× Q 翻訳訳語辞典
I think   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I think: 自分にいいきかせる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 19
I think: じゃなかったかな
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
I think: わたしにいわせるなら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
I think that ... actually: いえいえ〜だと思う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 365
I think I better take this up with sb actually: これはひとつ、(人に)いっておいたほうがいいな
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
I think that’s advisable: それでよかったんじゃないかな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 240
First of all, I think we must verify the story of the affair last night: その第一歩として、昨晩の事件について、その真実性を確かめる必要があります
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 223
But after having drinks with him, I think our intuition is correct: でも、さっき一緒にお酒を飲んだときに感じたあの直感は正しいと思う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 361
after XX years I think I can wait for a few more minutes: XX年間も待ったんですから、あと数分ぐらい待てないわけはありません
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 168
I think that’s the allegation: それは言いがかりというものだ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 141
I think you know the answer: それはきかずともわかるだろう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 385
I think her anywhere between sixteen and thirty: 十六歳から三十歳までの間なら、いくつにでもとれる年かっこうだ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 21
I think between us we’ve arrived fairly clearly at the truth: どうやら我々は真相を明らかにしたと思う
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 261
I think there are two aspects of sin: 罪には二つの性格があると思います
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 114
I think you were attracted to sb from the very beginning: もともと(人に)気があったんじゃない?
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 129
the more I think of it, The bitterer my sorrow: 考えれば考えるほど痛恨にたえないことだ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 189
But still--I think bud, this is for you: だがそれでもなお−−わたしは思う、友よ、これはあなたへのものだ、と
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
I think they call it ...: 〜って言ったっけ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 127
I think it’s time to call it quits: もうそろそろおしまいにしよう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 113
No, I think it's coincidence: いや、たんなる偶然だと思う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 234
I think we can control this if that's what they want in the Pentagon: ペンタゴンが望むなら、この問題はわれわれが処理できると思います
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 335
I think you're crazy: きみは頭がどうかしている
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 375
I declare I think ...: はっきりといっておくが
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 82
the Wise Men prefer to call it dependence, but I think that a trifle strong: 賢人会議は寄食とよぶが、それはいささか酷ないいかただろう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 75
Well, I think I'll depressurize in New Orleans before I fly back: 飛行機に乗る前に、ニューオーリンズですこし息抜きしようかと思います
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 366
I think I’m dying: 俺は死んでしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 158
Now that I think of it, shadows hid the faces of all the diners: そういえば会食者の顔はどれも暗くて見えなかった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 79
I think he was dirty: おそらく汚職刑事だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 520
I think it is ridiculous to dispute about such things: どうも馬鹿らしい、そんなことに目くじらたてるなどと
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 14
I think I do: まあね
I think that it doesn’t need much know-how to tell how a life is going to end: 人生はどういう結果になるかなど自然にわかっちまうという気がする
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 24
I think you’ve said enough: もういいじゃないか
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 134
I think that’s enough for ...: 〜はこれくらいにして
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 225
I think he was just trying to make me feel good: 彼は私に気を使ったんだろう
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 16
I think what it is is sb’s feelings got hurt: (人は)よほど、〜を恨んでるにちがいない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
I think you’ll find it interesting: けっこうおもしろいですよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
I think she'd only be embarrassed and fluttery: そんなことされたら、あの人、まごついちゃって身のおきどころがなくなると思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
I think I fully understand: ようやくわかった気がする
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 117
I think you could get into a lot of trouble: いろいろと七面倒なことに巻きこまれるかもしれない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 38
I think we’re going to get on splendidly: これならうまくやっていけそうだ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 153
I think I get sick of ...: ただ心のそこから〜というものに飽きたみたい
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 145
I think I’ve got it.: いい手がある
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 150
I think that pretty much goes without sayin’: そりゃまあ、そうだろう
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 242
I think sb is going to kill sb: (人を)生かしておくまい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
I think ... probably go beyond that: 〜はただそれだけではあるまい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
Control is the thing, and I think I have it: 大事なのはコントロールだからな。そいつも、ものにしたようだぜ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 318
I think he's betting one side of the spread or the other: この人、点差のどちらかに賭けているんだと思います
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
I think I can hold up: なんとかやれそうです
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 525
Then I think I'll prune them: おらも枝打ぢするべがな
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 11
I think I’m nuts doing sth: 〜をやるなんて、われながら馬鹿だと思うこともある
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
Well I think they're inspired, anyway: まあいずれにしても、いいところに目をつけたわ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 136
it’s just that ... I don’t know. I think ...: ただな・・・なんて言えばいいのか、〜みたいだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
I think I just peed my panties!: わたし、おもらししちゃいそうだわあ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
I think it'd be a kick: きっと見物だぜ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 10
I think I ought to let you know: 断っておくけど
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 155
I think I can make the kick-off: キックオフに間に合うんじゃないかな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 300
I think maybe ...: なんだか〜ような気がする
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 29
I think ... might ...: ひょっとしたら思うて
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 227
I think that's misdirection: おそらく偽装でしょう
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 18
unless I’m very much mistaken, I think ...: おれの目に狂いはないよ。〜にちがいない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 98
cannot say I think much of ..., really: 〜は、あたしはあまりかいませんね
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 278
I think I need to do: 〜するとしましょう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 162
now that I think of it, ...: そういえば
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 79
I think we ought to do ...: 〜しようじゃないか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
I think we ought to do: 〜しましょうよ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 249
I'm not certain, but I think it is, partly: さあ、よう知らんけど、ちょっとは、そうどっしゃろな
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 69
I think that perhaps ...: 〜のようにも思う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 79
Personally, I think she's a little ratty: わたしが思うに、彼女は少々頭がいかれているようだ
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 36
Personally, I think she's been bitter ever since Godspell closed: 実際、彼女『ゴッドスペル』が打ち切られたのをずっと気にしてるみたい
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 34
I think sb is planning to do: (人は)〜しようとしてるみたいだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 215
I think sb is planning to do: (人は)〜しようと考えているよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 215
I think the point with the press is not to play him down too far, Chief: 報道対策としては、彼をあまり過小扱いしないことかと思います、チーフ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
provisionally I think that ...: とりあえず、〜だと思います
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 84
I think it reasonable to suggest that ...: 〜であると考えていいと思う
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 25
'I think I'd have to have at least forty-five,' he said with some regret: 「そうですね、やはり四十五ドルぐらいはいただかないと」残念そうな口ぶりで彼はいった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
I think your reluctance is quite foolish: あなたが遠慮するんは思い違いというものやしてよし
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 87
I think sb is right: (人の)おっしゃるとおりだ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 38
She said, "I think I'll go upstairs and put on my robe.": 「ちょっと上に行って部屋着を着てくるわ」と彼女は言った
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 394
I think I’d save sb the trip: (人が)わざわざ出なおすようだと大変だと思って
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 226
I think we can say that ...: 〜だよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 61
be able to do what one thinks is right: だから良いと思う所を強いて断行する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 185
think about that: そこまで考える
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 71
the more one think about it: 考えれば考えるほど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
think with terror and absolute surety: おぞましくも不動の確信だ
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 66
be surely unthinkable, absurd: いくらなんでも、まさか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 149
think absurdly: ばかげた考えがわく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 144
think absurdly: 埒もないことを考える
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 202
think I made it abundantly clear that ...: 〜だと、くどいほど明確に申しあげたはずだ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 234
tend to accept his own wishful thinking: 誰の心にも生じがちの希望的観測が残っている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 413
think it quite acceptable to do ...: 〜するのは別に悪いことでもないくらいにしか考えていない
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 29
think it is a vulgar accident: あれがありきたりの間違いだったと考えている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 163
never even actively think ...: 〜なんて(人に)は想像もできない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 96
actually, one think ...: おそらく〜だろう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 310
think with admiration: 感にたえて思う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 238
admit that one think that ...: 〜なのを裏書きする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
admit that not everything one is thinking in these moments is very gracious: そんなことがあると、決してまとな気持ちではいられない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
think of one excuse after another: 色々の弁護を自分の胸で拵える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
after thinking hard: 散々考えたあげく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
think maybe it is going to be again: もういっぺんもとにもどるかな、と思わないでもない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
think again: よくかんがえる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
think again about ...: 一方に〜を考える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
think once again: あらためてわかる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
think again: またしても思う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 211
ask ... to think again: 反省を要請
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 144
I don't think God meant for church services to be so aggravating: 神様だって教会の礼拝をこんなに耳ざわりなものにするつもりはなかったはずだとわたしは思っている
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 37
it is sloppy work to start thinking ahead of oneself: 考えが先走れば失敗を犯しやすい
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 22
so that’s all you think of me is sth, am I: どうせわたしは〜よ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
not really think about ... at all: 〜のことをちゃんと突きとめて考えたことがないんじゃないかな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
might think of sb all the more: 心のなかの(人への)想いをつのらせるため
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 100
don’t think the situation is perfect at all: これは満点とはほど遠い
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 117
don’t think it’s all that horrid: 別にいやらしくは思わない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 50
be all one can think of: それしか思い浮かばない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 149
all one can think of is ...: 唯一考えていることは〜だ
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 607
all one can only think of is to do: なすすべもなく〜する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
about all one could think of were ...: 思い浮かんだのは〜だけだった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 264
if only one would allow oneself to think in such terms: そういう目で見れば
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 268
allow oneself to think: 思う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
think about the shady, almost criminal look in sb’s eyes: なんだかしみじみと犯罪者ふうに暗かった(人の)眼を思い浮かべる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
do almost without thinking: ろくろく考えもせずに〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 560
almost think of ... as one’s home: 〜を故郷のように感じる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
thinking what an attractive alternative this have suddenly become: ふいに、そのほうがよほど楽だという気がする
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 59
think although that, of course, is impossible: そう思いはしたものの、そんなことが不可能であるのはいうまでもない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
only sb one can think of who is always reminding one of things: 自分にくどくどと念を押す人間といったら、(人)しか思い浮かばない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
listen half amused and half shocked, and can’t help thinking ...: その声を聞きながらなかば笑い、なかば愕然として〜と思う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 230
think that is just about as amusing as filtered cigarettes: フィルター付き煙草並みの余計なお世話だと思う
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 32
and sb was thinking that ...: いましも頭にわいたのは〜との思いだった
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 177
And that could lead to kinds of trouble he didn't even want think about: そうなったら最後、ぼくは考えたくもないようなトラブルの渦に巻きこまれてしまうだろう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
And how do you think they'll take the news?: それにしても、ご両親は、おしりになってどうお思いになるかな?
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 17
think of sb lying in bed and of sb worrying: (人の)寐ている様子だの(人の)心配している顔だのが眼に浮かぶ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 56
I've never figured it out and I don't think it's important that I do: そればかりはわからないんだよ、でもわからなくてもいいのさ
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 178
and to think ...: 〜なのにな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 319
be annoyed because sb thinks that sb has guards out there: 護衛たちは何をしているのかといぶかる
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 515
put off thinking about ... until another day: 〜については考えを保留して置く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 32
think about it oneself long enough to answer: じっくり時間をかけて考え、答える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 230
think of no answer: 返す言葉がない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 57
do not think it would make any difference: そうなったところで状況にさほど差はない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 162
really don’t think anyone is going to rob the bank: 銀行に押し入るような輩もいないような気がするんですけど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
don’t think anything about ...: 〜について何ら感慨らしきものを抱かな
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
think that’s as likely as anything: そのあたりが真相じゃないかと思う
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 161
don’t think it means anything: 特別な意味はない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
I like to think so anyway: わたしとしてはそう思いたい
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 22
it is perfectly appalling to think of ...: 〜なんて考えるとほんとうにこわくなる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 345
apparently thinking ...: 〜だなあ,というような顔をして
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 213
apparently get things confused and think ...: なにをどう勘ちがいしたものか〜と思い込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 6
one appear to think in cliches: (人って)常套句でものを考える人みたいね
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 123
don’t think it will be appropriate to do: 〜するのはまずい気がする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
be too ardently in ... to think oneself, for instance that ...: 〜位の哲理では承知する事が出来ない位〜に熱する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
a baby is thinking of arriving: 赤ちゃんが生まれたがっている
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 198
think of sth as ...: 〜とでもしておこうか
think of sb as ...: (人を)〜に見立てる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
do not think A as much as B: AではなくBだと思う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 362
do not know ... quite as well as one think one do: 〜のことを自分で思っているほどにはよく知らない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
ask what sb think: (人の)意見をきく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
'How much do you think?' he asked, smiling: 「いくらならお買いになります?」にっこり笑ってゴーントが問い返した
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
They'll assume Sidd thinks that someone on the staff leaked all this stuff: 球団の誰かがすっかりばらしてしまった--シドがこう考えるだろうと、球団側は読んでるだろうな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 203
thinkers come up with astute observation about this fever: この情熱についてもっと的確な考察がなされている
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 44
sth demands any thinking person’s attention: われわれは思慮深く〜に目を向ける必要がある
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
think automatically: 思わず心中つぶやく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 173
everybody automatically seemed to think things would get much worse: だれもが短絡的に、これはもっと大事になると思ったみたい
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 196
try to avoid thinking too much about ...: 〜を頭から追いはらおうとする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
one thinks it’s awful of one: われながら空恐ろしい
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 262
it’s awful to think about ...: ああ、思っただけでも怖ろしい事である
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 27
think one can still catch far back in one’s throat the fierce taste of ...: のどの奥に〜の強烈な味がまだ残っているように思われる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
when sb thinks back now: 後で考えてみると
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 20
think back on ...: 〜を思い描く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 93
think sb a backward, vulgar lot: (人を)頭が悪くて下賤な連中とみなしている
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 58
I shouldn’t think sth would be so bad: 〜だってかまわないようなものだ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 63
can think of no more bad names to call sb: (人を)ののしる言葉が品切れになる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 207
want sb so badly, one think one will lose one’s mind: どうしてもどうしても〜したくて、気が狂うほど、もういてもたってもいられない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 36
be thinking about ...: 〜のことをいろいろと思い返す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 179
only possible, only thinkable because one have known that ...: それもこれも〜と知っていればこそできたことで、さもなければ考えられもせぬことだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 532
they are lost only because one think they are: 無くなったように思われるだけなのだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 132
ツイート