× Q  ?  翻訳訳語辞典
tines
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

The tines of a large chrome fork seemed to be planted deep in her flesh: クローム製の巨大なフォークの先端が、深々と肉に突き刺さったような痛みだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
one is sometines not above doing: 時々〜する事がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
almightiness:全能 辞遊人辞書
haughtiness alone was not good enough to help him: いくら傲然としていても 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 27
among the Argentines: アルゼンチンには トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 322
look at everything around one with obvious shiftiness: きょときょと周囲を見回す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 169
the ball of one’s intestines: はみだしたはらわたの丸いかたまり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
bear a lot of grief and nastiness: 暗い、いじけた性格だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
a place of blackened emptiness and rubble: 焼け跡のつづく瓦礫だらけの街 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 44
claw out sb’s intestines in the fashion of certain large cats: 山猫よろしくそいつの腹に爪をたて内蔵をひきずりだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
so closely match the emptiness of one’s life: 人生の空虚とあまりにも似かよっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
endearing in spite of one’s craftiness: ずるそうだが目の放せない愛嬌があった 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 17
daintiness:きゃしゃ 辞遊人辞書
daintiness:上品 辞遊人辞書
daintiness:美味 辞遊人辞書
daintiness:優美 辞遊人辞書
dirtiness of the water: 水の濁り 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 158
feel an emptiness, and a lack, as though one were emerging from a state of possession: 憑き物が落ちたような虚しさと白々しさの中にいるじぶんを感じている 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 163
there is an emptiness: あきらめ顔だ スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 190
overwhelming emptiness: 圧倒的な虚しさ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 55
if the world were mere emptiness: 世界が虚妄にすぎないならば 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
emptiness:空なるもの プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
a vast white emptiness: 白っぽい野放図もない空間 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 22
emptiness:殺風景 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 113
this emptiness inside me: 体の中にぽっかりと穴があいてしまったような気分 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 159
the room regain its air of emptiness and futility: 部屋の空気は妙にむなしく、がらんとしている 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 31
in the emptiness of ...: がらんとした(場所)の中で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
emptiness prevails: あたりが空々漠々としている 鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 30
a feeling of emptiness: 虚脱感 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 242
heart of fearful pettiness: 恐怖心に満ちた偏狭な心 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 197
my parents appreciated my feistiness: 両親は私の気骨を歓迎していた ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
The fogginess is just the dirtiness of the water: もやもやしているのは、水のにごりなんですから・・ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 158
sharp, fresh saltiness: 鮮烈な塩辛さ 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 65
guiltiness:やましさ 辞遊人辞書
guiltiness:有罪 辞遊人辞書
haughtiness:権高 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 339
heartiness:元気 辞遊人辞書
heartiness:親切 辞遊人辞書
heartiness:誠実さ 辞遊人辞書
heartiness:熱意 辞遊人辞書
insecurity or shiftiness: 不安な眼つきやきょときょとした様子 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 170
through which I could see their intestines: はらわたが透けて見えた ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 6
love to de routines like that: こういうことをやるのが好きだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 154
stare down at sb with a lurching loftiness: 体をかしげながらも毅然として(人を)ねめつける カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 62
marvel at the pettiness of ...: 〜のみみっちさにも恐れ入る イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 164
be tolerant of nastiness: 残虐な行為に対して鈍感である ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 170
nastiness:憎らしさ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 179
nuttiness:たわごと デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 223
valentines and other evidence of love: ヴァレンタインをはじめとする愛の証 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 60
because of one woman’s stupidity and pettiness: 下らない馬鹿げたことで デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 97
will be filled with a feeling of emptiness and regret: はかない様な恨めしい様な心持になる 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 56
love to do routines like that: こういうことをやるのが好きだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 154
I brought you milk and Saltines: ミルクとソルト・クラッカーをもってきたんだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 180
the same prison emptiness: 刑務所のような殺風景もかわらない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 113
say with more testiness than one intend: 意想外にとげとげしい声になる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 433
weightiness:重いこと 辞遊人辞書
ツイート