× Q  ?  翻訳訳語辞典
spoke
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

put a spoke in sb’s wheel: 阻止する レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 154
see the spoked lights of ... against the sky: 〜の光の矢が夜空を染めているのが眼に飛び込んでくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
he spoke out as though threatening them, his outlandish tone altogether unsuited to the setting: 脅かすようなその場にそぐわない奇矯な大声で言った 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 153
Foreign Office contemporary archives spoke of unrest in the docks: 外務省の当時の文書に、港湾での不穏のことが見える ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264
But in his dreams he spoke a rich American argot, savory as any jazzman's: しかし、夢のなかでは、ジャズメンのようにしゃれたアメリカのスラングを自在にあやつっていた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 16
as she spoke: この話にかぶって デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 46
they completed a round in silence before sb spoke: 無言で一周まわりおえてから、(人が)口をひらいた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 382
Dixon's tone was bitter as he spoke of his critics and competitors: 批判者や競争者のことを話すディクソンの口調は辛辣だった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 128
A brief pause, and Ryuji calmly spoke again: ややあって、竜二は悠々とこう言った 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 103
Chieko spoke with childlike joy: 千重子はあどけないよろこびの声で、 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 103
slow drawl in which sb spoke: のんびりのろのろ話す口ぶり ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 190
slow drawl in which sb spoke: まだるっこい口ぶり ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 180
She spoke easily, in a tone of complete confidence: 彼女はらくらくと信じ切った調子で言った 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 167
the men spoke episodically, talking gruff half-sentences to one another: 男たちはときたま思い出したようにぶっきらぼうな短い言葉を交わす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
Eventually, she spoke though it seemed to require considerable deliberation: しばらくしてやっと話しだしたが、それだけでも彼女にとってはかなり決断を要するようだった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 231
it’s the truest word that ever was spoke: まったくその通りだよ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 118
When Vallery spoke his voice was quite expressionless: ヴァレリーが口をひらいたとき、もうその声にはなんの感情もなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 140
Her mother spoke as if it were nothing extraordinary: 母は意外な風もなく、 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 38
this filtered down to how we spoke: それが話し方の矯正につながったのである ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
When he finally spoke she could feel his words on her breast: ようやく彼がしゃべりだすと、彼女は言葉が胸の上にふりかかるのを肌で感じた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
The man spoke formally and made no move to enter the house: 来客は、律義にそういって、土間へ立ったままであった 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 14
Naeko hurriedly spoke as Chieko was about to spread out the futon: 千重子が夜具を敷きかけると、苗子はあわてて、 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 240
that was the last time sb1 spoke to sb2 about sb3: それっきり、〜は〜に〜の話を持ちださない 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 15
Thinking she might be protesting that, he spoke: その抗議であればいいと思いながら、真一は言ってみた 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 25
He never spoke of it, but the memory stayed with him: 彼はついぞ口にこそしなかったが、その記憶は脳裏を去らなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 75
I thought the situation spoke for itself: 見りゃわかるだろうと思う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 349
Jim spoke slowly: ジムは慎重に答えた ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 121
She spoke as if she hadn't suggested the same thing to Rosalie herself: 似たような口を自分もロザリーにきいたことなどおくびにも出さず、ポリーはぴしゃりといった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
When he spoke he spoke as a man might talk to himself, aloud: 彼が口をきいたとき、それは声に出してひとりごちる人の話しかたに似ていた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 255
With an effort, he spoke again: やっとの思いで、彼はまた口をひらいた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 369
They completed a round in silence before Enderby spoke: 無言で一周まわりおえてから、エンダビーが口をひらいた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 382
When he spoke it was with his slow, countrified drawl: 口を開いたとき、そこから出てきたのはゆっくりと間延びした、いかにも粗野な声だった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 448
Without turning, I spoke before Glyndora could get far: 相手がまだ遠くへ行かぬうち、わたしはそっちを見ずに声をかけた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
in an age when all human beings still spoke the same language: 言語がまだ一つであった頃 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 100
An apprehensive voice suddenly spoke up in his mind: 心配そうな声が、これまた突然、耳もとでささやきかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
Nettie spoke slowly and thoughtfully: なにかを思い出すようなゆっくりとした調子でネッティは口をひらいた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
I spoke again--you know his ways--he ignored me totally: もういちど話しかけたが--そういうときの彼を知っているだろう--こちらのことなんかまるで眼中にない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
When he spoke again, his voice was the one doing the pleading: 言葉をついだとき、彼のしゃべりかたは哀願者のそれだった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 239
Well, I think we shall put a spoke in their wheel: やれやれ、どうやら阻止できそうだよ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 154
ツイート