× Q  ?  翻訳訳語辞典
Dan
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Dandyism which is an attempt to assert the absolute modernity of beauty: 美のまぎれもない現代性を主張しようと試みるダンディズム ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
Ask Miss Dana if she's available for a moment, Howard: ミス・デイナにちょっと身体があいていないか聞いてきてくれ、ハワード グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 37
"The kids in the clinic are the most remarkable," Dan averred: 「クリニックに来ている子どもたちは、ほんとうにすばらしいんです」とダンは言葉に力をこめた グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 57
Dangerous but certifiable: 物騒だな、病院送りだね バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 199
Dan Ryan Expressway:ダン・ライアン高速道路 ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
Dandy:ダンディ ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
Dane:デーン(という名前) 辞遊人辞書
Dane:デーン人 辞遊人辞書
Dane:デンマーク人 辞遊人辞書
Mr Stranger Danger: 悪鬼 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
Mr Stranger Danger: 羅刹 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
in a neglected apartment building next to the Dan Ryan Expressway: ダン・ライアン高速道路沿いのさびれたアパートに ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
fall all about sb like Danae’s shower: ダナエの雨さながら(人の)周りに降り注ぐ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 103
THe Dance of Female Investigation: 女性特有の詮索ダンス スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 52
Jonathan and Daniel return to earth, bearing their trophy like heroes: ジョナサンとダニエルは凱旋兵士のように獲物をぶらさげて現実世界に帰る ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 59
For Dandy everything was an irritant: 祖父は何もかもにいらついていた ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
Danforth laughed: ダンフォースが大声で笑った スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
Dan moaned: ダンが弱りきった声で言った ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 173
Dan had found a way around a recalcitrant FBI: ダンは頑迷で腰の重いFBIを避けて通る道を見つけたというわけだった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 223
Typically, they planted a story with Dan Daniel: たとえば、ダン・ダニエルにネタを与える ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 309
Danforth Keeton whispered: ダンフォース・キートンはひそめた声をしぼりだした スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things )
abidance:持続 辞遊人辞書
abidance:遵守 辞遊人辞書
abidance:滞在 辞遊人辞書
have an abnormal abundance of ...: 異様といってよいほど可動域の広い〜を備えている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
abundance:多量 辞遊人辞書
abundance:大量 辞遊人辞書
have abundance of sth: 〜を豊富に使う ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 254
with an abundance of nature: 自然に充ちている 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 161
having abundance of time for sb’s usual methodical toilette: 例のきちんとした身だしなみで、まだ十分時間もあったので ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 30
the abundant May flowers: 五月のおびただしい花々 三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 11
Slavery provided abundant labor: 奴隷がいたから、労働力にはこと欠かなかった サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 68
abundant lashes: 濃くて長いまつげ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
abundant plant and animal species: 豊富な種類の植物と動物 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 15
abundant promises: 約束を乱発する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 220
with the corn bright in it, but not abundant: 穀物は明るく実っているが、穂は細々とやせている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 202
too abundant leisure time: ありすぎて困るひまな時間 ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 138
a not very abundant head of hair: 薄い頭 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 23
think I made it abundantly clear that ...: 〜だと、くどいほど明確に申しあげたはずだ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 234
the good seed had been most abundantly sown: もっともよき種のまかれた 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 9
later events abundantly revealed: 後日の出来事が教えて余りあった ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 165
as is made abundantly clear to sb: (人が)すばらしい事例を発見しているとおりだ フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 36
live one’s life in accordance with one’s own free will: 自分の自由意志で人生を生きている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
accordance:一致 辞遊人辞書
be dressing in accordance with one’s own net worth: 自分の地に合った服装だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 158
accordance:調和 辞遊人辞書
in accordance with sb’s wishes: (人の)いいつけ通り 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 150
pay one’s respects in accordance with convention: 型どおりのあいさつを申しのべる 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 92
in accordance with the first item on this onerous program: この面倒なプログラムの第一項に従い セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 73
in accordance with one’s beliefs: 思い通りに 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 329
in accordance with ...: 〜に合わせて 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 136
in accordance with ...: 〜に則っている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 427
be in accordance with ...: 〜にピッタリ合致している サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 185
accordant:一致した 辞遊人辞書
obviously aching to dangle such offers: そんな申し出をしたらほんとに頭が痛くなってしまう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 205
I’d catch a city bus to go to late-afternoon dance classes at Mayfair Academy on Seventy-Ninth Street, where I was taking jazz and acrobatics: 夕方には市バスに乗って七九番通りに行き、メイフェア・アカデミーでジャズダンスとアクロバットダンスを習った ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
herkey-jerkey lurching dance across the floor: がたりごとりと踊りだし、床の上をぎくしゃく移動する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 25
dance one’s way across a wide stage: 広いステージをいっぱいに使って踊る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
put together a song and dance act: 歌とダンスを演し物にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
the most dangerous technical issue of the actual assault: 襲撃場面での技術的にいちばん危険なところ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
Actually, dancing did gradually perk Midori up: たしかにディスコで踊っているうちに緑は少しずつ元気を回復してきたようだった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 148
actually enjoy the danger and the risks: 危険や死の匂いに陶酔を感じる リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 30
some dancing, interior imp make sb add: いたずら心がむっくりと頭をもたげるただろうか(人は)こうつけくわえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
adopt one’s pedantic tone: 復習を強いる口調になる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 194
be affected with the unrest attendant: 不安な気持に責められる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 406
affordance:アフォーダンス 辞遊人辞書
affordance:デザイン的なヒント 辞遊人辞書
affordance:環境が与える意味 辞遊人辞書
affordance:取っ掛かり 辞遊人辞書
dance in an agony of frustration: ききいれられないくやしさに地団太を踏む マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 218
alive with a dangerous insaneness: 危険な狂気に包まれている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
all life is danger: 世の中どうせ危険だらけなのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 111
the move is so gracefully executed that it looks to sb almost like a dance-step: (人の)眼には、その優雅な身のこなしがダンスのステップを踏んでいるかのように映る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
And some dancing, interior imp made him add: そういったとたん、いたずら心がむっくりと頭をもたげたのだろうか、アランはこうつけくわえた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
as to incur considerable danger of receiving one’s dismissal from it, and this life together: うっかりすれば特権からの追放はもとより、ついでにこの世からの追放という危険さえあり得る事実 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 92
manage to protect them from all the dangers that could have killed them: germs, starvation, violence, and so on: 病原菌、飢餓、暴力などから、子供たちの命を守った ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 1
Even the private-life angle is a dangerous one, here: 私生活的側面さえ、ここでは危険です ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
become a secret angry, dangerous man: なにか秘密でも隠したみたいに、妙におこったような、近寄り難い人間になる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 63
a dangerously animated paper man: 妖しく生命を帯びた紙人形 ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 12
answer sb’s inquiries with outstanding avoidance: (人の)質問に対して、まったくはぐらかした回答を与える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 98
answer sb’s inquiries with outright avoidance: あっさりと質問をわきに押しやる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 18
the dancing had not robbed sb of any of sb’s energy: 踊ったあとも、(人は)エネルギーに満ち満ちていた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
avoid danger in any form: 危険という危険を避けて通る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
a dank, arcane neighbourhood: 隠微で湿っぽい場所 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 65
one’s arms dangling purposelessly by one’s side: 両手をだらりと垂らし 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 58
dandelions have been around for about ... years: タンポポは〜年前から地球上に咲いている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 107
different voices gain ascendance: ひときわ高くいろいろな声が聞こえる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
with the ascendancy of ...: 〜が脚光を浴びた グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 296
ascendant:支配的な 辞遊人辞書
ascendant:優位 辞遊人辞書
ascendant:優勢 辞遊人辞書
ascendant:優勢な 辞遊人辞書
attendance in churches: 教会に通う人の数 セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 209
a funeral with uncommon attendance: 珍しいお相伴の加わった葬式 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 282
have in close attendance a conscript to chivy one along: (人に)新兵一人がぴったりつく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 448
set attendance record: 過去最高の観客動員数を記録する ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 12
attendance:観客動員力 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 308
they take attendance?: あそこじゃ出欠はとらんのかね? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
attendance is down substantially: 出席率ががたんと落ちる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 327
set am attendance record: 史上最高の観客動員数を記録する ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 227
require sb’s attendance: (人の)注意を引こうとする ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 55
in attendance: 顔触れ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 262
disfigure every human creature in attendance upon sb: すべて(人に)伺候する人たちの相貌を醜くしている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 192
currently in attendance: (人の)やりとりに耳をかたむける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
be in attendance constantly: 日参する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
with all the attendant publicity: その上なにやかやと賑やかしがつく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 93
palace guards and attendants have showed me to the anteroom: 衛士と侍従が、控えの間に導いてくれる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 42
sb’s attendant spirits: (人の)守護霊 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
complete with attendants at self-serve islands: 従業員をセルフサービスのスタンドにおく ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 20
attendant:従業員 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 184
get a towel from the attendant: 召使いからタオルを受けとる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 22
frightened expression on the flight attendant’s face: スチュワーデスが真っ青な顔をしている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 115
come down in a fantastic dancing attitude: まるでダンスでも踊るみたいなおどけた格好で降り立つ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 58
ツイート