× Q 翻訳訳語辞典
I bet   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I bet: 〜に違いない
I bet: そうでしょうそうでしょう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
I guess I better start asking around about sb: そろそろ(人)本人のことを聞かせてもらおうかな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
I think I better take this up with sb actually: これはひとつ、(人に)いっておいたほうがいいな
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
I bet ...: 〜なんだな、きっと
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 174
I bet that it’s something to do with ...: 〜と関係あるんだろう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
I bet you don’t even know ...: 〜を知らねえんだろう
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 52
I bet that ...: きっと〜だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 194
I bet ...: 〜じゃありませんか
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 210
I bet ...: きっと〜だよ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 115
..., I bet: 〜なんだね
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 192
I better rent: ぜひとも借りてこなきゃ
ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 40
maybe I better ...: 〜してあげようかしら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
I bet it was little chilly, wasn’t it?: すずしかったろう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 152
I bet he's a Pink Floyd fan: ピンク・フロイドがひいきなんだな、きっと
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 174
"Maybe I better go help her," Rosalie said: 「行って手を貸してあげようかしら」ロザリーがいった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
Look, I bet those are the palaces of Gemini!: あれきっと双子のお星さまのお宮だよ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 115
I bet YOU never would have thought of that trick: おまえさんじゃこういう機転の利いたことは思いつかなかったろう
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 125
I bet all this really turns you on: 今わくわくしてるでしょう
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 50abet
aid and abet: 〜に加勢する
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 98
sb is better able than most to do ...: 〜するのにより適任者である
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 11
alternate between total vision and absolute blindness: 明視と盲目の間を往復する
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 102
act as intermediary between A and B: AとBの取り持ち役をやる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 238
If you're going to act, you'd better act quickly: 手を打つなら打ったほうがいいだろう
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 64
It might be a little better if you didn't, actually: ほんというとね、そのほうが助かる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
it is actually better to do: 〜する方が却って増しだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 115
don’t wish sb to believe one better than one actually is: (人に)対して己を飾る気はまるでない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
natural affinity between sth and sth: 〜と〜の相性の良さ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 30
isn’t afraid of betrayal or heartbreak: だましたり裏切られたり
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 98
be going to feel better afterwards: 話してしまえば気が楽になる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 332
against one’s better judgment: (人の)良識に目をつぶって
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 280
against slightly better instincts of sb: まだいくぶんマシなセンスをしていた(人の)反対を押し切って
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 129
very much against all one’s better judgment: いけないと思いながら
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 28
against sb’s better judgment: (人の)制止を振り切り
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
against one’s better judgement: あまり感心せぬまま
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 219
there is a considerable difference in age between sb and sb: (人と)(人の)間に大分年の差がある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 193
represent the difference in age between sb and sb: (人)と(人)との年のへだたりそのものだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 173
at an age when one should have better things to do: いい年をして
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 23
a feud, ages old, is between them: 両方は、昔からの宿敵同士なのだ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 276
They tried one- and two-finger points and agreed that two was better: ほかの四人は、指が一本の場合と二本の場合で、腕の伸び具合がどうなるかを試してみて、なるほどとうなずいた
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 155
there’s not all that much difference between ... and ...: それほどの差はない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 187
the better question is ... at all: それよりも、〜か、そっちのほうがよっぽど問題だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
if ..., all the better: 〜ならけっこうなことである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 273
for all the world as if there were some mortal unavenged between us: まるで不倶戴天の仇をにらむかのように
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 16
be betrayal on the grand scale all right: 手ひどい裏切りではないか
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 81
are things all right between you and sb: (人)とはうまくいってるの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
all sth need to do is between one’s ears: 〜するための〜は全部(人の)頭のなかにある
forge alliances between ...: 〜の橋渡しをして共通の意識を生み出す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 139
allow it is the difference between ... and ...: 〜と〜の間に、一線を引く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
alphabetical:アルファベットの
辞遊人辞書
alphabetical:アルファベット順の
辞遊人辞書
alphabetically:アルファベット順に
辞遊人辞書
the contest between A and B is already in a delicate balance: AとBとはたたでさえきわめてデリケートなバランスをとって拮抗している
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 50
I feel better already: 助かるわ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 114
be already feeling better: もうずいぶん調子がよくなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
taunt sb into betting a substantial amount: (人を)挑発して、巨額の賭けにひきずりこむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 329
a little better today, a little better still tomorrow, and so on: 今日はすこし明日はさらにすこし、といった感じでよくなっていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
suddenly oscillate between anger and guilt: 気持ちは不意に、腹立たしさとうしろめたさのあいだをふれうごく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
sb and sb promise to be better to one another: (人と)(人が)これからはもっとおたがいに優しくしようと誓いあう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
may have better answers to the questions one need to ask: ずっとひっかかっている疑問に対していままでよりましな答えを出してくれるのではないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
antidiabetic:抗糖尿病薬
辞遊人辞書
antidiabetic:抗糖尿病性の
辞遊人辞書
be better at doing than anyone else: 〜をうまく〜することにかけて(人の)右に出る者はない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 182
have not laid down a bet on anything until ...: 〜まで、賭けという行為に手を出したことはただの一度もなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
get anything better than one’s former job: 前より条件のいい勤め口がある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
I think her anywhere between sixteen and thirty: 十六歳から三十歳までの間なら、いくつにでもとれる年かっこうだ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 21
in between sb’s youth and sb’s apotheosis: 青二才だった(人)が今の身分になるまでには
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 250
sb’s appetite is better than usual: (人の)食欲が不断より進む
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 119
be better applied: より有効に活用される
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
awkwardness arising from difference between A and B: AがBと異なるところからくるぎこちなさ
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
The dop-dop said that he was better with his sling than I was with my arm: とにかくそのドプドプは、ぼくの肩より自分のパチンコのほうが上だといったわけです
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 125
sb’s arm is better than most major leaguers’: 並みのメジャーリーがーよりいい肩をしている
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 312
if only a meeting could be arranged between oneself and sb: もし(人と)自分が出会うことがあったなら
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 173
I think between us we’ve arrived fairly clearly at the truth: どうやら我々は真相を明らかにしたと思う
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 261
look as if one have seen better days: なんとなく昔華やかだった面影のある
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 84
as if to put greater distance between sb: (人が)少しでも離れようとする
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 84
it would please me better to be asked: ぜひにと頼まれるほうが、気分はいい
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 122
knew better than to ask that question: こう聞いてはいけないと判っていた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 48
in a strange semiconscious state between asleep and awake: ねむっているともおきているともいえない怪しい半ネムリ状態で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 103
in full-on Betty Page attire: ベティ・ペイジ風の衣装を身につけた
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 82
attract the better class of talent to the minor role: 上のクラスの俳優でも進んで端役を演じてくれる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 17
attraction between people is more powerful than sb’s decrees: ひとびとのあいだの情愛は、(人の)専制支配よりも強力だった
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 65
Tibetan authorities: チベットの高僧
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
better-than-average hitter: 並のバッター
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 35
lay there awhile between sleeping and waking, when ...: 寝たか寝ないかのうちに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 163
be something awkward, in between: なにか中途半端な、不安定な存在だ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 305
betray one’s feeling of awkwardness: はにかみが出る
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 231
there is no awkwardness between sb: (人との)あいだにはなんのわだかまりもない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 362
betray the cause behind sb’s back: 不埒な陰口をきいている
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 126
there is bad feeling between ...: (人の)あいだに感情的なもつれがある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
the delicate balance between ... and ...: きわどいバランスが保たれてきた〜と〜の力関係
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 209
get the balance between ... and ... exactly right: 〜と〜の力関係をぴったり均衡のとれたものにする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 302
bargain a damn sight better than ...: (人)よりはるかにこすからい取引相手だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 276
put a barrier between us: わたしに距離を置く
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 144
be based between China and Moscow: 中国とモスクワの間に配備される
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
beautiful intimacy between sb and sb: (人)と(人)との奇麗ごとの間柄
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 67
sth betrays a trip to the beauty shop: 〜は美容院へ行ってきた証拠だ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 289
become the core of contention between sbs: (人)のあいだの口論の火種になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 264
become a contest of wills between sb and sb: 〜と〜のあいだの意地の張り合い的な様相を呈する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
before taking his head between her hands and kissing him on the mouth: ・・・から、両手で彼の顔をはさんで口にキスをした
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
begin to understand sb better: (人の)意味がやっと呑み込める
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 48
you better believe it: いいか見てろ、目の玉ひらいてようく見てろ!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
you’d better believe it: 大丈夫、心配ないさ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 193
be a great believer in hedging one’s bets: 博奕で損はしない主義である
Besides, people talk better when they've tasted jail: それだけじゃない、留置場を体験した人間は、ほんとのことをしゃべるようになる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 333
best outside bet: ダークホースの一番手
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 143
your best bet is sth: (物が)いちばん無難だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 177
be willing to bet ...: 〜に違いない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 57
protect oneself by betting both ways: 両方に賭けて丸裸にされる危険を避ける
one’s days of betting for money ended long ago: (人は)とうの昔に金を賭けるのをやめてしまった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
ツイート