× Q 翻訳訳語辞典
They   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あいつら
   
What do they think?: あいつら、何を考えてるんだ? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
あそこ
   
they take attendance?: あそこじゃ出欠はとらんのかね? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
あの人たち
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
あんな連中
   
consider them a worthless lot: あんな連中はろくでなしだと考えている ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 189
いずれも
   
They did: いずれも、無関係だと思うと答えた ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 36
おおかた
   
fuse box fire is what they come up with: ヒューズ箱だというのが、おおかたの意見 ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 60
こいつら
   
so they know so much: こいつら何様のつもりなんだろ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
Did they misbehave?: こいつら、おとなしくしてなかったのか タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 197
ここで
   
are they treating you decent?: ここでまともな扱いを受けているか? ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 457
この子たち
   
They like to flirt with wickedness: この子たちはろくでもないことが大好きなんだからね ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 73
そいつら
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
その人たち
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
だれもかれも
   
they don’t believe him: だれもかれも、おれのいうことを信じてくれない ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 204
ふたり
   
They smiled at one another: ふたりは顔を見合わせて微笑した トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 166
They parted without saying goodbye: ふたりは別れのあいさつなしに別れた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 386
They drank, went to a strip club, and talked old times: ふたりは飲んで、ストリップ・クラブへ行き、昔話に花を咲かせた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 277
Most likely they die before they get here: ここまでこぬうちに、ふたりとも命をおとすかもしれんな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
Maybe they take also a couple of vodkas: ほかにふたりともウォッカを二杯ほどかな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 428
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
みんな
   
They're egging him on: みんなが彼をたきつけている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 363
They like to talk when they're in the chair: みんな椅子に座ると話をしたがるのだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 356
they like ...: みんな〜を気に入ってくれてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
they are ready outside the closed door of the sb’s room: みんな身支度を済ませて、(人の)扉口の外に立っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 17
they agree: みんなでいい合う ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 18
so they say: みんなそういっておる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
No wonder they love you: みんながあんたをあがめるのもむりないよ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 409
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
むこう
   
It's if they have anything to ask: むこうに質問があったとき、きみが話すんだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
eleven is already too early, George, they won't arrive till twelve: 十一時でもはやすぎるよ、ジョージ、むこうは十二時前にはこないから ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 421
やつら
   
They'd laugh, though: でも、やつらは笑うぜ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
They couldn't afford a house like mine: やつらじゃあ、俺の家に手が届くものか メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 239
Except they weren't joking: でも、やつらは本気だった タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 167
Because one day we shall defeat them: なぜって、いつかおれたちはやつらをたたきつぶすんだから ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 170
And they can just go on sending out one subpoena after another?: やつらはあとからあとから令状を送りつづけることができるのかね? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 341

一家
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 315
一行
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 278
一同
   
They walk forward: 一同歩きだす ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 203
they look at each other in open bewilderment: 一同はあからさまな当惑の色を見せて顔を見あわせる ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 71
they hear ...: 一同は〜を耳にする セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 67
they drink to ...: 一同は〜に乾杯する ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 77
<例文なし> ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 165
向こう
   
they give ...: 向こうで用意してくれる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 112
they can’t help it: 向こうも好きでそうなったわけじゃない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 167
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 20
四人
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 161
手合い
   
know a number of them: そんな手合いを何人も知っている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 186
世間の人たち
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 102
相手
   
Maybe they're selling for farmers, maybe speculators: 相手は生産者の依頼で売っているやつかもしれんし投機家かもしれんが、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 68
他人
   
but what could they learn from that?: だからといって、それだけでは他人はなにも感づくまい ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 206
大人
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 229
誰か
   
don’t like it when they say one is ... and ...: 誰かにあいつは〜だとか、〜だとか言われたりするのが、好きじゃない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 506
誰も
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 168
   
For some reason that always makes them leave a little quicker: なぜかニューヨークからの電話と聞くと、敵はインタビューを早めに切りあげてくれる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 401
二人
   
The looked at each other: 二人は顔を見合わせた カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 132
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 268
品物
   
Still, they're made to last, aren't they?: それにしても、永持ちする品物だな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 386
列車
   
they are on the outskirts of the city: 列車が街の郊外にさしかかる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 109
連中
   
They're already asking what the Soviet posture will be, even now: はやくも連中、これでソ連の姿勢はどうかわるのかと、いまからきいてくる始末だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
They speak low, but I think I know what they are saying: 連中はこそこそと話しているんだけど、何を話しているかはだいたいわかっているよ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 387
they flaunt their conjugal felicity in one’s face: この連中は自分の結婚生活の無上なる幸福を他人の鼻先でこれ見よがしにひけらかす ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 153
they are fantastic: まったく大した連中だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 428
it always means that they have a history: そういう連中はきまって曰くつきの過去をもっているのだから ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 153
I think they're going to kill Gary: おそらく連中はゲイリーを生かしてはおくまい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
Holding interviews with them at dead of night?: そんな連中とよる夜中に会ってみたり ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 267
God knows what they must live on: じっさい連中はなにで食っているんだろう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 510
And they think it's all fine and proper: そういうのを立派なことだと考えている連中がまだいるんだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 140
And they become really dangerous: そういった連中は骨の髄まで危険なんだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 501
And can you guarantee their silence?: 連中の口は固いだろうな? ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 199
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 49

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

theyyy’rrre OFF!: 全馬、一斉にスタートしましたああっ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
they say ...: 〜らしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 188
they say: そうらしいな
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
they go together: (人は)必ず(人も)連れて行く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 168
they’re here: 先方
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 473
their eyes: 両者の目
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 313
they uncouples the car: 車両が切り離される
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 115
they talk about ...: 〜とは聞いていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 208
they scrub it and polish it: 〜をみがきこする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 433
they restore the death penalty: 死刑が復活する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
they more or less think of sb as a welfare family: (人は)まるで生活保護を受けている家庭みたいに扱われる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 387
they have nothing they can scare sb with: (人が)もう怖いものなしみたいになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 501
they get sb on ...: (人が)〜で捕まる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 470
they don’t call it ... for nothing: 〜が〜と呼ばれるのにはそれなりの意味がある
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
they do say ...: 〜ですから
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 339
they cover only a third of the lesson plan: 授業が予定していた三分の一しか進まない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 309
they clang an old farm bell here: 鐘が鳴った。ここには古い農家の鐘が吊るしてあるのだ。
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 252
they are going to execute sb: 死刑は執行されるだろう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 478
they are empty and silent: 人影が見えない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 253
all they have left after the bank took one’s house: 銀行に家を差し押さえられたあとの(人の)全財産
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 337
They acted rather like a married couple: 二人のしぐさは夫婦じみていたけれども、
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 7
They waited, amenities exhausted, on the outskirts of adversity: 社交の言葉も底をつき、ふたりは対決を控えて待っていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
They owned this little corner of the autumn afternoon: 秋の昼下がり、小さな交差点に立っているのは、ウィルマとネッティのふたりきりだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
They all agree: 魔女全員、その意見にうなずき、・・・
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 93
They tried one- and two-finger points and agreed that two was better: ほかの四人は、指が一本の場合と二本の場合で、腕の伸び具合がどうなるかを試してみて、なるほどとうなずいた
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 155
They agreed that Toby would come over within the hour: 一時間以内にトビーをよこすということで話がまとまった
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 125
They had all taken place in the early hours of the evening: 盗難はいずれも宵の口であった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
They weren't burying just anybody, you know: そこら辺のやつを送るのとはわけがちがう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
They were closing it up, anyway, and the band had quit a long time ago: でなくても、もう閉まるとこだったし、バンドの連中はとっくの昔にいなくなってしまってた
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 120
They teach officers to be proud, to be assertive, to stand tall: 軍隊では将校に、誇りをもち、毅然として立ち、つねに準備を怠るな、と教えている
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 342
They'll assume Sidd thinks that someone on the staff leaked all this stuff: 球団の誰かがすっかりばらしてしまった--シドがこう考えるだろうと、球団側は読んでるだろうな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 203
They're not as bad as movies, but they're certainly nothing to rave about: そりゃ映画ほどつまんなくはないけど、でもそんなに大騒ぎするほどのもんじゃない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 182
They pick their spot at the base of that pop-up target over there: そして、あの飛び出し標的の足もとの地点を選んだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 168
Before, They had only been toying with him: それまでのあいだ、やつらはキートンをいたぶっているにすぎなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
They bickered for a while: ふたりはしばらくやりあった
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 359
They would stand before the judge, twenty and thirty abreast, and bicker: 彼らは、二、三十人固まって判事の前に立ち、口論しあうのだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 209
They must be Chobei's bodyguards: 伊豆屋の用心棒だね
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 98
They are brazen enough to think they have the right to live idly: 何もしないで生きていようというのは横着な了簡だからね
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
They had no bullpen: 頼りになる中継ぎや抑えもいない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 264
They might detect that within him was the odor of a burning fuse: 勲の内部ですでに燻ぶりだした導火線の匂いを嗅ぐだろう
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 286
They began nodding to each other busily: たがいにせわしくうなずき合い
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 119
They were laughing, but they looked terrified: 彼らは声をたてて笑っている。なのに、その表情はあきらかにおびえきっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
They acted more like they knew they were celebrities and all: 自分たちは有名人だと意識してやってるって感じかな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 195
They say that the choice made in 1917 is irreversible: 1917年の決定は取り消すことができないと言うのです
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 157
They were all caked in dirt, and had clearly just been dug up: その芋はいずれも土まみれでまさにそっくり全部いましがた掘りおこしてきたばかりです、という状態であった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
They're going to run a clinic using ultrasound therapy next year: 超音波治療の診察室が来年できる予定なの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
They weren't close any more: 彼らとはもう仲好しではなかった
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 108
They are young bucks, drunk and cocky but harmless: 男たちはほんの若造で、酔って威勢がよかったけれども大した相手ではなかった
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 139
They were both waiting for the same inevitable collapse: ふたりとも彼がまたかならずくずれるのを待っていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 150
They were enjoying the crisp morning, and the company: ふたりはさわやかな朝と訪問者をたのしんでいた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 319
They came to me and complained: わたしのところへきてこぼしました
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 312
They are both so confoundedly obstinate: 両方ともどうしようもない頑固者だから
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 298
'They should cook some more,' he said: 「もうちょいと熟さないとね」彼は言った
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 213
"They all gotta go, lady," the counterman said: 「全部倒れたらな」台についている男がいった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 194
They were courteous and I was even somewhat flattered: 三人とも丁重だったし、なんだか晴れがましい気分さえして--
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
They covered essentially defensive topics: 総じて質問は防御の立場から寄せられている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 170
They were his cover: 彼らは彼の偽装であり
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 48
They fearless 'cause they crazy: 頭がトチ狂ってんで、怖いものなしなんだよ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 90
They were nobodies, Jonathan decided: なんでもない男だ、とジョナサンは断定した
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 238
They may not be a delicacy, but surely, no one dislikes them: 旨くはないが、別に嫌いな人もないだろう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
They went reluctantly, sullenly, resentfully, despairingly: 不承不承、ふてくされて、いきどおって、やけ気味に
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 41
'They have a talent for diarrhoea,' a French friend observed: 「腹を下す才能がある」とあるフランス人の友だちは言った
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 168
They have no alternative but to try something different: 新しい道をさぐる以外に東欧諸国の選択肢はない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 107
They discussed food as they ate: たべながら二人は食べものの話をした
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 102
They clink glasses and drink: チェスターとテッド、グラスを触れ合わせて、シャンペンを口に運ぶ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 222
They turn up the television and drink: テレビの音を大きくしたふたり、シャンペンをあおる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 177
They assured me that this was easy for them: 空軍省はそんなことならお安い御用だと二つ返事で請け合った
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 221
They retain everything: 一切合財がはいっている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 217
They kept insisting everything fit the theme: 何から何までテーマに合っているとキャストは言い張る
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 194
They were to go in and listen to a litany of their failures: ワイスのもとに出向いて、自分たちの不手際をとがめるお説教を黙って聞いていればいいのだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 352
They'd fixed a cross up, fashioned it theirselves: 十字架も自分たちでなおして、体裁をつけてあった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 381
They're ferocious: 気の荒いやつでね
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 142
They came out less than twenty yards from the finish line: ふたりがたどりついた場所は、ゴール地点から二十メートルと離れていなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
'They never ask me that again!' she said, firmly: 「二度とそんなことは訊かなくなりますよ!」彼女はきっぱりと言った
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 247
They always flop, though, and it drives my mother crazy when he does it: しかし、こういうのはきまって失敗するもんだから、おやじがショーに投資すると、おふくろは頭に来ちまうんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 167
They all four froze: 四人はぎょっとして身をすくめた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 427
They gave me frequent warning to start applying myself: 勉強しろという注意はちょいちょい受けてたんだけどね
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 9
They were tears of self-pity, he thought, and he rubbed them furiously away: 自己憐憫の涙だ、と思い、彼は荒々しくその涙を拭いた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 358
"They call him Buster behind his back," Nettie said, and giggled: 「あの人、陰じゃバスターって呼ばれてるのよ」ネッティはくすくす笑いを洩らした
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
They showed no sign of going: 二人は立ち去る気配を見せなかった
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 247
They toasted each other gravely, the way Axel had taught him: むかしアクセルが教えたとおりに、ふたりはまじめくさって乾杯した
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 113
They say he was just standing and watching: あいつはただ見物してただけだってことです
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 143
They didn't mind the head-butting: どちらも正面衝突をいとわなかったんだから
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 247
They were hoods, weren't they?: どうせこいつらは悪なんだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 515
They ring a bell and you hop: 客がベルを鳴らすと、こっちはぴょこんとホップする
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
They are human: 彼らも人の子、
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
They shook hands; it was her idea: 彼女の意思でふたりは握手をした
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 183
They inject a fixed dosage of finely differentiated hormones into each fetus.: それぞれ微妙にちがったホルモンを、一定量ずづ噴射しているわけです。
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 146
'They're dead wood,' Smiley insisted: 「どれもいまなら枯木同然だ」スマイリーは折れなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 86
'They're just off the blower, sir,' he said woodenly: 「たったいま電話がありました」無表情に彼はこたえた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 34
They just came down on orders and wound up together: 当直の命令を受けて、たまたまいっしょになっただけだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 22
They were just lounging, passing a bottle in a sack: 彼らは何をするともなくたむろして、紙袋に入った酒瓶をまわし飲みしていた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
They'd just started analyzing basements and chimneys for thermal efficiency: 最近、地下室や煙突の熱効率を分析する研究にも着手した
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 189
They'll keep us posted: 状況はたえず知らせてきます
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 374
They carted her from pillar to post, A kid: あっちこっちへ連れて行かれた。ほんの小娘
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
They were the lucky ones: 彼らはしあわせな連中であった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 180
They've got this weird secret thing, like the Masons or the Mormons: 彼らは、フリーメーソンやモルモンのように、不可思議な秘密の儀礼をもっているのだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
They ran down her cheeks, mixing with the sweat there: その涙が、汗とまじりあって頬をつたいおちた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
They don't know much about computers, but they've got moxie: コンピュータには必ずしも明るくないがね、とにかく、やる気充分なんだ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 224
They looked nervous, respectful and tough: 落ちつきがなく、まともそうで、したたかに見える
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 19
They have a word for this now: いまじゃあそういう状態をあらわす術語がある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
They obviously realized I was shadowing: どうやら尾行者であることを見ぬかれてしまったらしい
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 39
They had a ding-dong once, never came to much: 一時期ふたりは仲がよかったんだが、結局大したこともなくおわった
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 83
They knew at once they were outcasts: 彼らはそこにはいるとすぐに、自分たちは半端者であることを知らされる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 107
They had the pallor of a new-born baby's: 新生児の目を思わす青白さがあった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 253
'They're perverts,' Kurimoto muttered from the periphery of the conversation: 「変態だな」と栗本が横でひとりごとを言った
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 73
They took delight in wanton destruction of the plants: 植込が小気味よく踏み躙られた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
'They're only a rabbit's innards,' Mungo protested: 「あれは単なる兎のはらわただぜ」とマンゴーは言い返した
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 176/
: they hadn’t even bothered to send Charlie on reconnaissance: といって、チャーリーを索敵にさしむけることさえしていない。
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
they are about to ...: そろそろ〜しようかと相談している気配である
they’re absolute bruisers: どう見たってボクサーくずれじゃないの
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 197
understand how absolutely and completely true they are: 百パーセントの真実だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
they accept cheques: 小切手やクレジットカードが通用する
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 79
a careless acceptance of things as they were: どんな状況も無造作に受け入れる気持ち
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
as they adapt to one another: 互いに気心が知れてくるにつれて
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 245
In jockeying for competitive advantage, they will force each other to adjust: 競争優位を勝ち取るために、日米欧はたがいに相手のほうこそ譲歩すべきだと言い合うだろう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 29
When the President and his advisers are engaged, they run the show: 大統領や補佐官たちのお出ましとなれば、意志決定は彼らの手に委ねられる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 12
they are English after all: そこはやはりイギリス人
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
they’d always had something against sb: (人には)もともとみんな反感を持っていた
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 182
Its agents are our Jesuits, these swine, they ruin everything!: その手先が、われらの陰謀家ども、あの下種野郎どもなんだ、あいつらはなにもかもぶちこわすんだ!
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
they agree: 全員が口をそろえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 18
they are not agreed: 意見が合わない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 135
they have all known that ...: 〜だとだれにもわかっている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 441
that’s what they all say: みんなそういうわ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
they can drop all the atom bombs they like for all I care: 落したいなら原爆でもジャンスカ落すがいい
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 20
they all look like ...: 彼らは一様に、〜という姿だ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
When one buys, they all buy: 誰かが田舎に家を買うと、我も我もとみんなが買う
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 192
they all have families: 皆妻子ある身だからね
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
Europeans talk as if they all will be winners in 1993: ヨーロッパは1993年になれば猫も杓子も金が儲かるかのように浮かれている
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 114
they all have: 例によって
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 29
grown-ups get to have all the fun, don’t they?: いいな、大人はな
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 180
are you sure business is all they are doing?: 買物以外のことをしてたんじゃないのか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
after all, they only want to do ...: そうだろう、彼らは〜すればそれでいいのだ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 67
they are almost black to one’s sight: もうみんな大分黒々と見えている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 304
they are alone: ふたりきりである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 416
as though they are completely alone: 人もなげに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 209
Alone they communicated as they always had, few words: 兄弟はいつもどおり言葉少ない会話で意思を伝えあった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 52
consider ... by positing that they were analogous to those ofA and B: 〜をAとBとの類比において考察する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 52
and Absolutely is gaining fast as they come to the last eighth of a mile--: いよいよ最後の一ハロン、アブソリュートリーがぐうんとピッチを上げてきた……
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
And what they really want?: ふうん。じゃ、仮面をぬいだ人間は、なにをほんとに欲しがってるの?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
And how do you think they'll take the news?: それにしても、ご両親は、おしりになってどうお思いになるかな?
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 17
And they did so: はたしてそのとおりでした
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 43
and they heard instead the angry wheeling of rooks and the growl of the city: かわって群れ飛ぶカラスのおこったような羽音と、街のうなりがきこえてきた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 53
see that they understand one another: これは話が通じたな、と思う
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 31
look as if they are having trouble keeping their hands off one another: 一刻も離れていられないように手を取り合う
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 73
beat any Bolshevik they find: 目に入るボルシェヴィキをひとり残らず打ちすえる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 322
Anyway, as they said, it's all up to us now, isn't it, Baian?: さて、これからは、こっちのものさ、ねえ梅安さん
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 239
But they know anyway, he thought stupidly,: しかし、どうせもうわかってるさ、といまごろばかみたいに気がついた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 44
Anyway, Krabach's nerves are in a pretty poor state, aren't they?: 何しろクラバックは神経衰弱だからね
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 43
Everyone kept apologizing, as if they were genuinely sorry: 皆、いかにも気の毒がっているみたいに慰めを言うのよ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 221
People never argue when they're confronted with a trained man,: 世間の人々は専門家のすることをとやかくいわないもんだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 122
If they want to argue I'll go up and argue: 誰かが文句をいったら、私が上がっていって話をつけてやるよ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 481
as they all are: だれもがそうだが
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
things are as bad as they can be: これが最悪であって、これ以上悪くなりようがない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
the sobs take sb and carry sb just as they will: 涙は(人を)とらえ、思うがままに(人を)さらう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
feel toward sb as if they are one’s sisters: (人と)兄妹同様の感情の結びつきがある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 573
be deployed as they should be: それぞれいるべき位置にいる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 259
as if they feel braver and righter knowing ...: 〜という気がして元気と正義感がわいてくるしくみだろう
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 42
as ... as they all appear to be: ご多分にもれず〜な
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 259
ask people if they want magazines: 雑誌に興味があるかどうかおたずねしてるんです
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
He walked over to the boys and asked them how they were doing: そしてふたりの高校生に近より、いらっしゃいと声をかけた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
I’m the one they asked: 白羽の矢が立ったのが、このおれだったんだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 132
"Joe," asked Keane's friend almost as soon as they were inside the room,: キーンの友人は、部屋に招き入れられるのも待ち遠しく、「ジョー」と話しかけた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 78
With clearer vision, they could correctly assess the situation: その目ざめた目には、事態がようやく正確に把握せられてくる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 92
David assured them all that they would reach £10: デーヴィッドが二十ドルまでは間違いなくあがると太鼓判をおしていたのだから
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 60
as they said on the street, an attitude: 巷の言葉で言えば「でかい態度」の若者
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
they are American, all of them young and attractive: アメリカの若い美しい女が揃っている
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 202
Autopsies are bastards, ain't they?: 検屍解剖って最悪なんだろ?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
Most of all they wondered what had become of the baby: 金棒引きの連中がとりわけ気にかけたのは赤ん坊の運命だった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 54
when they have barely shaken hands: 握手もそこそこに
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 214
basically they are just the same: それも結局はエゴイズムから出てきていることだ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 205
Basically, they told me off: 要するに私をなじりまくったのだ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 273
they incorporate a battery of feminine moves: これに、女性らしいジェスチャーが加わる
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 20
undo all one’s efforts just as they are starting to bear fruit: せっかく実りはじめたものを摘みとる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
they are lost only because one think they are: 無くなったように思われるだけなのだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 132
... and ... become a part of each other so that they are one: 〜と〜とがぴたりと一つになる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
have been raised in lavish surroundings, in a “bed of roses” as they say: いわゆる蝶よ花よとそだてられの子だった
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 51
'No doubt they'll get the hang of it before they get to Scapa,' he growled: 「スカパに着くまでには、きっと要領をのみこむだろう」ふきげんな声だった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 177
Probably they and Kitz saw eye to eye on the awkward matter before them: おそらく、尋問に先立って彼らとキッツは鳩首談合したに違いない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 280
On either track, real incomes will fall before they rise: どちらのやり方でも、所得はいったん減少し、そのあと上昇に転じるだろう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 150
Lunch was over before they served the soup: おかげでその昼食会は、まだスープも出てこないうちにお開きになっちゃった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 169
they clang an old farm bell here: 鐘が鳴った。ここには古い農家の鐘が吊るしてあるのだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 252
Besides, people talk better when they've tasted jail: それだけじゃない、留置場を体験した人間は、ほんとのことをしゃべるようになる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 333
how much better off they would all be if ...: 〜だったらどんなに楽だろう
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 92
here was a dead cert going to die on the big name they’d built for him: 奴らが祭り上げた優勝候補は今ここに消え去ろうというのだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 53
they’d pay sb big-time for this: これにはがっぽり謝礼が入る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 485
The trumpets were blaring for all they were worth: トランペットは一生けん命歌っています
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 223
it’s not the way to go on at all, though they swear blind that it is: 奴らが何と言おうと、そんな人生ってあるものか
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 57
they say, those boastful English, that ...: なんでも自画自賛屋のイギリス人どもは、言ってるようだが、〜だとか
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 225
they’re throwing the book at sb: (人が)お目玉をくらう
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 215
in fact they make quite a boring fuss: いろいろと、とてもめんどうだ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 38
He kept saying they were too new and bourgeois: 新しすぎるし、第一、ブルジョアくさいって言うんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 169
Take this spur line, boy, before they shut us down, which may be any day: この線だってさ、あんた、いつなくなるかわかんねえよ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 95
ツイート