× Q 翻訳訳語辞典
I see that   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I see that: そうみたいね
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 145
worship a god that one cannot see: 影も形もないたゞ一人の神を崇めてゐる
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 18
I admitted that I didn't see the alternatives: わたしが代案がないことを白状した
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
realize that sb have never see sb again: もう会うこともないんだと思う
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 140
see that the case against sb is so strong: 状況不利と見る
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 190
call that day and say sb want to see me. I agree: (人と)会うことになっている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 58
see much of the same horrible stuff that goes on in all prisons: 全国どこの刑務所でも見受けられるおぞましい光景を目撃する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
fear that seems to one at times to be almost to great to be borne: 時にはそれ以上とても耐えられぬ烈しい恐怖
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 205
a quiet neighborhood that seems almost rural: 村とも町とも区別の付かない静かな所
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
seem amazed that anyone should fail to recognized one: 誰も自分に見覚えがないことにあきれた様子だ
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 57
Amazing as that seemed: われながら唖然とするが、
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
seem unshaken by anything that ...: 〜にまったく動揺していない様子だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
That day the hacker seemed confident, even arrogant: この日、ハッカーは自信を通り越してふてぶてしいほどだった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 153
it seems astonishing that ...: 〜を誰も夢みることさえできない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 169
the peculiar aura of silence that seems to surround sb: その身辺にただよう一種の謐かさ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 10
the eyes that seem to be holding back tears: 涙ぐんでいるような目
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
have done one’s best at all times to see that ...: 〜ように常々心がけてきた
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 65
bid sb be quiet, now that sb see one returned: 今はもう無事に帰って来たのだから騒ぐなと言いつける
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 45
that certainly seems a most blameless life: まさに品行方正な暮しをしてきたと言われる通りだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 159
can see that sb is bleeding to death: (人が)死んでいくのがわかる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 40
it seems that sb might scream at sth, rail at sth, challenge sth blindly: 〜に向かって声の限りに悪口雑言を投げつけたい衝動に駆られる
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 182
the sky is so blue that it seems transparent: 蒼い透き徹るような空
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
that business about getting up early to see the first show: 早朝興行を見るために早起きしなければならないという話
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 119
but see that sb is looked after: とはいえ、面倒を見てやってくれたまえ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 11
can see that it is overcast outside: 外はどんよりと曇っている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 319
in a way that would seem casual: それとなく
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 309
one thing that do seem certain is that ...: 少なくとも〜は確実だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 455
the printed characters that sb’s eyes see: (人の)眼の中に入る活字
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 178
one’s chief regret seems to be that ...: 〜が痛恨事だといわんばかりの(人)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
it seems clear to sb that ...: (人は)明らかに〜と知っている
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 15
it seems clear that ...: 〜は疑いようがない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 312
it seem clear that ...: 〜と云わなくてはならない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 285
seeing clearly that ...: 〜と知ったので
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 19
Oddly enough, it seemed that Sonoko was all the closer to me at such times: おかしなことに、そうしている方が、私には園子がより身近に居るように思われるのだった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 160
seem to be urged on by a seriousness that has come into one’s voice from somewhere: 自分の声に激してくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 399
exchange views with sb by means of a complicated sort of sign language that seems to involve the use of every joint in one’s body.: (人と)手ぶり足ぶりチャンポンな言葉で応酬する
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 165
it never once seemed to cross sb’s mind that ...: 〜とは露ほども思ってみなかった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 333
See that Sheriff's cruiser parked by the curb near the video shop?: ヴィデオ屋のそばの縁石に保安官のパトカーがとまってるだろ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 14
with a head of shocked whitish hair that stands erect like a dandelion gone to seed: 髪がタンポポの綿毛のようにおっ立って
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 193
see something that is dangerous and mean in sb’s eyes: (人の)目に、危険で悪質なものが巣くっている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 367
part of the deal is that one are supposed to see that ...: 〜が契約条件のひとつになっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 277
the harness that sb seem unable to dispense with: どうせ脱ぎすてられそうもないお仕着せ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 131
maybe that seems like where this story should end: ここでこの物語を終えてしまうのが妥当のようにも思える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 546
Erratic, too, see that: そのうえ乱れ気味です、ほら
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 128
that seem even more suspicious: いよいよ怪しい
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 8
I’ll see that everything is done as you wish: できるだけ便宜を計る
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 220
like to see that everything is right: なにもかもがきちんとなっていなければ承知できない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 145
see that everything runs smoothly: あとを頼んだぞ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 188
see with half an eye that ...: ちらりと一目見ただけで、〜と知る
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 148
it is not just in sb’s favorably prejudiced eyes that this seems true: (人)のひいき目ばかりではなく
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 57
can see that in one’s face: (人の)顔にそう書いてある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
it is not wise to find symbols in everything that one sees: 見るものすべてに意味を讀みとる法はない
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 75
find that one want to see sb again: また(人に)会いたくなる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
at first it would seem that ...: 一見〜のようだ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 417
don’t fit in anywheres that I can see: どうしても腑におちません
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 282
that is more or less the last one get to see sb: (人は)そのあと(人に)はほとんど会わない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 384
you are not going to be seen in public with me like that: そんな格好で、(人と)一緒に歩いてもらいたくない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 306
see a lot of what’s going on like that: こういうことに目がさとい
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 262
seem to take it for granted that ...: 〜だと独り合点する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 304
I do not see that you have any grievance against ...: 〜に苦情をいうすじあいはないでしょう
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 70
there seems to be a few things wrong with that guess: その推理にはいくつか穴があるようだな
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 20
That seemed to be happening now: それが今や現実になりつつあるようだった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 320
there is nothing about sb that seems hardened or weary: (人に)荒れたりささくれたりしたところがないように見える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 308
feel that one have to see into the future: 先を見届けたいと思う
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 174
hold sb up to the Looking-glass, that sb might see how sulky sb is: (人を)をまえにつまみあげ、ふくれっつらとご対面させてやる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 21
there seem little hope that ...: 〜かどうか覚束ない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 278
that’s how it seems to be: そのようですね
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 217
Looking back, I see now that Gaylen was hungry all the time: 今になって思うと、ゲイレンは年がら年中「腹を減かせていた」のだという気がする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 304
it seems a little implausible to me that ...: 〜というのは、どうも解せないな
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 297
it seems incredible to sb, impossible indeed, that ...: (人は)〜をなんだか有りえない不思議なことのように思う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 221
it seems impossible that ...: 〜が信じられない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 506
it seems increasingly obvious that ...: 考えれば考えるほど〜だ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 19
it seems likely--certain, indeed--that ...: おそらく--いや、間違いなく--〜のだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
be supple, so supple that seemed they would bend indefinitely without breaking: よくしなって、ほんとうにどこまでしなっても折れないようにしなる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 105
indicate that one have seen sb: (人に)気がついて合図をする
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 104
organization that does not seem ineffectual: なにかやれそうな組織と思える
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 122
be inwardly seething over sb’s insinuation that ...: 〜という(人の)皮肉に、(人の)胸のうちは煮えくりかえっている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 532
that interlude had already begun to seem hazy and unreal: 一瞬の幕間劇は早くも幻のように消え去りつつあった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
Cynthia gave Burt a look that seemed to say, 'You're a jackass.': シンシアがこの“下司野郎”というような目で署長を見た
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 288
it just seems inconceivable that ...: 〜とはとうてい思えない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 433
ツイート