× Q 翻訳訳語辞典
Aston
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I have an English car, a vintage Aston Martin: あたしはイギリスの車に乗ってるよ。一昔前のアストンマーチン
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 41
be in utmost Astonishment: 驚いたの驚かないの
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 17
astonishing acts of violence and sexual abuse: 目を覆うような暴力と性的虐待
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 228
astonishing flurry of activity takes place: 驚くほどめまぐるしく取引をおこなう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 165
after a short period of blank astonishment: しばらくはポカンとしていたが、やがて
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 115
be astonishingly all smiles: あけっぴろげに相好を崩している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 232
astonished one: あきれかえった(人)
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 52
echo in a tone that is half astonished and half frightened: 鸚鵡返しにいったけど、内心あきれるやら、ぞっとするやら
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 100
astonish:恐慌をきたす
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 327
be far too much astonished to cry out: 仰天のあまりに声をあげることもできない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 26
be astonished at sth: (物事に)舌を巻く
what sb see astonish sb: 自分の目を疑う
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 117
sb’s astonished nod: (人が)目を丸くしてうなずく
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 418
look a little astonished: 驚きの目をみはった
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 74
be utterly astonished: 寝耳に水だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 395
be so astonished that ...: 度肝をぬかれて
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 34
be faintly astonished ...: 〜にかすかなおどろきを覚える
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 247
be determined not to be astonished by ...: 〜には滅多なことでは驚かなくなっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 257
be astonished to hear from sb: (人からの)電話に仰天する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
be astonished by sth: (〜に)舌を巻く
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 269
be astonished by ...: 〜に驚きを感ずる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 166
be astonished at ...: 〜にも恐れいる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 202
be astonished and moved: 何ともいえない異様な感動をうける
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 33
be astonished: あっけに取られる
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 226
be astonished: まあ、あきれたもんだと思う
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 48
be astonished: 仰天する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 271
astonish sb: (人にとっては)寝耳に水だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 19
look thoroughly astonished: まったく意外なという顔つきをする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 264
seem astonished: 意外そうな顔をする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 95
say sb, astonished: (人は)すっかり面食らっている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 104
a particularly astonishing trick: 見物もあっと驚く新種の奇術
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 243
learn to throw a baseball with such astonishing skill: あんなふうにすごいボールを投げる技術を身につける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 122
with a history of astonishing violence: すさまじいまでの暴力の歴史を背負った
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
with an astonishing leap: 一気呵成に飛びあがり
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 344
a truly astonishing case of writer’s block: 作家の心理的障害としてはじつに驚くべきケース
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
astonishing:驚くべきこと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149
hear astonishing news from sb: (人から)驚くような報告を受ける
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 50
astonishing:驚異的な
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 293
perform astonishing phenomena like this: こうした超常現象をひきおこす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
be astonishing: 人の度肝を抜く
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 129
with astonishing swagger: 呆れるほど尊大な態度で
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 278
the number is astonishing: 実に夥しい数だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 201
the astonishing potency: 自分の馬鹿さかげん
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 204
it seems astonishing that ...: 〜を誰も夢みることさえできない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 169
be astonishingly good: じつに思いがけなく上々だ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 9
resemble quite astonishingly: びっくりするほどよく似ている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
astonishingly high up: びっくりするほどの標高に達して
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 118
astonishingly:不思議なくらい
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 87
stare at sb in astonishment: あきれたといった風に(人の)顔を見る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
astonishment:おどろきのあまり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 45
still in one’s original posture of scared astonishment: おっかなびっくりの姿勢のまま
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 340
with a look of astonishment: 驚いたように
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 25
an exhalation of astonishment went up: 驚愕のどよめきは跳ね上がった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
to one’s astonishment, ...: 〜して心臓が止まりそうになる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 286
to sb’s astonishment, ...: 〜して(人を)驚かせる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 360
to sb’s astonishment: まさかと(人が)わが目を疑ったのは
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 226
to one’s utter astonishment: はっと気づくと
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 87
to one’s astonishment: おどろくべし
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 33
to one’s astonishment: 意外にも
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 154
say in astonishment: 絶句する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 341
repeat in great astonishment: あいた口がふさがらない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 88
one’s eyes round with astonishment: 目をむく
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 14
look at sb with genuine astonishment: 心底びっくりした顔で見返す
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 169
it is with great astonishment, and with a strange, inexplicable dread, that ...: 驚いたも驚いた、奇怪千万にも〜
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 26
gaze at this excitable sb in some astonishment: いささか面くらってこの興奮し易い(人を)眺める
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 43
break out into a cry of astonishment: 思わすさけび声をあげる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 164
blank astonishment: 茫然自失
モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 99
... is the sb’s expression of astonishment: 〜と、(人は)あきれかったように言う
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 235
be far too much astonished to cry out: おどろきのあまり声もたてられない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 25
draw one’s breath in an astonished gasp: 驚きのあまりはっと呼吸をのむ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 162
its tireless adaptability and tenacity draw my astonished admiration and sometime even my tears: その適応性や根気強さには驚く他ないし、またどうかするとそのために涙ぐみさえする
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 78
be astonished at sb’s ear for the latest news: (人の)早耳に驚く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 99
upon the face of sb there is a great and enormous astonishment: (人の)顔に深い驚きの表情が浮かぶ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 188
struggle astonishment and hope in one’s expressive eyes: 目に驚きと希望がこもごもあらわれる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 192
an astonishing flurry of activity takes place: 驚くほどめまぐるしく取引をおこなう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 165
one’s eyebrows drawing themselves up to their full height in astonishment: 驚きのあまり、両の眉がこれ以上は無理というくらい吊り上っている
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 67
ツイート