Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
Still

主要訳語: まだ(19)   あいかわらず(10)   相変わらず(8)   いまだに(6)   じっと(6)   まだまだ(4)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
〜であることに変わりはない
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 125
〜でもなかなか
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
〜のままである
   
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 208
〜は前と同じである
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 181

あいかわらず
   
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 166
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 211
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 93
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 202
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
あいもかわらぬ
   
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 6
あくまで
   
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 89
あらためて
   
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 10
いい年して
   
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 205
いずれにしても
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 144
いぜん
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 228
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 100
いぜんとして
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 375
いっこうに
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
いつまでも
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 13
いまだに
   
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 131
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 346
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 222
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 204
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 167
いまでも
   
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 14
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
いまでも変わらない
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
いまなお
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 366
いまならまだ
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 254
いままた
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
いまも
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 73
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 252
いまもって
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 25
いまもまあ
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 22
いよいよ
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 269
おちつきはらった
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 50
おのずから
   
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 199
が、かといって
   
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 45
が、依然として
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
けおされて何も訊けない
   
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 187
この先
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
これでも
   
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
さあっと走る
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
さらに
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
さりとて
   
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 285
しかし
   
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 170
しかし、そうはいっても
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 95
しかしそれにしても
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 341
しかも
   
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 202
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 45
しずかな
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
しばらくのあいだ
   
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 43
しょせんは
   
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 218
しんと
   
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 44
しんと静まりかえった
   
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 7
じっと
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 334
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 384
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 228
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 246
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 366
じっとして
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 210
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 138
じっとしている
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 181
じっと動かずに
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
じっと動かぬ
   
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 14
すくむ
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 253
そういいながら
   
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 129
そうは言っても
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 165
そして
   
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 91
そのままの姿
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
その後もつづけて
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
それだけなら
   
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 456
それだって
   
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 100
それでいながら
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 34
それでも
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 254
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 49
それでもなお
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
それなのに
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 9
それにしたって
   
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 52
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
それにしても
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 259
それはいいとして
   
たしかに
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 65
ただし
   
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 110
たったこの今にも
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 506
だからといって
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 380
だがなんといっても
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 11
だけど
   
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 38
だけは
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
つづけていた
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95
づめ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 402
でも
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 45
としても
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 64
とっさに
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 27
とにかく
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 25
とはいうものの
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
とはいえ
   
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 8
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
とは言っても
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 297
とまらない
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 84
どっぷりと
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
なお
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
なおも
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 471
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 118
ながら
   
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 30
なのになぜか
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
なんとか
   
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 121
にもかかわらず
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 116
ひっそりとしている
   
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 77
ひっそりとたたえた
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 173
ひとりでに
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 118
ぴたりと
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
ぼおっと
   
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 164
ますます
   
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 26
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 5
またしても
   
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 16
まだ
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 112
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 11
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 304
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 185
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 259
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 24
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 385
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 229
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 294
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 329
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 16
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 179
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
まだまだ
   
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 38
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 161
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 31
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
もっとも
   
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 44
やっぱり
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 48
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 421
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 218
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 54
やはり
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 424
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 267
よどんでいる
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 185

以前と同様で
   
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 6
依然
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 144
依然として
   
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 169
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 39
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 312
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
依然として尽きない
   
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 300
一向に
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 338
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 99
一段と
   
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 42
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 247
現在
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 378
現在も
   
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 230
口をつぐむ
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 48
今でも
   
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 70
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 69
今にいたるまで
   
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 269
今も
   
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 51
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 170
今も〜に変りはない
   
今もって
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 204
今も残っている
   
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 200
今更
   
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 161
今日まで
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 98
最近も
   
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 20
最後に
   
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 352
残しながら
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
残る
   
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 108
十分に
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
身じろぎしない
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 114
身じろぎもせず
   
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 101
静かな
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
静かに
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 306
静まりかえった
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
静まり返った
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 130
静まり返り
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 117
静寂の
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 141
絶やさない
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 338
相変らず
   
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 13
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 12
相変わらず
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 71
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 239
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 290
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 68
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 88
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 18
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 137
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
澱んでいる
   
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 9
動かない
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
同じように
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 215
微動しない
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500
風がそよとも吹かない
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 204
風のない
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 108
変えずに
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 470
未だに
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 19
無風状態
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 207
立派に
   
例によって
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 122

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you still here?: あら、まだいたの? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
worse still: そこへもってきて ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 174
worse still: もっと悪いことに トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 43
when still quite young: 若くして フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 164
very still: 身じろぎもせず デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 179
though still early: 朝ながら 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
that’s better still: それだってずいぶんマシというものじゃないか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 290
still, ...: 義理にも〜でないとはいえるものではない 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 143
still writing feverishly: 狂ったように書きつづけながら バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 155
still writing: 書きつづけながら ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 112
still watching ...: 〜を見詰めたまま 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 28
still want to: 〜したいのはやまやまだが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
still revolving record: 回転をやめないレコード 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 204
still life: 静物画 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 13
still less: 第一 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 456
still have ...: 〜だってある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
still half asleep: 夢うつつで 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
still farther out: そのかなたには 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 86
still doing ...: 〜したまま スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
still doing ...: あいかわらず〜をしつづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
still doing: 〜したまま 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 46
still do ...: 〜するという気持ちに変わりはない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
still do: 〜する意志は変わってない レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 186
still be up: 寝ずにおきている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 202
still at large: 〜の行方が杳としてつかめない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 221
still and clear: しんと澄みきっている 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 84
still and all: ではあっても クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 108
still accelerating: さらにスピードを上げていく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
still ...: 〜したまま スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
still ...: 依然として スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
stand stock still: そこに棒立ちになっている ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 14
stand still: 棒立ちになる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 274
stand still: 棒立ちに立ちすくむ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 255
stand still: 黙って見ている ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 16
stand still: 立ちつくす O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 8
stand dead still: 身じろぎもなく立つ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 289
stand absolutely still: いすくまる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 258
stand absolutely still: 棒立ちになる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 147
sit very still: 〜の上で微動だにしない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 405
sit still somewhere: 何処か斯うじっと静かに坐っている 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 37
sit still: 喝 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 260
sit still: 不動の姿勢を守る ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 401
sit perfectly still: 身じろぎもせず坐っている バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 116
sb’s breathing is stilled: 息を殺す フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 54
say, still beaming: 笑みを絶やさずにいう イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 239
remain perfectly still: 身動きもしない 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 234
or better still: あるいはせめて レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 118
lie very still: ぴくりともせずに横たわっている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 248
lie still: うごかなくなる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
lie perfectly still: ぴくとも動かなくなる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 27
lie perfectly still: ぴくりともしなくなる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 26
keep still: 動くな ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 61
it’s still sth: (物)は(物)だ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 279
hold still: しばらく動かず トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 104
hold absolutely still: 身じろぎもしない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
grow still again: みるみる〜していく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289
fall suddenly still: 一斉に息をのむ デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 539
can’t sit still: そわそわしている 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 389
but still: ただ 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 18
better still: さらに好都合にも ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 32
become still: 身じろぎひとつせず、じっとしている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 327
be stilled: おとなしくなる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 12
be stilled: しばらく黙っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 268
be still raw: いかにも生々しい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
be still living: 健在だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 123
be still essentially: あくまでも 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 83
be still doing: いまこのときも〜している スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
be never still: 絶えずきょろきょろしている ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 223
be going still: 静まりつつある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 172
with the armies still deadlocked: 双方の軍隊がにらみ合いをつづけている現状 ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 54
wish for an end to the love one still have for sb: (人に)対する愛がすっかり消えてしまえばいいのにと望む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 315
will grow more insistent still: いよいよいいつのるだろう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
while still involved in this fantasy: 夢のような気分のまま 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 185
while still a child: 幼いときに 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 127
while sb is still on the healthy side of drowning: 溺れる寸前のところで デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 300
while one is still feeling out one’s clientele: 客の意向に探りを入れているあいだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
while one is still building up one’s business: 仕事の基礎工事にとりかかっているあいだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
whenever ..., one find that one still do: 〜するごとに〜したくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
when still a student: 学生時代に 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 20
think to try it again, and be still thinking: もう一度食べたいとおもっているうちに 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 7
there is still sth: いまだに〜が尾を引いている アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 184
there is still anger in sb: 心にはまだ怒りがくすぶっている マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 188
there is still a way to do: あきらめるのはまだ早い ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 170
there have still been no improvement: 状況がすこしも改善されない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
the summer evenings are still long: 夏の日はなかなか昏れない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 186
the staircase is as still as Death: 階段は、ひっそりとして、物音一つしてやしない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 194
the idea that sb ... is still there part of the time: そう思うことはしょっちゅうある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
the hours passed, and sb sill didn’t arrive: 時間は刻々と過ぎるばかりで、(人は)ちっともあらわれなかった イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 310
stringy, still more than one need: ほっそりとした体躯だが、余分な脂肪がついてないわけでもない レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 217
stood still for a moment: しばらくそこに立ちつくしていた 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 53
still, one is not bad spirits: 落胆しているわけではない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 470
still to keep on bowing in the empty office: 誰もいないからっぽの行内に、そのまま頭をたれて待っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 265
still steaming about ...: 〜による怒りをしずめえぬまま イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 112
still shocked by ...: 衝撃から醒めやらぬ デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 137
still seem to make more sense: 〜と考えるほうがまだしも筋が通るように思えてならない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 342
still remember it vividly: 記憶は鮮明だ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 9
still press against ...: 〜に押しつけたまま 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 28
still owe eleven payments: あと十一回も月賦が残っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
still obscure one’s vision: それがあるかぎり、すっきりと視界が晴れることはない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 77
still now I have the advantage of doing: そのかわり〜した 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 52
still keyed up from the cremation: 火葬場から帰った昂ぶりも手伝って 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 117
still it is good practice to say it over: おさらいしておくにこしたことはない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 16
still isn’t being straight with sb: 胸の内をすっかりあかしてはいない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
still in one’s original posture of scared astonishment: おっかなびっくりの姿勢のまま 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 340
still in a coma: 意識不明がつづいている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
still hurt, of course: そりゃ痛みが消えるわけじゃないよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 290
still hurt too much to do: すごく痛くて〜していられる状態じゃない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
still heavy with the torrid heat of summer: 残暑のひどく厳しい 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 19
still have one’s say on ...: 言うだけは言う 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 187
still have not told sb that ...: 〜を(人)には黙っている 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 225
still have all the ropes to learn: これから修行しなければならない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 345
still have ... to come: 〜のことも、これから教えなければならない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
still haunt one’s sleep from time to time: 折りにふれて(人の)眠りをさまたげている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
still feel it and smell it to this day: その熱や匂いを、今でもありありと感じる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 24
still caught by surprise and dismay at one’s temerity: 驚きがさめやらず、自分のあつかましさに当惑しながら マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 77
still ... of course, but ...: 〜とは〜なのだが 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 45
stay still a while: 一瞬身をかたくする ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 254
stand so still and so rigid that one is a wax figure: 蝋人形のように直立不動の姿勢をつづけている ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 131
stand quite still, rooted to the spot: 道ばたに立ちどまる 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 227
some people ..., others ..., and still others ...: ある人は〜、ある人は〜、ある人は〜 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 17
small but still comfortable home: 小さな居心地のいい家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
sit still for sth: (物事に)黙って耳を傾ける デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 150
sb become very still: その体が不意に硬直したようです カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 252
sb be still doing when ...: (人)が〜する前に〜 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 128
sb’s hands won’t keep still: (人の)手がぴたっと止まらない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 233
sb’s face is pale and still and distant: (人の)顔は青ざめ、茫とした表情だ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 125
one still feels that ...: 〜の感がある 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 94
one mouth still full: 口いっぱい食べ物を頬ばったまま トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
one’s voice trailed off, disappearing into the still confusion of the room: 声は、部屋に広がったとまどいのなかに吸い込まれて消える フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 70
one’s hands remain still: 手がうっかり、おるすになっている 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
one’s father have died when one is still in one’s formative years: そんな年齢で父親を亡くす フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 72
one’s eyes still closed: 目を閉じたままで 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 53
neither has stayed still for a single moment: 二頭ともじっとしているということがない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 16
motion to stay still: 「静かに」という手まねをする 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 10
lie quite still looking sadly downward: なんだかしょんぼりした面もちで、やや下を向いてじっとしている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 286
knowing ..., one still do: 〜を承知の上で、〜する 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203
keep very quiet and still: じっと息をひそめる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 167
it was still not long after the end of war: 戦後間もなくの頃 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
it still isn’t right: どこかおかしい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
it is true that the portrait still preserves its marked likeness to himself: もちろん、あの肖像画は、(人)そっくりの相貌を依然として宿してはいる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 206
it is still worse: ますますいけない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 385
it is a miracle that the bleeding suddenly stop and sb is still alive: 奇蹟的に出血が少なくて助かる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 41
irritate sb still more: いっそういらだたしくさせる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 190
if possible, still more disagreeably than before: 前の夢もこれ以上ないほどいやなものだったが、今度のはまたそれに輪をかけたほど不快だ E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 35
I’ve still got a trick or two up my sleeve: こっちにだって、あとひとつやふたつは、奥の手が残ってるんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
I’d still like to know why ...: それでも、まだわからないのは、なぜ〜だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 151
have still much to learn: まだまだ勉強が足りない ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 167
flat and absolutely still: 平らに凪いで波ひとつ立たない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
feeling curious and still a little nervous: もの珍しく半ばこわごわと 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 437
each would still have the respect of the other: 互いに対する尊敬の念は薄れることがない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
do not sit still for it: 我慢しない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 403
delight sb still more: (人の)よろこび加減と言ったらとてもない 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 12
can still like sb: (人を)好きであってもいい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 267
can still hear ...: 〜の音は耳に入る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
can still get very excited: 強い刺激を感じる状態にいる フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 51
can still get to school: 遅刻せずに学校に行ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 309
can still fell sb pulping one’s body: (人に)めった打ちにされたことを、身体が忘れていない デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 361
become still and clear-cut: りんと動かないようになる 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 69
be still young and sb have no ambition: この若さで仕事をやる気がない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 163
be still widening one’s lead: (馬は)さらにその差を広げている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
be still too excited to settle down: 昂奮がさめやらずにそわそわしている 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 92
be still sort of doing: まだ〜するのをおさえることができない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 161
be still quite seriously ill: 病気はかなり重いようだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 96
be still not past the point where ...: まだ〜である トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 35
be still in the dark: 何だかさっぱりわからない ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 41
be still flushed and very warm from ...: 〜のせいか、赤らんで熱をもっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 278
be still cool from the night air: 夜気の名残でひんやりと冷たい メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 275
be still before noon: 十二時にはまだ間がある 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 220
be still baffled by the question of ...: どう考えても〜が分らない 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 264
be still as ... as one’s father: 父親ゆずりの〜に変わりはない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
be still angry to sth: (物事を)いまだに根に持っている ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 355
be still and impassive: 泰然自若としている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 409
be so still that ...: 〜ほどにじっと坐っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 128
be sitting very still: みじろぎひとつしない ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 220
be empty and still: 深閑としている 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 16
be actually trying to pretend this is still about ...: 〜のことさえもちだせば話をごまかせると思ってるのか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
and it is still ...: しかしなお スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
all Ma’s ... be still resident in one: 母親ゆずりの〜を全部もちあわせている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
all is quiet and still: あたりはしいんと静まりかえっている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 47
a long ribbon of still unmelted snow: 消え残りの雪渓がほそ長く光っている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 220
ツイート