× Q  ?  翻訳訳語辞典
Please

主要訳語: please(42)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
金曜日のアポイントメントをとってほしい: please schedule an appointment for Friday トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
救援乞ウ: please assist マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 254
あのねえ:please ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 184
いいだろ:please スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
お茶をもう少しどうだい、アキレス? いいね: Care for more tea, Achilles? Please ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 166
ああ、〜でなければいいのだが: Dear God, please don’t do ... フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 8
まずまず(人に)うける: please sb somewhat カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
うん: Please スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
おねがい:please ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 152
〜していただきたく、お願いする次第です: please do ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 321
お願いです。ほんとにお願いです: please oh please スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
お見受けしたところ、ことのほかお気に入りの様子である: it seems to please sb very much スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
〜のようにきげんのとりにくい思いやりのない頑固者はない: be hard to please and distinctly lacking in sympathy and understanding ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 342
くれぐれも気をつけて: please be careful クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 135
くれぐれも気をつけてくれ: please be careful クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 565
ご協力を: Please ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
うかがいたい: tell me, please ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 303
サリーを出して下さい、すみませんけど: Lemme speaka Sally, please サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 233
〜することができてせいせいする: please one to do アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 237
たのむ、ピーターセン、ちょっと--: Please Petersen, just-- マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 430
たのむ:please ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 172
たのむから:please タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 95
たのむぞ:please スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
たのむよ:please ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 179
いそいでほしい: please be quick クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 347
(人を)よろこばせる: please sb アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 88
内容は感心しない: What was written there did not please him 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 123
(人の)歓心をかう: please sb ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 19
歓心を買うために迎合の態度さえ見せている: evince a toadying willingness to please sb トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
〜を喜ばせて、〜しようと: eager to please ..., and to do ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 229
今回は(人が)それほど嬉しそうではない: this time the development doesn’t seem to please sb ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 136
〜するなら嬉しいよ: it would please me if ... トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 50
(人が)〜を気に入る: please sb ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 336
御安心なさい: Please don’t worry 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 50
(人に)対する御馳走に: to please sb 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 167
(人の)体温であたためられたベッドのなかが心地よい: deep bed-warmth of one’s please sb スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
(〜は)ある種の夢幻にも似た心地よさだ: sth pleases sb, it is romantic スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 17
秘書として(の人は)まことに申し分ない: totally please sb as a secretary アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 150
(人の)都合の好いようにする: leave sb do as he pleased 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
さも得意げにそこにでんと腰を落ち着ける: sit there, looking pleased with oneself ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 175
〜も文句はないだろう: that would please sb クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 550
頼む、ピーター: Please Peter トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 13

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

媚を売る: want to please スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 57
大得意: very pleased ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 217
にんまりして: pleased with oneself ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 216
得意になる: please with oneself ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 327
(人が)ひどくよろこぶ: please sb enormously ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 96
(人に)気に入られる: please sb トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 279
(人の)ご機嫌をとる: please sb ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 108
(人の)歓心を買う: please sb ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 18
(人の)心をくすぐる: please sb スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
後生だから: please God レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 40
帰りなさい: please go スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
〜してもらおうか: please do ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 461
キタクコウ: please come home スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
またのお越しをお待ちいたしております: please come again スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
かんべんしてくれよ: oh, please トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
不満だ: not be pleased ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 129
セールス一切おことわり: no salesmen, please スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 300
好きなようにするがいい: if you please スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 230
内心では喜んでいても: if pleased プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
気ままな: do exactly as one please 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 459
たいそう喜ぶ: be very pleased 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 137
飛び上がらんばかりに喜ぶ: be really pleased ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 136
楽しげだ: be pleased with oneself 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 61
うれしい: be pleased マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 143
異存はない: be pleased イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 249
気分がよい: be pleased プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 47
(人が)機嫌を損ねる: be not pleased ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 473
不満だ: be not pleased コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 189
どうぞどうぞ: as you please 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 43
(人の)気まぐれ: as sb please ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 82
自由に: as one please ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 41
〜してくれたまえ: you will please do マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
ついててもらわないとだめなの: you must please attend me ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 20
その上役のためには犬馬の労をつくそうと思う: will do anything to please the boss 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 179
(人の)気に入られようとして、精いっぱい気を遣う: try so hard to please sb 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 168
うるさいなあ: there’s no pleasing you 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 231
どちらをも不満足におわらせる: succeed in pleasing neither ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 42
盛んに無駄づかいをする: spend as much money as one pleases 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 109
迂闊にも(人は)〜と思った: sb, God help one, be pleased to think that ... ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 302
(物事が)まんざらでない証拠に微笑をうかべる: sb’s smile shows that sth has pleased one ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 165
調子のいいことを言う: say things merely intended to please. 阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 65
こいつは思いのほか面白いアイディアだ: really, the idea pleases me enormously アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 16
聞き役を得て気をよくした: pleased to have an audience イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 49
(人に)お返しくださいますよう: please return to sb プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 403
〜を忘れないでいただきたい: please remember that ... スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
ぜひとも、心して読んでいただきたい: please read and heed! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
〜においでください: please go to ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
人々が自由に出入りできる: people come and go as one pleases デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 111
〜ができたらもうなんでもする、神様: oh God, please let me do ... I’ll do anything 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 36
できるだけ、じっと静かにして: must lay to, if sb please スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 108
少々お時間をいただけませんかな: may I please speak to you? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
〜に漠とした満足を与える: manage to please one vaguely トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244
飼い主をよろこばせなければならないという衝動を植えつけられた犬さながら: like a dog with a strong urge to please スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
ほしいままに: just as one please 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 310
ぜひにと頼まれるほうが、気分はいい: it would please me better to be asked アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 122
(人は)おもしろくない: it does not please sb ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 534
それぞれ勝手な姿勢で: in whatever position they please 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 222
もし法廷のおゆるしが得られれば: if it will please the court タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 238
われわれがお願いしたことを早速片づけて下さってほんとうにありがとうございました: I am quite pleased with the promptness with which you attended to our needs ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 108
よくいらっしゃいました: I’m pleased to see you 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 17
いいあんばいに: I’m pleased to say ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 142
図に乗っていつまでも笑う: howl thoroughly pleased with oneself 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 165
行動の自由を持っている: have a certain freedom to come and go as one please ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 40
どうやったら気に入ってもらえるか、という風に気を遣ってもてなす: go out of one’s way to try to please sb 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 164
いいあんばいだと思う: feel rather pleased with oneself 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 224
これらはみんな盲らのお華客だ: faithful customers, these women are remarkably easy to please 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
思い思いの方角へ: each in the direction that pleases sb 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 141
(人の)嫌がる事をいわなくなる: drop the subject to please sb 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
(人に)向かっては勝手気ままにふるまってばかりいる: do what one please with sb スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 86
是非、お越しくださいませ: do please try to come 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 227
(人)などはまっぴら御免だ: do please forgive me about sb 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 44
(人には)不快だ: do not please sb ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 369
わがままいっぱいに振る舞う: do just as one please in everything 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 16
〜にて存分にする: do as sb please 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 226
好き勝手に〜する: do as one pleases レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 174
すまんがはずしてくれないか: could you please excuse us? クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 105
猫なんていうのはたいてい一匹ごとに勝手にあちこち走り回っている: cats run about on their own, wherever and whenever they please 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 38
〜には感心している: be very pleased with sth クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
たいへん結構だ: be very pleased with sb プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 79
ひとり悦に入る: be very pleased with oneself ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 237
(人を)とってもほめてくれてる: be really pleased with sb ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 259
(物事に)ご満悦だ: be pleased with sth ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 11
〜と思うと、悪い気はしない: be pleased with oneself that ... クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 71
得意になる: be pleased with oneself ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 217
(物を)みつけてほっとする: be pleased to see sth ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 252
うれしそうな顔を見せて〜する: be pleased to do ... ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 197
〜するに躊躇しない: be pleased to do ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 114
うれしげに〜する: be pleased to do ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 74
相手にとって不足はない: be pleased to be matched against sb ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 439
(物に)まぎれこんでいると安心だ: be pleased to be hidden sth ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 156
〜に関しておおいに気をよくする: be pleased by ... ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 295
生きていることに感謝する: be please to be alive ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 135
〜にがっかりする: be not pleased with ... メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 159
〜が気に入らない: be not pleased by sth ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 206
あまりいい気がしない: be not best pleased ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 99
ばかに悦に入っている: be fearfully pleased with ... セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 100
〜は決して悪い気持ちではない: be extremely pleased to see ... 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 45
〜に来て、懐かしさと居心地の悪さをこもごもに感じる: be at turns pleased and uncomfortable to be at ... クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 389
〜ことに感激する: amaze and please that ... コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 142
〜、はっきりいえば: ..., if you please マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 310
「たのむから聞いてくれ」ヴァン・アレンは、つかのま、心をこめてアランの手に触れた: "Please," Van Allen had said, and touched Alan's hand briefly and kindly スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
遠慮なく仰言って下さい: Please speak freely 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 340
いらっしゃい: good evening. Please come right in 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 148
「個人的な関係があるなどと勘繰らないでくれ」とウッドワードに言った: 'Please don't take it personally,' he told Woodward ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 18
後生だから、ジャッキーが思いこんでいるような逸材であってくれ: Please God, let her be the treasure Jackie thinks she is レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 40
気軽う受け取っておくれやす: Please accept this willingly 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 188
いつもここで遊ぶ癖がついている: be accustomed to play here always as one please アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 57
応答ねがいます: please acknowledge マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 245
幸いだ: be actually pleased リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 231
指揮下の全艦艇に即刻下令してくれたまえ、司令: You will please advise all ships under your command at once, Admiral マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
内心のうれしさをそれ以上は口に出せない: be more pleased than one wants to admit イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 240
(人は)死なずにすんでよかったと思うくらいだ: mostly sb feel pleased to be alive オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 34
怒った様子などみじんもない: not at all displeased セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 254
はげかかったマニキュアをちらと不興げにながめてから: after a displeased appraisal of one’s manicure’s shabby condition カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 127
〜ことを、どうぞくれぐれもお忘れにならないで: please be assured that ... デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 299
心から楽しんでいる: be awfully pleased トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
ここへ来たことを喜んでいる自分に気づく: find oneself pleased to be here トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 289
じつに心からうれしそうな顔をして笑う: beam as if immensely pleased 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 184
勘定だ: bring me the check, please スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 300
思いがけない売行に気をよくする: be pleased with all this unexpectedly good business 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 137
どなたさま: who’s calling please? 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 189
一度あそびにきて下さい: please come and visit us sometime 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 27
(人が)話相手になることがいかにもうれしいらしい: evidently pleased to find sb so companionable E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 50
人にほめられると、かならず大喜びする: be deeply pleased by any compliment トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
大喜びする: be deeply pleased トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
嬉しさと苦さを半分ずつ味わう: feel at once pleased and dismayed 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 51
機嫌を損ねる:displease ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 79
不服だ: displease sb 三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 152
夜遅く明かりが灯っていることは好都合である: be not displeased to have a light burning late ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 40
それを善しとしない: be displeased 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 100
不平がましい視線: displeased eyes 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 59
不平がましい:displeased 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 46
いやな顔をする: look displeased 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 184
意外に文章が心になじまない: fins oneself unexpectedly displeased with it 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 102
悪い気はしない: be not displeased メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 98
思いがけない喜びを感じる: feel disproportionately pleased レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 99
失言は撤回するよ: please disregard my slip of the tongue 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 299
ここからさっさと出てゆけ。とっとと、駆け足でな: bundle out of this, please, hand over hand, and double quick スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 168
ヘル・クレッチマーはこの返事が気に入って、二度力強くうなずいた: Herr Kretzschmar was pleased with this answer and nodded energetically twice ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 307
この分析をファウラー大佐は喜んでいないようだった: Colonel Fowler did not seem pleased with this evaluation デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 225
むしろ愉快に感じる: be even pleased 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 177
〜することができてせいせいする、というようなことも口にする: express how it please one to do アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 237
気をよくする: feel pleased セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 201
妄執--われらのあたらしいご主人がたは、調査報告のなかでうれしげにそうよんだよ: Obsession, our new masters were pleased to call it in their findings ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 74
うれしそうな、どぎまぎした微笑を浮かべている: have pleased, fluttery smiles クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 90
心から喜んでいる: be genuinely pleased ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 358
かたじけなくも〜する気がある: be graciously pleased to ... ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 156
愛嬌よくうれしそうな顔を見せて〜する: be graciously pleased to do ... ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 197
ツイート