absolute and negative answer: (人に)にべもない返事をする
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 113
absolute and uncompromising allegiance to obscenity and evil: 猥雑な言葉や悪意との切っても切れない関係
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 113
guard and protect sb absolutely: (人を)どこまでも護る
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 203
refuse categorically, absolutely, in toto and entirely: あたまっから、徹頭徹尾、まるっきり、完全に拒否する
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 112
write everything down plainly and absolutely without concealment: 何も一つも包みかくさずはっきり書く
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 29
understand how absolutely and completely true they are: 百パーセントの真実だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
absorb and acculturate sb: (人を)呑みこんで同化させる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 41
in the minute and yet abstracted fashion: 細心で、しかもぼうっとした態度で
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 97
sb’s abstracted and uncurious gaze: 気力のない放心したような(人の)まなざし
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 10
be both logical and absurd: 当然でもあれば浮世離れもしている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 400
abundant plant and animal species: 豊富な種類の植物と動物
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 15
astonishing acts of violence and sexual abuse: 目を覆うような暴力と性的虐待
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 228
steady and accelerating advance of the multifarious ways of ...: 〜が着々と進行している
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 89
accent and intonation: 抑揚
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 38
reluctantly accepting ... that sb insists on pressing into one’s hand: (人から)〜を無理やりつかまされ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 94
accept the available boxes and pigeonholes: 既成の価値観や規範に従う
accept sth as it stands, as sth: 〜であるとわりきる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 3
accept one’s invitation and do: (人の)誘うままに〜する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 325
... deviated from accepted standards: 常規を逸した〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 68
produce an opinion that is just and acceptable: もっともな妥当な意見を述べる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 374
accepted standards: 風俗
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 27
wander accidentally into ...: 何かの拍子で〜に迷いこむ
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 49
accommodate ... to the landscape of one’s own memory: 〜を自分の手持ちの記憶にはめ込む
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 97
to the accompanying rise and fall of the waves’ deep whisper: 底ごもる波のつぶやきがおしのぼってゆくなかで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 190
sacrifice the interests of one’s accomplices and victims: 一味徒党や身を粉にして働いたもののことなど、これっぽちも考えずに、踏みつけにしている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 250
accomplish by dexterity and cunning: 手ぎわよく巧妙にやってのける
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 187
be an accomplished sleight-of-hand artist: (人の)手先の器用さは天下一品だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
sb’s real memories and the written and filmed accounts what have happened in sb’s life: (人の)現実の記憶と、文章や映画に描かれた出来事
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
have a first-hand account of ...: 〜の話をじかにきく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 486
take sb’s demands into account: (人)の要求を呑む
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 217
how shallow, and of what little account!: なんと皮相で、しかもとるに足りぬものであろうか!
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 179
balance the checkbook and the house accounts: 小切手帳と預金通帳の入金と出金を照合する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
hold oneself accountable for certain standards: 〜としての責任感がある
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 71
the folks who handle the accounting on ...: 〜の経理をあつかっている連中
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 17
with the words, and their deadeye accuracy: その言葉があまりにも急所をついているために
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 139
get a hand of aces: 切り札がそろう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
the ache of loss and sorrow: 喪失感と悲しみ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 73
achieve the right combination of A and B: AとBをうまく塩梅する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 18
Well hell, I mean I see this whole thing as Bee's achievement and not mine: じつをいえば、これはひとえにビーの手柄であって、わたしの手柄ではない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 88
look up sb and embarrass sb by making sb acknowledge one: (人の)前にのこのこ現われて、姿をさらして(人に)恥ずかしい思いをさせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
And the purpose of this acknowledgment?: この確認合図の目的は何か
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 125
make sb and sb acquainted with one another: (人と人を)引き合わせる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 141
an acquaintance grow, flower and fructify: 一つの知遇が生まれ、花を咲かせ、実を結ぶ
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 80
one’s friends and acquaintances: 友人知己
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 354
acquiesce to sb’s land-grab: (人の)言うなりになって土地を渡す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 53
have been assiduously acquired and jealously guarded: 苦労して集め、しっかりと守ってきた
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 272
thousands of acres land: ひろびろとひろがる農地
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 319
The former clown and acrobat liked to keep busy: 道化でアクロバット芸人だっただけあって、彼は常に体を動かしていなければ落ちつかなかった
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 178
come to sb across the sand: (人のところに)砂浜の向こうから集まってくる
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 101
stretch one’s hand across the table: テーブルごしに手をのばす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
rub it twice vigorously across and down sb’s face: (人の)顔を、たてよこ十文字に力をこめてぬぐう
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 193
raise one’s hand and slap sb hard across the face: 「ばしーん。」と音をたてて平手で打つ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 83
put one’s hand across one’s mouth: 口に手をあてる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 427
one’s hand is across one’s face: 片手を顔にあてている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
lean across the font seat and open the door: 身体を横倒しするようにしてドアを開ける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 372
have one’s hands across one’s tummy: 腕を組む
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87