× Q 翻訳訳語辞典
sat  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I said, abruptly hanging up to avoid further conversation: はらいのけるように、いきなり電話を切ってやる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 173
Abruptly I was overcome with an unbearably disagreeable sensation: ふいになにやら、たまらなく厭な気分に襲われたのだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 35
satisfied with what one had accomplished: われながらうまくできたと満足感にひたりながら
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 108
sb’s accusation: (人の)おこごと
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 38
this is an odd accusation: こういった悪口は筋違いもいいところだ
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 125
a vague accusation: 根拠のない嫌疑
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 224
accusation:告発
辞遊人辞書
an accusation of secret protocols: 秘密協定にたいする弾劾
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 377
sb’s invidious accusation: (人の)不埒千万な誹謗
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 375
accusation:非難
辞遊人辞書
make accusations: 文句をならべたてる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 73
accusation:咎めだて
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
the accusation against sb’s courage: (人を)怒らす
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 349
smoke sb out with the accusation: ハッタリが(人に)口を割らせる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 201
excite accusation that ...: 〜と疑われる
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 122
be almost an accusation: まるで咎めるような口吻である
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 168
an unspoken accusation: 口には出さないが、〜を責める気配
in a subtle accusatory fashion: それとない非難のまなざし
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 46
ask in an accusatory tone: 責める
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
sensation grow acute: この感を強くする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 339
one’s energy and versatility are most admirable: (人の)活躍と多能ぶりがみごとにしめされる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 47
as one pulsating body of adulation: 一体になって歓呼の声を上げる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 79
not minutes after one’s conversation with sb: (人と)話して何分もしないうちに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 337
afternoon conversation: 昼下がりのおしゃべり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 28
aftersensation:残感覚
辞遊人辞書
of all the unsatisfactory: なにが気にくわないといって
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 124
dismal functions which allow us our meager share of daily satisfaction: 日々のわずかな満足を得る機能
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
ersatz Bavarian alpine goatherd hut: バヴァリアふうの山羊飼いの小屋
have a conversation on the alternatives sb now faced: これからどうするかを相談する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 151
It was always a difficult conversation: いつものことで、二人の話は噛み合わない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 143
with sb, conversations always tend to be fragmented: 会話はいつものように断片的だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 166
feel a sort of amused self-satisfaction: 一種の小気味のいいおかしさがある
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 151
and sth leave one unsatisfied: おまけに、これで十分だという満喫感がない
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 121
And, besides--it produces an odd sensation when it's held: それにもうひとつ、この木ぎれは手にとってみると、ふしぎな気分にしてくれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 41
anglicisation:英語化
辞遊人辞書
anglicisation:英語風にすること
辞遊人辞書
hold an animated conversation with oneself: 長々と独り言をいう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
announce with satisfaction: 満足げに報告する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
Another satisfied customer has found her needful thing!: 必要なものを見つけたお客さまに、これでまた満足していただける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
don’t answer sb satisfactorily: (人を)満足させるような答えをしない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 244
to which you obviously have a satisfactory answer: それで、理由はわかったのですね
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
for any kind of sustained conversation: 会話をつづけている間は
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
satisfy anyway: それなりに様にはなっている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 16
conversations apparently so trivial: 一見こんなくだらない話
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 113
appear satisfied: 得心したらしい様子である
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
An argument, rather than an ordinary conversation, seemed to be taking place: 能く聞くと、それが尋常の談話でなくって、どうも言逆いらしかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
arrange matters to one’s satisfaction: 〜の満足を充たす
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 87
arrive at a satisfactory answer: 満足のゆく解答を見出す
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 297
She sat and we all chatted for a few minutes as I brought Cynthia up to date: 席についたシンシアをまじえて三人でしばらくしゃべり、そのあいだにわたしは彼女に現在までの状況を説明した
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 150
ask in a conversational voice: とぼけた調子でききかえす
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 366
the notion of doing ... has its satisfying aspects: 〜する図を想像すると愉快でたまらない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 92
making no attempt at conversation: ろくに口もきかず
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 9
begin sporadic attempts at conversation: ぼつりぼつりお互に口をきくようになる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 122
an awfully satisfactory feeling: なんとも言えない満足感
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 53
It was awkward, but on the whole I was satisfied with the result: 実にばつが悪かったけど、結果からみると、まあうまくいったと言えるでしょう
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 388
a somehow awkward conversational thicket: いささか気づまりな会話の袋小路
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 248
the conversation grinds to a awkward halt: 会話の流れがとどこおる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 66
conversation hangs awkwardly: 会話が中途半端にとぎれてしまう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 374
banal conversation: 毒にも薬にもならない事をしゃべる
志賀直哉著 マクレラン訳 『暗夜行路』(A Dark Night's Passing ) p. 52
be a long conversation: よくしゃべった部類に入る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 14
beaming self-satisfaction: したり顔でにやりとする
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 132
the conversations wouldn’t have missed a beat: 会話がスムースに流れつづける
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 81
don’t know how to begin a conversation with sb: (人に)どう話しかければいいかわからない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 66
at the very beginning of their conversation: 話のしょっぱなから
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 86
some reasoning and sensate being: 理性と感覚に富むだれか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
take a great big, satisfied drag: 満ち足りた様子で深々と煙を吸い込む
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 88
Stephen sat silent, not sure how to handle the situation without blowing it: スティーヴンはこの申し入れをぶちこわさずに状況に対処するにはどうすればよいかきめかねて、無言で坐っていた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 181
find a way to drop a bombshell into the conversation: 会話の途中でびっくりするようなことを言いだす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 101
a satisfaction bordering on pride: 誇りにも似た満足感
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 168
Villem sat bravely as if he were already attending Vladimir's funeral: ヴィレムはもうウラジーミルの葬儀に参列しているかのように、しっかりとすわっていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 152
be the one topic of conversation through the length and breadth of England: イングランドじゅうがその噂でもちきっている
break into the conversation to explain: 横あいから説明を加える
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 30
break down in a crushed, insatiable grief: どうにもならないほどの激しい悲しみに沈みこむ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 586
give a brief summary of one’s conversation with sb: (人との)会話のあらましを聞かせる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 83
the deliberate brutalisation of the features: ことさら険悪にした顔
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 13
build one’s reputation on satisfied customers: お客さまのあいだでそれなりの評判は築いている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
a busload of Russian ballet dancer sat on the curb: 道端にすわりこんだロシア人バレエダンサーの一行
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 52
just have a short but satisfying nap: 時間こそみじかいが深くて実のある仮眠をとる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
butt into the conversation: 口を出す
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 51
the buss of conversation about ... grew louder: 〜をめぐる話し声は一段とかまびすしくなった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 15
there can be little real satisfaction in the taking of life: 命を奪うことに真のよろこびはありえない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 152
try to carry on a conversation with sb: 出来るだけ話を(人に)仕掛けて見る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 205
carry on a conversation: 会話を続ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 337
engage sb in casual conversation: なにか話でもしかけられる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 40
have a casual conversation: のんびりと話をしている
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 12
the most casual conversation: ほんのかりそめの会話
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 20
provide a lot of opportunity for casual conversation of a knowledgeable kind: 軽く蘊蓄を傾けるにはちょうどいい時間だ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 512
He could catalog the familiar sensations that had returned: もどってきた昔なじみの感覚を、ひとつひとつ見直すことができた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
there is a small and catlike expression of satisfaction on one’s face: (人の)顔には、こぢんまりした、そしておとなしい猫を思わせる満ち足りた表情が浮かんでいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
cautiously, Smiley sat himself on the chaise longue and, ...: スマイリーは寝椅子におもむろに腰かけ、 ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
central sensation of infatuation: 恋愛感情の核
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 34
do not quite conceal a certain grim satisfaction: どこか毒を含んだ満足感を隠しきれない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 174
with a certain degree of satisfaction: なにがしかの満足感とともに
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 295
cessation:握りつぶす
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 170
be earnest in cessation: 本気でやめなさい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 351
evasions and challenges and rhetorical subleties used in conversation: 会話に必要な遁辞とか修辞学的な言いまわし
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 49course
ツイート