× Q 翻訳訳語辞典
use   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜につけこむ
   
use that vulnerability to do ...: この弱みにつけこんで、〜する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
〜を叩き台にする
   
use what sb be to shape the best: 今の自分を叩き台にして、何とか(人)なりに最善を求める フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 258
〜を突いて来る
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 461

あやつる
   
know how to use one’s tongue very well: 言葉を効果的にあやつる方法を知りぬいている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
かかる
   
use civilian doctors: 民間の医者にかかる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 260
しょっちゅう
   
used to beat sb regularly: しょっちゅう(人を)ぶん殴っていた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 236
する
   
use illness as a pretext: 病気を楯にする 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 100
だしにする
   
use sb for some cause: (人を)だしにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 498
つけこむ
   
use ... to do: 〜につけこんで〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 226
つける
   
use a mysterious Tibetan sap on the ball: チベットに伝わる魔法の塗り薬をボールにつける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 305
とりあつかう
   
watch how confidently or tentatively sb will use the telephone: (人が)どれくらい自信をもって、いや、どれくらい自信なさそうに電話機をとりあつかうか、この眼でたしかめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
もちだす
   
One of the examples he'd used had been alcoholism: その一例として教官がもちだしたのは、アルコール中毒だった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
もってする
   
like using a laser beam to cut up a chicken: 鶏を裂くに牛刀をもってするたぐいだ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 18

飲む
   
be USING DRUGS: その手の薬を飲んでいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
羽撃かせる
   
活かす
   
use sth effectively: (物を)たくみに活かす コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 99
慣れっこになっている
   
be used to the bustling atmosphere of ...: 〜のもつ雑駁さに関しては慣れっこになっている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 178
顔を出す
   
occasionally use a phrase like ...: 〜ような類の言い回しがときどき顔を出す べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 4
気をくばる
   
use the reflection in ...: 〜に映るものに気をくばる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 183
起用する
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 302
口にする
   
be about to use sb’s name: 相手の名を口にしかける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 203
行く
   
use the bathroom: バスルームに行く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
行使する
   
use force somehow: なんらかのかたちで軍事力を行使する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 247
仕様
   
of what use would sth be to sb?: (物を)貰っても仕様がないわね 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
使い方
   
give lesson in the proper use of sth: そのもの本来の使い方を教える フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 116
be not an advisable use: 〜の使い方は好ましいものではない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
使う
   
use up one’s whole year’s construction budget to do: 〜に年間の建設予算を全部使い切る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
use the incident as an excuse to renege on one’s promise that ...: その一件を〜という約束を反古にするための口実に使う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 177
use sth as a signal: 〜をひけらかしに使う ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 261
use sb as a dogsbody: (人を)下働きに使う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 120
use oneself well: 自分自身を有効に使う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
use one’s resources: コネを使う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 294
use all the tricks in the book: 手練手管のかぎりを使う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 104
use all one’s bulk to do: 大きな図体のありったけを使って〜する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
use a little watering can on some pansies: じょうろを使ってパンジーに水をやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
使える
   
be able to use a financial bucket-loader: 湯水のように使える財源を手にする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
使用する
   
have also occasionally been used in ...: 〜はまた〜で使用されてもきた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
持ちだす
   
<例文なし> レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 53
自在に扱う
   
use ...: 〜を自在に扱う ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 224
借りる
   
use a mechanical aid: 道具の助けを借りる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 106
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 15
出動させる
   
use the U.S. Navy: アメリカ海軍を出動させる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 81
消費量
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
肖る
   
I’m sure you can use a bit of good luck yourself: 貴方も一切位肖っても可いでしょう 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 213
生かす
   
use sb’s information: (人の)情報を生かす ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 249
操作する
   
use a computer: コンピュータを操作する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 167
働かせる
   
it’s a crime not to make the best use of whatever ability one has: 人は自分の持っている才能を出来るだけ働かせなくては嘘だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
費やす
   
use a lot of ink and papers: 多言を費やす フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 58
必要
   
be obliged to make use of ...: 是非とも〜が必要だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
服用する
   
Pete used the Xanax but did not abuse it: ピートはザナックスを服用するようになったが、濫用するまでにはいたらなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
物をいわせる
   
use one’s money and connections: 権力と金に物をいわせる 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 153
役回り
   
all men have their uses: 人にはそれぞれ役回りがあるのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
   
the excessive use of sth: 〜多用 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 373
頼る
   
by using logic: 論理に頼って プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 1
利用
   
limiting the use of sth: 〜の利用を抑制すること ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
利用する
   
use the equivalent of 14 billion metric tons of coal: 石炭換算で140億トンを利用する ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
use sb’s force against sb: 相手の力を逆手にとって利用する フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 268
   
understand the uses of publicity: マスコミの力を知っている ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 189
弄する
   
use the wiles and ruses: 手練手管を弄する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 136