× Q 翻訳類語辞典

まるで  

いっこう おさおさ およそ かたきし からきし からきり からっきし さっぱり すっかり すっぱり ずっぷり ずぶ とんと ふっつと ふっつり ふつに ぷっつり まったく まるきり まるっきり まる切し まる切り まんざら みっしり みっちり 一に 一円 一切 一向 万万 丸きし 丸っきり 丸っ切り 丸で 丸切 丸切し 丸切り 何も 全く 全然 凡そ 凡て 壱に 奇麗さっぱり 完全 完膚なきまで 完膚なきまでに 完膚無き迄 完膚無き迄に 徹頭徹尾 掻い暮れ 掻暮 掻暮れ 根っから 満更 皆乍 皆乍ら 皆式 皆目 皆色 諸に 頓と

ほんに 何とも 何共 完全に 本に

ずいぶん とっても なかなか立派な よっぽど 余っ程 余程 可也 可成 大した 実に 実際に 殊の外 結構 随分

absolutely の訳語→ 〜そのもの にちがいない いつも おそろしく おっしゃるとおりです きっぱり きわめて このうえない このうえなく さぞかし したきり じっと じつに たっぷり ちゃんと とにかく とにかくまったく どうしたって どうしても どうしようもなく どうにも どこまでも どのみち ならない ひっそりと ひとえに ほとほと ほんとうに ほんとに ぽかんとした まぎれもなく まさしく まちがいなく まったくの まったくもう本当に もちろんです ゆえん わかった。かならず 圧倒的な 圧倒的に 一つ残らず 何の〜 何一つ 極度に 決して 固く 充分 少しも 正真正銘の 生粋の 絶対に 絶対に金輪際 全幅の 大抵は 到底 百パーセント 文句のつけようがないほど 文句のつけようのない 本当に

absolute の訳語→ あくまでも いっさい それはもう なんといっても まぎれもない まごうかたない 完璧な 頑として 極度の 最低の 深い 真骨頂 絶対 絶対の 単純な 徹している 頭から 不動の 文句なしに 文句なしの

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば その実 そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに つい というより とりたてて どうして どうも どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 現に 言っときますけどね 事実上 実のところ 実をいうと 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まあ まず まずたいていは まもなく まるで〜よろしくといった めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら よく 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 危うく〜しそうになる 近い 似た 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 滅多に

altogether の訳語→ <訳なし> あながち うってかわった せいぜい なにしろ はたと 諸事 歴然と

amazingly の訳語→ うんざりするような ただならず と、これはどうしたことだろうか まるで奇跡のように 意外にも 驚くばかりに 思いがけず 珍しく

clean の訳語→ かたづいている かたづける かたづけをする きちんと きれい きれいな きれいに きれいに掃除されている きれい好き すがすがしい すっきりとした すっきりとして すんなりと そつのなさ たいらげる もうひとつも残っていない クリーン 異常なし 潔くきっぱり 除去する 飾り気ひとつない 澄みきった 晴れやかに 正当防衛 清らかな 清潔 清潔だ 清潔な 清潔感 清純な 聖人の 洗って 洗浄する 前歴がない 爽快 掃除 体を洗う 大掃除する 着換えの 摘出 品がある 無事完遂

completely の訳語→ 〜しきった もいいとこ あます所なく いかにも からからに がらりと きれいさっぱり きれいさっぱりと くたくたに ぐるりと これ以上ないほど ころっと しっかり すごく すつかり すべて ぜったいに そっくり たちまち ちっとも つきつめて つくづく とことんまで なにがあったって まことに まんまと みごとに みじんも みんな めいっぱい もう ゆっくり ケロリと ツルツルの 一向に 一切の 一体全体 何ひとつ 何もないところから 確実に 完璧に 疑いの余地なく 見事に 根本から 至極 充分に 寸分の隙なく 跡形もなく 全能の 全面 全面的に 大〜 大きく 突然 抜かりはない 綺麗に

complete の訳語→ 〜し切る あまりの あらゆる おえる おく きわまる さらに完璧にする すむ そなえた できあがる どこへ行っても ならびない なんの ぱったりと まみれる やりとげる 一から十まで 一通り〜をしてしまう 完投する 含めた 隙間のない 済ませる 手をつくす 終了する 書き上げる 真の 世にも 片付ける 明らかになった

entirely の訳語→ あげて あっさり あまり あんまり いちがいに けろりと ことごとく すべてをあげて ずくめの そう そんなに だけ どこから見ても どこもかも なにもかも ばかり ぴたりと まともに みんながみんな 一挙に 一切を 一途に 果して 十分 純粋に 全部は 単独で 片端から

exactly の訳語→ 〜というほどの というやつだ どおりに 通り いちばん うってつけの お説の通りだ かっきり かわらぬ くっきり じかに すっぽり そういうことね そうです そこ そっくりそのままに そっくり同じ そのとおり それこそ たしか ただの ちょうど つまり どおり どおりの どんぴしゃの なんの不思議もなく はっきりいって はっきり言って ぴったり ぴったりだ ほんとにそっくり ぽっきり まさしくそうだね まさに まさにそう まったくだ まったくもって ままに やかましく やっと 一体 額面以上でも以下でもない 具体的に 厳密にいうと 細大洩らさず 四角ばった 子細に 寸分たがわず 正解だ 正確なところ 正確にいえば 正確には 正確に言うと 忠実に 的確に 判ってるじゃないか 非のうちどころのない 本当の 歴とした

extremely の訳語→ 〜すぎる あっぱれなほど ことのほか このうえもない ごく さぞ すぐれて すこぶる ずばぬけて そりゃもう それはそれは たいした たいそう たいへん たまらなく とてつもなく どうしようもない どん底の はなはだ ばかに ほれぼれするような まずなによりも やけどしそうに やけに やたらに 異常に 過ぎる 極まりない 極めて 極端 極端なまでに 至って 十分に 甚だ 全くの 素晴らしい 測り知れない 非常に 並みはずれて 並み大抵ではない 優れて

indeed の訳語→ 〜と云えるほどである なもんか! ありていにいって いな いや いやはや いやむしろ こそ ことに これこそ これはこれは じっさい じっさいに じつの話 そうか そうだ そうなったらそうなったで その言葉どおり そりゃそうだ できるとも とりあえず どうか どうせ どころか なにはあれ のだ ひいては まさしくそのとおり また まったくのところ もちろん ものだ やっぱり れっきとした 案の定 果たせるかな 覚悟 更にまた 思ったとおり 事実 実は 早い話が 打ち明けた話 第一 兎も角 如何にも

just の訳語→ 〜したて したばっかりだぜ したままぽかんと〜しているばかり でも なんだ に過ぎない までですよ あともう〜しかない いいから いたって いつでも いましがた おとなしく かろうじて きっと ぎりぎり ごくごく さあ さっさと しげしげと すぐ すでに そっくりの そもそも たかだか ただ、無性に ただじっと ただひたすら たった今 たんなる だけに ちょっぴり ついさっき つい先頃 というものだ とことん どうやら なに のこのこ のも ひょいと ふつうの ほんと、いかにも まだ みすみす もっともな よりによって わずかに サシの 一介の 一足ちがいで 何をするともなく 簡単に 間をうめる 間一髪 今ここで 今しがた 今しがた〜したばかり 今の 今度のは 最近 失敗する 瞬間 辛うじて 正義を尊ぶ 精一杯 惜しいところで 単なる〜の域を出ない 単純に 同じように 同様に 不用意に 本能に 無造作に 黙って 要するに 要するに〜というものである 脇目もふらず ...

kind の訳語→ 〜なところ いう そんな たぐい たぐいの ちょっと〜な といったような なにかしら めいたもの もの やさしい ような男 タイプ 意味 一種 何かしら 何らか 気のいい 懸念の 好み 親切 親切そうな 親切で 親切な 親切に 人のいい 性格 大切に 暖かい 仲間

little の訳語→ 〜に過ぎる めく あまり降らない いくぶん いっかな いまいち〜ない お寒い かすかな くだらん こじんまりした こぢんまりとした こまごまとした ささやかな さほどの すこし ずんぐり そこそこ それとなく たわいない ちっちゃな ちっとやそっと ちと ちびの ちょいとした ちょこんと ちょっとした ちょっとばかり ちょっぴりの ちらっと どこか なおも なにか ほとんど〜ない ほのかに ほんの軽く みじんも〜するものではない やや ろくすっぽ ろくな〜もない チビ チビの 一口 下らん 希薄な 幾分 叫び 狭い 狭苦しい 軽い 軽く 軽少な 限られた 今少し 細い 次第に 小さく 小さな 小ぢんまりと 小ぶり 小ぶりの 小型 小体な 小柄 小柄で 小柄な 少々 少しだけ 少しなりとも 少しばかり 少なからず 心持ち 申しわけばかり 素敵な 多少 多少の 短い 程度の 田舎の 不思議な 乏しい 頬をほころばせる 幼い ...

mostly の訳語→ おおかたの おおむね おもで おもに くらいだ たいがい だいたいにおいて ほとんどの場合 ろくに 概して 全体的には

perhaps の訳語→ 〜か かな かな? かも かもしれない か何か したようだ じゃありませんか だろう だろうか だろうと思う ではないか ではないかと思う というところかな という感じですね と言えようか のであろうか は考えられる あるいは あるまいか いい いくらなんでも おそらく〜のだ おそらくは かしら かも知れない きっと〜 きっと〜だろう ことによると こともある しいて言えば してくれないか してみると しょうが そういうことになるかな そういうことになるかもしれない そろそろ〜かもしれない ただ ただ〜のきらいがある たとえば たぶん たぶん〜にちがいない だと思います できれば というところだろうが どうやら〜らしい どちらかと言えば なにか〜は? にも ひょっとすると ひょっとすると〜かもしれない もしかしたら もしかすると もしかすると〜かもしれない らしく 察するところ〜に違いない 場合によっては 多分 多分に〜かもしれない

quite の訳語→ いっこうに いとも うまく うんと えらい えらく かなりの かなり手きびしく けっこう この上なく しかと しかとは じつに驚くべき すばらしい だいぶ だた とっくの とんだ なかなかの なんとも言えなく はっきりとは ひしひしと ひとしきり へべれけに もっと ゆうに よくよく大した よほど よほどの ナンバーワン 何だか 完全な 顔負けの 厳密に 充分ある 重々 全部 相当難儀な 多少は 大分 別に 満ちる 妙に 明らかに 露ほども

singularly の訳語→ およそ〜 人並みはずれて 珍しいほど

sort の訳語→ 〜ともいえる ように らしい いろいろ いわば かたち ぐらい その手 たち なんか ほどの人 まあね まあまあ みたい みたいな ような ようなもの よくあるタイプ よりわける らしきもの 区別する 仕分けする 仕分けをする 種類 整理する 選りわける 調子 程度 内容

sound の訳語→ 〜のようだ ような口をきく を告げる合図 語調だ いましょう いわれる うがった きこえる ぐっすり さえずり さざめき そうな それらしい ちゃんとした どうも〜 におう ひびき ひびく まともな ようだ 安らかな 一見 音色 音声 害がない 気配 擬音 擬声音 響き 賢明なる 言いかた 言い方をする 言う 言葉 言葉は〜に聞こえる 口ぶり 口ぶりだ 口をきく 口調 雑音 思う 思える 笑い声 信用できる 人声 水音 声が流れる 声だ 声音 静寂 説明の仕方だ 装う 足音 打つ 探る 地道な 調子だ 吐息 不満の声 物音 物言いをする 聞こえる 聞こえるもの 鳴らす 鳴り響く 様子だ 理に叶ってる 良識家 話し方になる

totally の訳語→ あまりに いちめんだらけ がらっと ぐったりと しまいまで ずっと とりつく島もない なにひとつ ひとくちに言えば ものの見事に 格段の 完全にいかれた 根本的に 甚だしく 大丈夫だ 断じて 文句なしだ 殆ど

total の訳語→ おそるべき まるきりの 何から何まですっかり 計上される 真っ赤な 正味 全体 総計する 総計点 徹底的 都合 立派な

very の訳語→ 〜こそ すらも あまりにも いよいよ うら かんかんに きわだつ きわめる ことさら この〜ぶり さぞや さも それは それゆえに たっての たっぷりの とびきりの とんでもない なんでも ふかく めっぽう バリバリに メチャ 異様に 一途 一番 掛け値なしの 掛け離れた 肝心の 強い 恐ろしく 極端に 九分通り 見るからに 仕方がない 自体 頗る 真実 耐えがたいほど 大して 大変 著しい 底まで 特に 特上の 飛切り 並はずれて 並みの〜じゃない 豊かな 満点 目に見えて ...

virtually の訳語→ 〜も同然に ようにして なにぶんにも まずもって わかりやすく 実際 実質的に

whatever の訳語→ 〜はどうあれ いくばくかの ぜんぜん その他もろもろ それはともかく たとえどんな〜 ともかく どうあれ どういうことか どうころんだって どちらにしても どんな どんな〜だか知らないが どんなふうに どんなものであれ なんだか知らないけどなにか 一片の 何か 何でもいいが 何によらず全部 出来るだけ

wholly の訳語→ かならずしも じゅうぶん すみずみまで 全貌 100パーセントの

wildly の訳語→ あたふたと あわてて がむしゃらに ぐっと けたたましく すごい勢いで せい一杯に ちぎれんばかりに どきどきと ばたばたと ほとんど夢中で むやみやたらに めちゃくちゃに めちゃめちゃに やっきになって やみくもに 気でも狂ったように 気狂いじみた 狂う 狂ったように 懸命の 激しく 荒々しく 死物狂いに 千切れるように 途方に暮れたあげく 熱狂的な 派手に 必死になって 無我夢中で 無理に 乱暴な

simply の訳語→ 〜とだけ あっさりした口調で さりげなく ざっくり そっけなく そのまま ただ〜するばかりである ただ〜だけだ ただそれだけ ただ単に とばかり とりもなおさず のっけから のらりくらりと はじめ ひとこと ふっと ほんのちょっと ぽつりと ぽつんと までだ めんどうなことはせずに やっとのことで 易々と 一言だけ 何もしないで 何も言わずに 簡にして 簡潔に 苦もなく 忽然と 思い切りよく 〜してしまう 質素な 質素に 手っ取り早く 勝手に 尽きる 素直に 単なる 単に 単簡に 単純にいって 単刀直入に 無言で 猛烈に

そのほかの「まる」で始まる語句・表現

まる まるい まるきり まるくなる まるっきり まるっきりいうことを聞かない まるっきりボンクラ まるっこい まるで〜ない まるで〜みたいだ まるで〜みたいなかんじ まるで〜みたいに まるで〜よろしくという格好で まるでかき口説くように言う まるでだめ まるでまちまち まるで似てない まるで値打ちがない まるで嘘のように まるで場違いな まるで子供だまし まるで宗教みたい まるで心をそそることがなくなる まるで浮かされたように まるで深夜の亡霊といった まるで無縁だ まるで無能な まるで相手にしない まるで経験者みたいな自信に満ちた まるで違う まるまる まるまると太った まるめる まるめ込む まる切り まる取り まる呑み まる秘 まる裸


ツイート